新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP 第6話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】現実のテニス技で立ち向かうオーストラリア

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』第6話「完全アウェイの戦い」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP第6話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第6話】のあらすじとネタバレ感想

アニメ 新テニスの王子様 オフィシャルチャンネルより引用

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第6話】「完全アウェイの戦い」のあらすじ

強豪スイスを破った開催国オーストラリアとの第1試合。D2(ダブルスツー)の幸村&真田ペアは、相手の「オーストラリアンフォーメーション」によって、攻め手を封じじられてゆく。押され気味の日本代表の試合を見つめるリョーマの中にある「本心」を、ラルフは感じ取る。第2試合、D1(ダブルスワン)に挑むのは不二&仁王ペア。跡部は2人に「おまえら、次の試合…負けるぞ」と告げる。そして始まったD1――そこには驚愕の展開が待ち受けていた。

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP公式サイトより引用

 

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第6話】のネタバレ感想

司令塔的な戦略が印象的

オーストラリアはかなり司令塔を中心にしたチーム編成になっているのだと思いました。なんというか圧倒的なカリスマ性を持つ存在がいて、その人物による徹底的な戦術があるのだと思いますね。まだ本質は見えてきませんが、順調でも全く安心できないのが不気味なところです。日本勢はやっぱり総合的にみんな強いと思いますね。かつての強敵が仲間になったオールスターメンバーなわけですから、通常では負けようがないと思うのですが、やはり毎回思うように舞台は世界ですから、一筋縄ではいかない怖さがあると思います。

日本勢はやっぱり特殊能力に秀でているといいますか、魔法のような強すぎる能力や凄技のオンパレードだと思いますね。エキシビジョンマッチからそうですが、結構海外勢は日本勢のような能力はあまり見られない印象で、オーストラリアも今のところはそんな感じでした。ただ割とまだ様子見の感じだったので、まだまだどうなるかよめないところがあります。徹底的な戦略性は司令塔の支持が大部分を占めるため、中々に選手自体の独自性というものが消えてしまうのかなと思いました。

今回出ていた相手の選手たちは、結構自身でプレイしているというよりは、マニュアル的な動きのように感じたのですが、本人たちもこの状況に誇りを持っているといった感じだったので、色んなプレイングがあるんだなと思いましたね。日本勢はかなり自由といいますか、個々の力が尊重されているので、相反的な関係だなと思いました。

なんだかこき使われている感じがして相手の選手が可哀そうだったのですが、つまりここからが本番になってくるのだと思います。相手の主力が現れたとき果たして日本勢は太刀打ちできるのか、非常に気になるところです。

20代男性の感想

『新テニスの王子様 FUKUBUKU COLLECTION トレーディングマスコット vol.1 【1BOX】』
予約期間:2022年7月12日 0:00:00 ~ 2022年9月5日 23:59:00 まで

詳細はこちら



ノアの作戦は脅威?アウェイな雰囲気の中でのダブルス戦に日本は勝てるのか?!

オーストラリアのアイアンウォールに押され気味だった幸村と真田ペアだったけど聴覚を奪い巧みなコントロールで勢いづいたのはテンション上がりました。開催国のオーストラリア戦だけあって観客からはアウェイの声が凄くて雰囲気に飲まれそうなのに、幸村と真田ペアは集中力で吹き飛ばすとは強いですね。

ジャンも真田の変化球に対応出来ないと判断するとクリスに助けられて良いコンビネーションでした。真田のボールをオーストラリアンフォーメーションで対応すると観客を巻き込んでジャンとクリスのペースになってハラハラしました。リョウマがアメリカチームの仲間と見ていると、二人は負けないと自信を持って言うのをラルフが何かを感じたのは気になります。

幸村と真田が出会った子供の頃は可愛くて、幸村から声を掛けてダブルスを組む事になり、幸村が厳しい事を言うし真田が悔しく泣いてしまうのは意外でした。ジャンとクリスは悪態をつくJ・Jにムカついていたけど弟のノアと二人に助けられているので文句が言えないとは同情します。30分近いラリーが続いてどっちが勝つのかハラハラしたけど、クリスの手の感覚が無くなって真田のボールが返せなかったのは残念でした。幸村と真田ペアが子供の頃に感じたテニスを諦めない覚悟を今も貫いて試合に勝ったのは嬉しかったです。

第2試合に出場するマックとミルキーペアはノアの言う通りにしか動かないと宣言し、不二と仁王ペアに跡部が負けるぞと言ったのはビックリしました。ミルキーのサーブは凄くて驚かされたし不二と仁王ペアが全然取れなくて焦ったけど、仁王の勢いが増したのは安心しました。ミルキーのサーブも早さを増して取れるのかドキドキしたけど、仁王が思ったより体力があったのを不思議に思っていると実は跡部だったとはビックリですね。

40代女性の感想

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第6話】の口コミ・評判は?

 

『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』第7話の感想はこちら

 

★Amebaマンガで『新テニスの王子様』が試し読みできます!

【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】の関連記事

【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】が無料視聴できる動画配信サービスと見放題先行配信の情報はこちら。

 

【今なら31日間無料で楽しめる♪】

U-NEXTの登録はこちら

U-NEXT