オリエント淡路島激闘編 第13話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】つぐみはヒロインじゃなかったのか

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

アニメ『オリエント淡路島激闘編第13話「上杉武士団」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

オリエント淡路島激闘編第13話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

オリエント淡路島激闘編【第13話】のあらすじとネタバレ感想

avex pictures公式チャンネルより引用

 

オリエント淡路島激闘編【第13話】「上杉武士団」のあらすじ

播磨の港を訪れた武蔵、鐘巻小次郎、服部つぐみ。そこには淡路島を飲み込む巨大鬼神「砲戦竜・八岐大蛇」討伐を目指す上杉武士団と、上杉の傘下である島津秋弘・尼子勝巳ら各国の武士たちの姿があった。偶然にも武田武士団団長・武田尚虎と再会を果たした武蔵たちは、鐘巻自斎の話を聞き出すべく、上杉武士団団長である上杉竜臣に近づこうとする。しかし、竜臣の部下・直江兼竜から不審者の嫌疑をかけられ……。

TVアニメ「オリエント」公式サイトより引用

 

オリエント淡路島激闘編【第13話】のネタバレ感想

新天地でのワクワク感があった

凄いキャラデザがやっぱり好みですね。マギが凄い好きだったのもそうなのですが、この独特なキャラデザは温かみを感じるといいますか、凄くアニメ調にあっていると思いまして、見ていて凄く優しい感覚を感じました。なので笑った表情とかが特に映えるといいますか、とにかく馴染深いものとして感じていましたね。

新天地へ向かうワクワク感はやっぱりいいですね。とはいえ全く管轄外ともいえる場所へ行くわけですから、そこは危険がいっぱいというのは必然とも言えると思います。それに見たこともないものがたくさんあって、今まで自分が磨き上げてきた技術が、未知のものにどこまで通用するのかというワクワク感が凄いありましたね。

しかし武蔵と小次郎とつぐみのメンバーは凄い様になっているといいますか相性ばっちりだなと思いますね。凄く仲もよさそうなので、掛け合いが見ていてとにかく楽しい気持ちになれました。結構武闘派な武蔵と小次郎ですから、つぐみもついていくのが大変だなと思いますね。つぐみも戦闘はできますが、2人みたいにがっつりはやらないとは思うので、突発的に動き出す二人に慌てている感じがよかったです。

やっぱりいつの時代にも強い勢力が生まれるのだと思いますが、時代はまだ統一されていないということで、多くの勢力が近くにたくさんあるというのはいっそう緊張感を感じさせられますね。やはりそうなってくると強さこそが、最も有効な周囲の理解へ近づく方法であり、そういった意味では武蔵達は適任だなと思いました。

早速のお披露目となりそうですが、新天地での本領発揮は、見ていて気持ちいいものですね。実力はやはりどこでも振るうのではなく、絶妙な機会を見極めて見せるのがいいのだと感じたのでした。

20代男性の感想

 

倒す鬼神の側にいるのは誰?上杉のお殿様に会おうとしたらあの人が庇ってくれた?!

播磨の港に着いた武蔵達だけど、浜辺に鬼鉄騎や船など沢山の乗り物と人がいてテンション上りました。小次郎は父親の事を知るために上杉を探すとつぐみが上杉の家紋を見つけ、移動要塞の紫龍城は立派でお殿様に会うのが楽しみですね。

真正面から会いに行くと直江兼竜に駄目だと門前払いされたのは当然で、上杉連合じゃないと言ってしまって取り囲まれたのはハラハラしました。武蔵が無理やり通ろうとすると島津秋弘に片足で押さえられて弱いから警戒する必要が無いと言われたのは悔しいですね。

ヘリコプターまであったのはビックリだけど中から武田尚虎が出て来て懐かしい、武蔵は忘れたフリをされて誂われたのは仲良しで嬉しくなりました。直江に裁かれようとしていたのを武田尚虎が部下だと庇ってくれて、反論しようとした武蔵の口を真田青志が塞いでくれて安心しました。

上杉竜臣は門外の武蔵達を殺せと命令して冷たい人のように見えるけど結束を大事にしているので納得です。武田尚虎に淡路の鬼神を討てと手紙を送ったのは助けてくれると信じているなんて友情を感じます。

 

淡路島には緑色鬼神の八岐大蛇がいて恐ろしいけど、足元に大柄の男が鬼神に味方しているのは不穏です。武蔵達は武田武士団の山本春雷と真田と一緒に船に乗っていたけど、小次郎の父親の事を調べる為に武田武士団と仲良くしようと武蔵が下手に出ていたのは笑えました

八岐大蛇は四強の黒鬼神から生まれた存在で、黒鬼神を倒すには養分である子鬼からだけど今回は途中の繋がりを断つ為に150年倒せなかった相手に挑むのはドキドキしますね。武蔵は上杉の城に忍び込むと大きさにビックリだけど上杉竜臣が話し掛けたのは驚きました。武蔵は気づいてなくて普通に話を始めたのは焦ったけど優しくて良い人だったのに、城に忍び込んだ事がバレると捕まってしまったのは残念でしたね。

特攻服を着させられ小次郎とつぐみと別の部屋へと入れられると、武蔵は部屋の力関係が分かるとは逆境を乗り越えて来た力なのは切ないですね。みちるが同じ部屋だったのは嬉しいし、他の女子とも仲良くなれそうだけど、小隊長の座を掛けて尼子勝巳と島津秋弘と勝負するのはワクワクしました。

40代女性の感想

 

圧が凄いです、圧が。

兼竜に巻物を見せて竜臣に会わせてもらえなかったのはかわいそうでした。兼竜はきっちりかっちりしてそうな性格で、CV花江夏樹さんのツンツンした感じがよかったです。その後、1期最終話ではしゃべらなかった秋弘CV内山昂輝くんがしゃべった!と一人喜んでいました。足技なんですよね。いっぱいしゃべらないと思うので、喋る度喜びそうです。

そして、貴賓?登場で跪くつぐみは、身体に染みついているのかなと思いました。予想外の尚虎の登場は、ピンチな武蔵達には救世主?な感じでした。いい性格しますよね。でも、きっちり助けて、と言うよりは見捨てないでくれるのが尚虎です。圧のすごい竜臣とも普通に、むしろフランキーに会話している尚虎すごいです。

竜臣CV前野智昭さん、しっかり低めの重たい声で圧が出ていました。苦し紛れの言い訳(遠い親戚)でもいいというのが、また竜臣も意外な一面です。血のつながりを大切にしているということだと思います。

 

なんだかんだで、無事に潜入した武蔵達。なぜ武蔵が偵察にいったのかが疑問でしたが、竜臣にあっさり会えて意外でした。会話ができるタイプでよかったです。武蔵が竜臣だと気づいていないことも気にせずに普通に接してくれたのはすごいです。圧抑え目でした。

しかし門外とわかると非道です。兼竜の一言で一気に変わりすぎです。しかもすごい恐怖があふれる圧は怖いです。このままもうダメなのかと思いきやそうでもない様子でひとまず安心でした。

傘下に加えてもらえた?尚虎のおかげですよねきっと。兼竜の一言のおかげかも?みちるとの再会に喜ぶ、むしろトキメク武蔵は可愛かったです。さらに、秋弘VS勝巳に参戦し、なんだか行けそうな雰囲気でした。もしかして武蔵が勝ってしまうということもあるのか!と期待したいです。

40代女性の感想

 

鐘巻武士団が向かうところは?まさかの再会?

まず、主人公の武蔵らが播磨に向かった理由については、武蔵は鐘巻武士団の小次郎とつぐみで武士団を結成して、小次郎の父の情報を探るためでしたが、少女のみちるから上杉連合が戦うことを聞いたのもありました。そこに行けば、小次郎の父の情報も探ることができると予想したからだと私は思いました。

ちなみに武蔵の役は声優の内田雄馬さんで、現在放送されているアニメの「東京ミュウミュウにゅ~」に出ていて、主人公が好きな学生の役をやっています。内田さんはかっこよい役が多いです。小次郎の方は声優の斉藤壮馬さんで、現在放送されているアニメの「ようこそ実力至上主義の教室へ」にこれから出る予定です。斉藤さんはシリアスな役もこなせます。みちるの役は声優の安野希世乃さんで、前回はアニメの「RPG不動産」に主人公の母の役で出ていました。安野さんは若い女性の声も母親の声もこなせます。

 

武蔵らが最初に上杉武士団の直江兼竜に会ってしまったことについては、直江は上杉武士団の上杉竜臣の部下なので、本当だったら、上杉に会いたかったのだと思います。でも、部下を通さないといけないので、運良く来た武田直虎に会えて良かったと思います。

直江役は声優の花江夏樹さんで、現在、放送されている「サマータイムレンダ」の主人公役で出ています。花江さんはたくさん作品に出ていますが、今回の直江役と「サマータイムレンダ」の慎平役は声を変えていると思います。武田役の方は声優の日野聡さんで、日野さんも「ようこそ実力至上主義の教室へ」に主人公の同級生役で出ています。「ようこそ実力至上主義の教室へ」の葛城役はクラスのリーダー的存在で怖さを出しているので、怖い声になっています。武田も団長ですが、怖さはありません。

50代女性の感想

 

オリエント淡路島激闘編【第13話】の口コミ・評判は?

管理人
管理人

ヒロイン交代!

 

▶『オリエント』第14話の感想はこちら

★Amebaマンガで試し読みができます

【オリエント淡路島激闘編】の関連記事

【オリエント淡路島激闘編】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


【オリエント淡路島激闘編】が無料視聴できる動画配信サービスと独占先行配信の情報はこちら。
早く楽しみたい方は配信で。

 

【今なら2週間無料で楽しめる♪】

Huluの登録はこちら

Hulu