オリエント淡路島激闘編 第21話のネタバレ感想【ツノを折る役目は譲れない】

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

アニメ『オリエント淡路島激闘編』第21話「島津決裂」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

オリエント淡路島激闘編第21話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『オリエント淡路島激闘編』の感想を最初から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

オリエント淡路島激闘編【第21話】のあらすじとネタバレ感想

avex pictures公式チャンネルより引用

オリエント淡路島激闘編【第21話】「島津決裂」のあらすじ

諭鶴羽山最深部に辿り着いた武蔵たちを待ち受けていたのは、鬼神と同化し、八岐大蛇と化した犬田八咫郎だった。その力は強大で、一撃で多くの連合武士を消し去ってしまう。弱点である真角を破壊すべく、島津秋弘ら島津兄弟が刀気を繋ごうとするも、刀へと姿を変えた八咫郎の娘たちに阻まれ、刀気を繋ぐことができない。刀気の連携に参加できない武蔵は、自分に出来る形で彼らに加勢しようとする。

TVアニメ「オリエント」公式サイトより引用

オリエント淡路島激闘編【第21話】のネタバレ感想

島津の関係がかなり見えてきた

島津のみんながかなり厳しくてシビアな印象を受けていたのですが、武蔵がそんな雰囲気を戦いの中で変えていく感じになっていたのが凄いいいなと思いました。

武蔵は以前では全く実力が及んでいなかったので、見向きもされなかったのだと思いますが、今の武蔵は凄く実力が上がっていて、強敵との戦いの中でも、かなり対応できていたので、そんな実力と、本来の仲間思いで、ビビらずに動くところが相まって、みんなに評価されたのだなと思ったのでした。

 

犬田の切り札は凄まじく、一瞬で部隊が壊滅していたので、これは島津や武蔵たちはおしまいなのではないかと思ったのですが、かなり善戦していたので驚きました。

ほかの部隊より、島津達の方が実力が高かったのだと思います。

武蔵に嫌なことをしてきたものの、しっかりと実力が伴っているのだと考えると、その振舞や発言にふさわしい実力がしっかりあって、説得力が増したなと思いました。

そんな島津達にしっかりとついていった武蔵も凄い成長ぶりだなと思いました。

 

しかし犬田の切り札ということもあり、中々にしぶといなと思いました。

あの流れなら通常なら勝っていたと思うのですが、まだまだ長引きそうな気がします。

武蔵介入が今回の流れに持っていたのに、一番大事な役割を果たしていたなと思うものの、今度は島津達の間で不穏な流れがあったなと思いました。

その中でもいかに本心をさらけ出して、島津達が理解しあえるかが、一番重要な局面になるのかなと思いました。

 

島津の強さは凄まじいものだとは思うのですが、やはり鍵となるのが秋弘の存在が大きいと思います。

秋弘の力によって相手に決定打を与えうる火力になる、もめたものの、秋弘の本心も見えてきたので、攻略の糸口が見えてきたなと感じたのでした。

20代男性の感想

 

島津兄弟の思い出とは?武蔵が島津兄弟を助けたいと戦いに参加した想いは伝わるのか?!

犬田八咫郎が鬼神と同化し八岐大蛇という化け物の姿になったのは不気味だし、娘達が刀の姿になって襲って来たのも数が多くて怖かったです。

八岐大蛇が放った力によって武士達が次々とやられていくのは悔しいけど、尼子勝巳は体が震えていて家臣達も怯えているので何とか気持ちを切り替えようとしていたのはドキドキしました。

島津秋弘は鬼神と同化しているのは好都合と言い、島津兄弟も家の者を見返すと真角を狙って攻撃を開始したのは格好良かったです。

島津兄弟が刀気を繋ごうとするけど娘達が妨害して出来ないのはもどかしいし、島津春久がやられそうになったのを武蔵が助けてホッとしました。

 

武蔵は刀気を繋げられないけど自分の出来る事をすると戦いに参加しているのに、島津兄弟には気持ちが伝わらないのが残念です。

武蔵は島津が刀気を繋げられるように邪魔な弾幕を斬っていくのは賢いけど、八岐大蛇に吹っ飛ばされたのはドキドキしました。

弾幕が回復して島津夏樹が囲まれてしまって大ピンチなのに秋弘がアイツは動きが遅いなんて厳しい事を言うのは冷たく感じました。

 

武蔵が夏樹を助けて、自分が幼い頃に一人で何も出来なかった時に鐘巻自斎が手を取ってくれたから今度は自分が島津兄弟を助けるとは泣けました。

島津兄弟が刀気を繋いで秋弘が真角を折って八岐大蛇を倒したのはテンション上がりました。

八岐大蛇に向かって鉱石が運ばれるのを阻止しようとすると全然歯が立たないけど、武蔵が何とかしようと言うと春久が手を取ってくれて仲間意識が芽生えたのは嬉しいですね。

秋弘は自分達が鬼を取り逃がしたせいなのにヘラヘラ笑っているのは恥晒しだとは厳しいですね。

春久が自分達をコマとしか見ていないと秋弘を殴って仲間割れしたのはショックだし、秋弘も認めてしまって素直に自分の気持ちを言えず陣駒を捨てたのは可哀想でした。

 

八岐大蛇が生やしたツノを折る為に刀気を繋げて秋弘の代わりに武蔵に託そうとすると、秋弘が邪魔をして兄弟の中でツノを折る役目は自分だと兄弟が仲良かった幼い頃を思い出したのは泣けました。

秋弘は見当違いで全然違うと言うけどそうだったら良かったと呟いたのは切なかったです。

40代女性の感想

 

もどかしさが多い島津

兼竜と尚虎のやり取りいいですよね。見ていて楽しい。ずっと見ていたいですよね。性格がそれぞれいいんですよね。

でも最近兼竜あんまりツンツンしていないし、落ち着いていて妙に素直な気がします。これはこれでかわいくていいです。

尚虎の性格もちょっと癖があるから絡みづらい時もあるけど、兼竜だから突っ込めるのいいですよね。

兼竜のCV花江さん性格あっていて好きです。尚虎のCV日野さんとのやりとりだからグッとくるものがあるんですよね。この二人が戦えないのは苦しいです。

 

武蔵達はピンチです!島津に頼る形で、その島津も刀気が繋げず、苦戦するなか、武蔵の働きは泥臭いけれど、かっこよかったです。

自分にできることをと頑張る武蔵、やっと役に立てて、皆の助けができる!という感じでしたが、島津には受け入れられない、これは島津の性格ですよね。

もどかしい、それでも武蔵の頑張りで、助けられる兄弟たちは少しずつでも武蔵を見直してくれてよかったです。

秋弘には伝わっていなさそうでちょっとどうなるのかなと思いました。

 

晴久に、認めてもらえた時はよかったです。かわいいですね、ツンツン具合が。

でも、いつの間にか島津と仲良くなれた武蔵はコミュ力高いなと思いました。

ただやっぱり輪に入らない秋弘を引っ張ってきたときは武蔵の気配り?と思ったけれど、島津が分裂する結果になってしまい、苦しかったです。

秋弘のいうことも一理あるけれど、作戦とコミュニケーションは大事だよ。

秋弘コミュニケーションが苦手だから、結果的にばらばらになってしまったんだと思います。うちに秘めた想いを言ってほしかったです。

 

小さいころの島津のなんとかわいらしいこと。かわいすぎて、ずっと見ていたかったです。

小さい頃の秋弘の遠慮がちなところ、涙が出そうでした。

きっとこのころの気持ちはそんなに変わってないんじゃないかなと思いました。

でも、自分がやらなやらなきゃが勝ってしまって、うまくいかない。うーもどかしい。

強引だけど、皆の為にという気持ちが大きいんだと思います。

武蔵、よく場違い感あるけど、どうにかまとめてほしいです。

そしてみちるはどうなったのか気になります。

40代女性の感想

 

オリエント淡路島激闘編【第21話】の口コミ・評判は?

 

『オリエント淡路島激闘編』第22話の感想はこちら

【オリエント淡路島激闘編】の関連記事

【オリエント淡路島激闘編】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


【オリエント淡路島激闘編】が無料視聴できる動画配信サービスと見放題先行配信の情報はこちら。

アニメ【オリエント淡路島激闘編】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD)は?

 

【オリエント】の関連サービス・グッズ

【動画配信サービスの登録はこちらがおすすめ】

【今なら2週間無料で楽しめる♪】

Huluの登録はこちら

Hulu


 

【特典付きブルーレイの情報はこちら】

【Blu-ray】TV オリエント vol.4

アニメイト特典:A3布ポスター(全巻購入)※特典は無くなり次第終了。


 

【マンガを読むならこちら】
会員登録無しですぐ読めます。

★Amebaマンガで『オリエント』が試し読みできます!