失格紋の最強賢者【アニメのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク
この記事は約15分で読めます。

失格紋の最強賢者 INTRODUCTION

世界最強の魔法使いと謳われながらも、生まれ持った紋章の性能に限界を感じていた【賢者】ガイアス。

その彼が己の紋章を変えるために取った手段――それは転生によって新たな体を得ること!

彼は遥か未来の世界に転生し、求めていた「魔法戦闘に最適な紋章」と、マティアスという名を手に入れた。

しかし、その紋章はこの時代ではなぜか「失格紋」と呼ばれていた……!

時を経た今世では、魔法が衰退し低レベルな魔法理論が跋扈してしまっていたのだ。

魔法戦闘最強の「失格紋」と、賢者の知恵を併せ持つ少年マティアスは、世界の常識を次々と打ち壊していく!

異世界紋章ファンタジー、ここに開幕!!

 

失格紋の最強賢者公式サイトより引用

スポンサーリンク

失格紋の最強賢者【第6話】のあらすじと感想 だんだん弱音を吐かなくなった

第6話 最強賢者、学園を出る。

王都大結界の構築中、魔族が王都周辺に侵入してきた。結界の構築から手を離せないマティアスは魔族の対応をルリイとアルマに任せることに。二人はマティアスの期待に応えてあっさり魔族を撃退。しかし魔族は最終手段を用いて、いよいよ全軍を王都に集結させる。学園生たちと魔族の全面衝突がついに始まる……!

失格紋の最強賢者公式サイトより引用

 

まず、前半の、少女のルリーと親友のアロマだけで魔族と戦う話はルリーとアロマが二人で協力して戦うのが旨く連携できていると思いました。

また、次から次に違う魔族が出てきても、工夫して戦えていると思いました。

だから、主人公のマティアスは二人に任したのだと思いました。

 

それから、後半の、第2学園の生徒も一緒に魔族と戦っていて、それにマティアスが加わる戦いは竜のイリスも加わって、総力戦になっていて、マティアスが加わることでさらにパワーアップしていると思いました。

それにマティアスは失格紋の術式が使えなくても何とか戦っているのもすごかったです。

 

最後にマティアスが第2学園を辞めることになったのはマティアスが龍脈の調査をしたいという、やりたいことがあったからで、失格紋の術式であっても、魔法を使いこなせるようになったマティアスにとってはもう学ぶべきことがなくなったのだと思いました。

 

失格紋の最強賢者【第7話】のあらすじと感想 アルマの料理と迷宮都市は危険です

第7話 最強賢者、旅路を往く。

マティアスたちは龍脈の調査をするために学園を離れ、迷宮都市メルキアへの旅に出る。だが、たどり着いたメルキアは領主の無茶な命令と強力な魔物の出現が重なり、すっかりさびれていた。問題の迷宮を調査するべく冒険者ギルドで許可証をもらおうとするマティアスたちだが、さっそく魔物が起こした騒ぎに巻き込まれ……。

失格紋の最強賢者公式サイトより引用

 

冒険を始めたマティアス達はすれ違った少年に応援されて春の陽気のように心が温かくなり、迷宮へ龍脈の調査に来たという目的があったのを忘れそうです。

魔物の巣と言われる森に知能の高い魔物がいると聞いてマティアスの顔が悪人みたいになってドキッとしました。

 

お腹が空いたと現地調達で大きい猪の魔物を獲って来たのは相変わらす凄い。

アルマが料理をすると爆発させてしまい必死に言い訳をしているのに親友のルリィが沈黙していて笑えました。

アルマはスープを作り上げていてイリスが好き嫌い無いと自信満々だったのに暗黒竜も耐えられない不味さとは親も料理を禁止するはずです。

 

迷宮都市メルキアの街は領主の悪政のせいで魔法塔が爆発するし、街の雰囲気は最悪。

マティアスがこの街でもヒーローになる時が来ましたね。

迷宮の中に入るにも領主の許可が必要なんて嫌な感じだけどマティアス達は気にしていない余裕が格好良いです。

 

教会には沢山の怪我人がいるのに領主が治癒魔法師を解雇してしまったなんて最低です。

マティアスの治癒魔法で全員を助けてあげたのは気持ち良い。

ギルドで腐っていた冒険者が影響されて手伝ってくれたのは嬉しかったです。

 

マティアスは領主が魔族だと睨んでいて対決が楽しみ。

手紙を送るのに校長先生と取り決めをしていたなんて用意周到ですね。

 

マティアスもルリィも同じ部屋で寝ているだけなのに意識して眠れないとか可愛い。

イリスとアルマは寝言で会話みたいになっていて気楽で良いですね。

眠る為に魔物の数を数えるのは物騒でした。

 

迷宮へ行ったけど扉は雑な作りでわざと魔物が出て来やすいようにしているとしか思えないですね。

イリスが力加減を間違えて怒られたのは可愛い。

ルリィとアルマも強くなって超人化してきているので魔族との戦いが楽しみです。

 

こそこそと領主の息のかかった冒険者達が後を付いて来てマティアスが化けの皮を剥ぐと悪い顔で笑ったのも楽しみです。

 

失格紋の最強賢者【第8話】のあらすじと感想 やっぱり魔族が関係していたけど思わぬ大物登場でビックリです。

第8話 最強賢者、街を救う。

悪徳領主の刺客によって捕えられそうになったマティアスだが、あっさり返り討ちにする。さらに国王の許可も取って逆に領主を捕えようと計画を立てる。王家代理人のエイクと共に正面から屋敷に乗り込んで領主を捕えたマティアスは、領主の不自然な行動の裏には迷宮を利用しようとする魔族が関わっていたことを知る!

失格紋の最強賢者公式サイトより引用

 

領主の手下に後を付けられていると知って道を変えたり、隠蔽魔法を使ったり、迷ったフリで宿への道を聞いたりと色々賢いですね。

捕まって棒読みで助けを呼ぶのは笑えました。

 

イリスが軽いノリで手下達をやっつけてしまって爽快です。

手下の一人はあっさりとバケモノと叫んで小者感が滲み出ていましたね。

 

使者のエイクから領主の捕縛の許可が下りたので早速行くとは動きが早い。

騎士団は捕まえた奴等の後始末とかあるので頼んでも良かった気がします。

 

領主の館には大勢の輩が待ち構えていたけどルリィの防御とマティアスの一撃で全て倒してしまってスッキリしました。

地下へ行くと領主が何やら吠えていて残念な男です。

 

マティアスは情報が漏れたのは魔族が関係していて地下の龍脈で大規模災害を起こすつもりだと予想したのは賢いですね。

地震が起こって魔物が大発生してマティアス達が戦うのはワクワクします。

 

迷宮に潜るとルリィは龍脈の乱れを正すのは凄いですね。

マティアスは魔族の元へ行くと一人だけで指示を出している者の言う通りに動いているのはドキドキしました。

イリスが罠の発動を無効化すると勝ちが見えて来て安心しました。

魔族はマティアスの攻撃を弾いていたけど結界の仕組みを理解しているマティアスの勝利でしたね。

 

マティアスは指示を出していた魔族が何処にいるか探知しようとして魔族の方から話しかけてきたのはビックリ!

何者なのか分からないし戦う理由が無いとは何が目的なのか分からないのもミステリアスで次に登場するのが楽しみです。

 

失格紋の最強賢者【第9話】のあらすじと感想 始めての魔道具には注意が必要です

第9話 最強賢者、決闘する。

迷宮に潜む魔族を倒した直後、マティアスは魔族たちを指揮する者からの干渉を受ける。その者の正体を探るため、マティアスは前世の自分が作った探知装置を求めてラジニア連合へ向かう。だが探知装置のある地域に入るにはAランクの冒険者になる必要があった。その昇格試験の試験官にSランク冒険者のギルアスが名乗りを上げる!

失格紋の最強賢者公式サイトより引用

 

魔族に指示を出していた者を探し出すために前世で自分が作った装置がある場所に行くとかおとぎ話ですね。

国王に協力してもらうなんて規格外だけど慣れてきました。

イリスが食いしん坊で置いていかれたのは笑えました。

 

学校に帰ると校舎が無くなっていてビックリ!

新校舎は生徒達の手によって魔法結界を施して対悪魔戦に備えるとはやる気充分で頼もしいです。

 

ラジニア連合へ向かうが探査装置は立入禁止区域になっていたとは面倒くさいですね。

魔力災害が起きそうな場所とは怖いけどAランクになれば入れるらしいので皆なら簡単ですね。

イリスは話が退屈らしく道端の花を食べてしまって笑えます。

竜になれる事を思い出したのは天然で可愛いです。

 

ラジニア連合の街は日本のような建物やお城があって親近感が湧きます。

ギルドは普通に洋風で何処も一緒なのが落ち着きます。

いきなりAランクの試験を受ける事が出来たのはありがたいけど試験管はガラの悪いSランク冒険者で印象が悪い。

女の子3人は合格にしてマティアスと戦いたいとは欲望に忠実で笑えます。

 

ギルアスは無意識に魔法を使っている天才的な強さがあるのは恐ろしい。

マティアスは本を渡して勉強を勧めるけどギルアスは勉強が苦手なようで前途多難ですね。

 

目的の街の検問所はあっさりと通れて安心だったけど手形に魔族の暗号が仕込まれていて怪しい。

敵の姿が見えて魔族に領地が牛耳られている事が予想できて戦闘が楽しみです。

マティアスを狙っている奴等には、幻影を見せて欺くとはマティアスは策士ですね。

イリスが槍を投げようとしてマティアスに怒られたのは可哀想。

ルリィとアルマは発動させた眠り薬で自分達まで眠ってしまって頑張れって言いたくなりました。

 

失格紋の最強賢者【第10話】のあらすじと感想 マティアスの魔術は凄いけどギルアスの力技も凄いです!

第10話 最強賢者、連携する。

Aランク冒険者となり、探知装置のあるフォルキアへ向かったマティアスたち。だが、フォルキアは魔族の群れによって支配されていた! 人間たちを魔法で操り、国をも滅ぼす巨大兵器をひそかに生産する魔族たち。このような事態を見逃すわけにはいかないマティアス一行はイリスの膨大な魔力を使った意外な作戦に打って出る!
失格紋の最強賢者公式サイトより引用

 

イリスが寝ているアルマの顔に落書きする定番のイタズラから始まって和みました。

フォルキアの街は魔族だらけでルリィとアルマの驚いた顔が面白い。

マティアスは隠し通路を簡単に見つけてしまってチートな力は便利ですね。

地下通路を歩くとネズミに驚いたルリィがマティアスに抱きついてキュンとして緊張感無いですね。

見張りの魔族に気づかれる事なく素通りした時はイリスがちょっかい出さないかと心配でしたね。

 

街の人が操られて目が虚ろなのは怖い。

工場に入るのに魔術をかけられていたのは不気味でした。

イリスが本気で転んだのは残念。

中に入ると魔石を集めていて爆弾を作っているとは恐ろしいです。

ここにいる魔族は一人倒すと全員にバレるとは面倒くさいですね。

 

街の人が魔力を感じると魔族の姿に変わったのは正体が見られて気分上がりました。

魔力の柱が上がったのはイリスの魔力だったとは天災級の竜はケタが違います。

最初は囮に文句を言っていたけどマティアスに頼られてコロッと態度が変わったのはチョロいです。

 

ルリィとアルマが爆発を起こしてマティアスが仕留める連携プレーで確実に魔族の数を減らしていくのは爽快です。

魔族がマティアスの作戦に気づいて動きを変えたのはハラハラしました。

魔族の一人が倒れたのでマティアスが到着したのかと思ったらギルアスが来てビックリ。

イリスが信じてマティアスに攻撃したのは笑えましたね。

 

ギルアスが苦戦して傷だらけになったのは見ていられなかったけど最後には勝って安心しました。

倒れた魔族の目が光ったのは心配だけど全部マティアスが何とかしてくれるはずと期待しています。

 

失格紋の最強賢者【第11話】のあらすじと感想 マティアスが作った遺跡と謎の魔族の正体!

第11話 最強賢者、強敵と相対する。

ギルアスによって魔族のボスは倒される。だがその正体は、強大な魔力によって操られた、ただの死体だった。マティアスはこの死体を操っていた者こそが一連の事件の黒幕だと確信する。そして一行はいよいよ魔法文明が眠る古代遺跡に突入する。しかし、実はこの遺跡に眠る品々は全部前世のマティアスが作ったもので……。

失格紋の最強賢者公式サイトより引用

 

倒したはずの魔族が起き上がって襲い掛かって来たのは焦ったけど、死体になった魔族を操っている者がいてマティアスに宣戦布告をして消えたのはドキドキしました。

冒険者のギルアスが街を指揮下に置くと宣言したのは格好良かったのに、責任を街の工場長に丸投げしたのはイメージ通りでしたね。

 

魔法装置がある遺跡に行くまで遠くてちょっとした旅になったのは楽しそうでした。

遺跡に着いたけど元はマティアスが作った物なので何が出るか楽しみです。

遺跡の頂上のピラミッドを魔力で上に持ち上げて開いた穴に飛び降りるのは怖いです。

皆はお宝を探して散り散りになるけどイリスが食料を探しに行くとはブレないですね。

ルリィがテンション高めで見つけて来た剣は過去のマティアスが見た目だけ格好良く作った黒歴史だったのは笑えます。

イリスが保存食を見つけて執念が凄いけど開けた瞬間倒れたのはやっぱりお笑いネタでしたね。

 

魔法装置を使って裏で操作していた魔族について調べるとザリディアスという魔族のボスでマティアスでも敵わないとは緊張感が出て来ました。

だから封印という方法だったのは納得です。

マティアスは自分が作った魔道具なら対抗できるかもと探すと王都にあって帰れるのは安心しました、けどザリディアスの封印が解けてしまったのは怖いですね。

 

イリスが竜の姿になって飛んでいるのは勇ましい。

ザリディアスの波動を感じたのは怖いし、追われていると思うと焦りますね。

ルリィとアルマがイリスから飛び降りたのは鳥肌が立ちそうなほど怖かったけど強行突破で王城に入ろうとしていた無茶振りは逞しくなりましたね。

待ち伏せしていたマティアスの前に穴が開いてザリディアスが現れたのはテンション上がりました。

イリスの一撃も効かない戦いになったのは楽しかったです。

宝物庫の扉は王様のおかげで開いて良かった。

マティアスがたまにはピンチの時も無いとハラハラ出来ないので命を掛けるほどの戦いになるのは楽しみです。

40代女性の感想

 

 

『話の分かる人は重要です』

亜魔族を倒したギルアス。

しかし、ボロボロです。

無茶な戦い方したらそうなりますよね。

そういう性格だから仕方ないように思います。

頼りになるのかならないのか微妙なところですが、こういう性格嫌いじゃないです。

Sランク冒険者の権限をうまく使って押し付けてしまいましたが、結果的に最善策な気もします。

解放された人たちは、ギルアスよりは工場長の方がいいかなと。

頑張れ工場長。

 

ギルアスにより、装置へたどり着けた、マティアス一行。

過去の遺産のお宝は残念ながらなかったですが、有益な情報が。

ザリディアスが復活目前というピンチに。

マティアスでは勝てないという事実に唖然でした。

これまで簡単に魔族を倒してきたのに、相手は桁違いの強さとは、いったいどれだけ強いのか。

そして、唯一の望みと言っていい魔剣を王都の宝物庫へ事後報告でとりに行くという、無謀な作戦は、少し心配になりました。

でもそれだけ切羽詰まっているということですよね。

 

ルリィとアルマガが宝物庫へ向かい、マティアスとイリスでザリディアスを迎え撃つ。

格上とはいえ、マティアスならと思いましたが、やはり強い相手でした。

ラスボス感満載のCV子安さん、やっと強敵な役だと思いました。

早く魔剣を!と願うばかりでした。

宝物庫組も、やはり強行突破が濃厚な中、まさかの国王登場

話の分かる王様でよかったと心から思いました。

校長先生も、国王様も心強い味方でよかったです。

来週最終回目が離せません。

30代女性の感想

 

 

失格紋の最強賢者【第12話(最終話)】のあらすじと感想 マティアスは無敵!魔剣の扱いが雑で笑えます!

第12話 最強賢者、再び旅立つ。

ついに復活した最高位の魔族・ザリディアス。その圧倒的な魔力の前にはマティアスですら太刀打ちできない……。アルマとルリイは王都の宝物庫に眠る前世のマティアスが作った魔剣を回収しようとするも、魔族に学園の生徒を人質に取られ足止めをされてしまう……。このかつてない窮地をマティアスは乗り越えることができるのか!?

失格紋の最強賢者公式サイトより引用

 

マティアスが命を掛けなければ倒せないと思わせる程の魔族ザリディアスが相手で緊張感が出て来ました。

マティアスの攻撃は通用しなくてドキドキします。

結界の中に魔族が入り込んでいてルリィとアルマが戦っているのは頼もしいけど学園の仲間が人質になったのは苦しいですね。

ザリディアスは守っている人達を見捨てて人類最強の力を見せろとは酷い。

ルリィとアルマも武器を置いてしまってハラハラしました。

校長先生や生徒達が助けに来てくれて強くなっていたのは驚きです。

皆がヒーローに見えてテンション上がりました。

 

マティアスが魔剣を受け取るとザリディアスに刺されてしまってショックでした。

落ちていくマティアスにルリィが叫ぶと剣が光ってマティアスが復活したのはファンタジーですね。

魔剣は前世のマティアスが作ったようで命と引き換えに発動するとか危ないです。

おかげでザリディアスは倒せて良かったけど不吉な事を言い捨てて消えたのは恐いです。

魔剣は使い捨てだから魔力を消費しておく必要があると一振りすると山に穴を空けてしまってやり過ぎなのは笑えました。

 

王様から宝物庫の物を何でも良いから褒美で貰えるのは凄いです。

イリスが食べ物を探して頭に矢を刺したのは笑えました。

弓はガラクタと判断され売られてしまったのは残念だけど探すのが楽しいですね。

大きな商会に行くと金属の塊になっていて棚にある物全部下さいとは大人買いで羨ましい。

イリスは紫色の鉱石が欲しいとはドラゴンの習性が垣間見えて本能があることに安心しました。

 

校長先生が緊急事態と呼びに来てドキドキしました。

魔法陣が描かれている人形が襲って来たのは脅威だし、動力源は人間の生命力とは恐ろしいです。

魔族が関わっているのは明らかで戦いの旅に出るのはワクワクします。

夜にルリィを呼び出してマティアスがプレゼントを贈ったのはキュンとしました。

 

 

 

ここまで感想をご覧いただきありがとうございました。

アニメ『失格紋の最強賢者』は動画配信サービスのお試し期間を使えば全て無料で見ることができます。無料期間中の解約もできますよ(^^)♪

おすすめ2社の無料登録はこちらからできます。
どちらもアニメ配信数が最大級のサービスです。


\31日間お試し無料/

 

『失格紋の最強賢者』を配信している動画見放題サービスはこちらから確認できます。

>>2022年冬アニメ見放題配信サービスの配信状況一覧

 

他のアニメにも興味があればこちらもどうぞ。

>>2022年冬アニメの感想一覧