新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP 第7話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】ガラスの雨に気をつけな

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

アニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』第7話「チェスの王様(キング)」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP第7話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第7話】のあらすじとネタバレ感想

アニメ 新テニスの王子様 オフィシャルチャンネルより引用

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第7話】「チェスの王様(キング)」のあらすじ

仁王と跡部が入れ替わっていた――驚愕するW杯(ワールドカップ)会場。
なぜこのような真似を?と訝しがる日本代表メンバーだが、跡部はオーストリア代表の背後にある「天才的頭脳」の存在に気づき、その「頭脳」を相手に戦っていた。
速攻での決着を目論むオーストラリア代表をタイブレークへと引きずり込む跡部。
彼はタイブレークを続けながら待っていた。
敵の必殺技「タキオン」を不二が見極めるのを――。

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP公式サイトより引用

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第7話】のネタバレ感想

歓声の反動が凄かった

完全ホームというのもある意味で諸刃の剣だなと思いました。歓声を受けるということは、それだけ観客から期待を受けているのだと思います。しかしながら、期待に応えられなかった場合、一気に観客たちの態度は豹変するんだなと思いました。その豹変が本当に厳しいもので、やっぱり最初の持ち上がりが強かったので、その反動が本当に大きいなと感じたのでした。なんだか相手ながらオーストラリア代表の選手が気の毒になったのですが、かなり負けじと対抗していったのが凄かったです。

日本はやっぱり能力が規格外といいますか、魔法のようなテニスをするので、普通の選手からしたら、意味が分からない状態だなと思います。そんな中でも相手の主力と、そして選手を指揮する頭脳である天才の存在が、かなりゲームを大きく変えるのかなと思っていたのですが、まさかの展開となっていました。やっぱり天才ですら驚かすような凄みが日本にはあるのだと思います。

とはいえ最後のゲームはとても熱いものがありました。兄弟の絆といいますか、それを知ったうえで相手を尊重する日本勢も流石だと感じたのでした。かなりここまで勝ち進んできて世界に通用するんだと、順調さを感じていたのですが、やはり世界のトップクラスとなると難しいのかなと思いました。

ドイツの時もそうでしたが、トップクラスの実力は本当に実力の幅が違うのが驚きです。ドイツの時はエキシビジョンでしたが、日本勢は初めて世界のトップクラスの実力を目撃することになるのだと思いました。かなり今の状況でもピンチですがここからどう挽回していくのか気になるところです。リョーマですが、かなりかっこよかったです。英語交じりの話し方が、凄く様になっているといいますか、まさに王子様でした。

20代男性の感想

 

リョーマの対戦相手は?オーストラリアチームのピンチにノアが駆け付けて試合の流れは変わるのか?!

仁王と跡部が入れ替わっていた事に皆が気づいたし、跡部はノアの存在に気づいていて、ノアは気づかれたと会場に向かうのはドキドキしました。試合はどっちも頑張っていて持久戦になったけど、不二が相手チームの動きに慣れてきてスローから止まって見えるようになるとは凄いし、僕の時間が動き始めるとはキラキラで格好良かったです。

跡部のサーブ氷の皇帝は会場のガラスを粉々にして危ないし、乾のメガネまで割れてしまったのは可哀想でした。跡部がJ・Jに海に落とされた仕返しを見事に果たしてスッキリだし、オーストラリア代表が動揺するけどノアが頼りなので会場に来るのが楽しみです。

J・Jがチームの仲間を雑兵共と言ってしまうのがビックリだけど、試合に登場したのはワクワクしました。遠山金太郎は楽しそうにプレーしてJ・Jを翻弄して苛つかせているし、汗一つかいてなくて体力の底が見えないですね。J・Jがラケットを曲げてしまう程の力で叩き付けてビックリだけど、オーストラリアの観客が負けているからと恥知らずとは酷いブーイングですね。

ノアが到着すると目が悪くなってアカデミーを追放されたと話し、代表になりたかった夢を代わりに叶えたJ・Jは色々な思いと葛藤して頑張って来たから負けないとは兄弟愛に感動しました。チームメイトもJ・Jの事を嫌いつつも応援してくれてオーストラリアチームが一つになったのは嬉しいですね。

金太郎はリョーマの背中を追い掛けて負けられないと頑張っているので応援したくなるし、J・Jのボールが鳥に当って点が無効になったのは悔しいですね。J・Jは鳥を抱えて負けを認めたのは残念だけど、日本がストレートで勝ったのは強さを見せつけましたね。

リョーマはスウェーデンと戦うけどあっという間でちょっとしか見られなかったのは残念だけどアメリカも勝って良かったです。日本の次の相手はスイスでダブルスは2敗してしまい、シングルスに登場したアレキサンダーがとんなプレーをするのか楽しみです。

40代女性の感想

 

日本対オーストラリアの対決が決着!跡部の冴えわたる頭脳が最高でした。

今回は跡部の頭脳プレーが冴えわたったという印象ですね。単純にダブルスの試合に勝ったというだけでなく、日本対オーストラリア戦におけるすべての試合を見据えた戦略がカッコ良すぎました。

まず不二とのダブルスですが、不二が覚醒しました。不二のプレイスタイルは相手の攻撃をカウンターで切って取るという迎撃スタイルだったのですが、手塚を越える為にこのままではダメだと思って攻めに転じました。流石に天才不二とはいえ慣れないプレイスタイルで苦戦していたのですが、跡部は長期戦に持ち込む事によって不二に覚醒出来るだけの時間を与えました。

結果不二は異常なほどの集中力で周囲の時間を遅く感じるように。野球にはボールが止まって見えたなんて言葉がありますけど、そのテニスバージョンといったところでしょうか。こうして不二はアグレッシブなスタイルを身に着けましたし、ダブルスの試合自体も勝利。跡部の見事な戦術でした。

さらに跡部の快進撃は続きます。仁王と跡部が入れ替わる事により、敵の作戦を見事かわしてしまったんです。跡部をアイサイトを駆使する事で、試合に出場する選手だけでなくその背後にいる参謀も相手どっていたというわけ。これで敵は虚を突かれ、結局それが最終戦にも影響を与えました。最終戦に出場する事になった遠山金太郎も見事勝利しましたし、終わってみれば日本の完勝。今回は本当に跡部回だったな~と思います。

跡部のライバルといえば手塚ですけど、テニスの腕前だけでいえば両者ほぼ互角。でも戦略面も考慮すると跡部の方が上なんじゃないだろうかって感じました。ただ次の日本対スイス戦がやばいですね。二戦落としてしまっていますし、このままだと日本はストレート負けを喫してしまいそう。オーストラリア相手に完勝したとはいえ、日本が世界に通用するかと問われれば疑念が残りました。

50代男性の感想

 

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第7話】の口コミ・評判は?

 

▶『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』第8話の感想はこちら

【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】の関連記事

【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】が無料視聴できる動画配信サービスと見放題先行配信の情報はこちら。

アニメ【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD)は?

 

【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】の関連サービス・グッズ

【動画配信サービスの登録はこちらがおすすめ】

【今なら31日間無料で楽しめる♪】

U-NEXTの登録はこちら

U-NEXT


 

【特典付きブルーレイの情報はこちら】

【Blu-ray】TV 新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP Blu-ray BOX

アニメイト特典:スタンド付きアクリルコースター(2個)セット(キャラクター:不二周助・跡部景吾)、缶バッジ(2個)(キャラクター:不二周助・跡部景吾)、描き下ろしイラスト使用 A3クリアポスター(キャラクター:不二周助・跡部景吾)

フェア・キャンペーン:【8/6~開催】新テニスの王子様 アニメスタートダッシュ フェア【AV】開催中!

封入特典
◆特典ディスク
・新録ボイス付きアイキャッチイラストギャラリー
・ノンクレジットOP&ED
・PV集(番宣、高校生メンバー紹介PV、各国代表PV)ほか予定
◆EDカット使用オリジナルステッカー
◆ブックレット(24P)
◆イラスト描き下ろし収納ボックス
◆イラスト描き下ろしインナージャケット


 

【マンガを読むならこちら】
会員登録無しですぐ読めます。

★Amebaマンガで『新テニスの王子様』が試し読みできます!