組長娘と世話係 第6話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】プレゼントは形に残るのが全てじゃない

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

アニメ『組長娘と世話係』第6話「はじめてのおともだち」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

組長娘と世話係第6話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『組長娘と世話係』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

組長娘と世話係【第6話】のあらすじとネタバレ感想

TVアニメ「組長娘と世話係」公式チャンネルより引用

組長娘と世話係【#06】「はじめてのおともだち」のあらすじ

八重花の誕生日を祝うべく、香菜美のサポートを受けて手料理に挑戦する霧島。
一方その頃、杉原たち組員と公園で遊んでいた八重花は、外国人の女の子・サラと出会い、すぐに仲良くなる。
その翌日、桜樹組のお隣に引っ越してきた意外な父娘(おやこ)が挨拶に訪れて……。
そして、八重花の誕生日当日――霧島が八重花のために作った手料理とは。

TVアニメ「組長娘と世話係」公式サイトより引用

【Blu-ray】TV 組長娘と世話係 第1巻 アニメイト特典:TVアニメ「組長娘と世話係」Blu-ray&DVD発売記念キャンペーンシリアルコード・原作つきや先生描きおろしA4マイクロファイバータオル(全巻購入)※特典は無くなり次第終了

組長娘と世話係【第6話】のネタバレ感想

サラ登場で新たな一面がたくさん見れてよかった

八重花は普段あんまり同じ年の子と一緒に過ごしているのを見たことがなかったので、サラの登場はとても新鮮でしたね。どっちも可愛らしくて、凄く楽しそうなやり取りをしているので非常に癒されるものを見れるなと思いました。普段とは違った一面を見られるというのは非常に面白い局面を生み出すと思います。

結構年上である霧島たちや、家族である組長たちと接する時と、同じ年頃の友達と接する中では、八重花の接し方は変わってくると思います。本当にこの感じがよくあると思いまして、小さかった頃に感じる、家で過ごす時と、外で同級生とかと過ごす時の、あの感覚の違いは、本当に凄い変わってくるなと思い、だからこそ八重花の新しい一面が見れるというのがとても納得できて新鮮なのでした。

サラは外国から来たということで、結構文化の違いがあるなと思いましたね。バイリンガルだからこそ分かる、認識の違いというのが凄く新鮮でしたね。普段何気なく使用している言葉が、思わぬところで、違った言葉と重なり合って、認識の違いが起きるというのが非常に興味深いなと思います。

結構霧島は細かいことは気にしない感じだと思うので、相手との反応の違いが中々に面白かったのでした。結構テンションもかなり違っている者同士のやり取りも、面白いなと感じました。ある意味で文化の違いといいますか、結構テンションというのも、普段過ごしているコミュニティーによって標準な尺度が違ってくると思います。

サラ達が来たことで新たな発見や面白いものが見れてよかったです。毎回ながらじわじわと不穏な影を感じます。本編のほのぼのとは少し離れた、この不穏な影が毎回ハラハラドキドキさを生み出していて、凄く物語を刺激的にしているなと感じたのでした。

20代男性の感想

『TVアニメ「組長娘と世話係」 第1巻 【BD】』
予約期間:2022年7月7日 23:00:00 ~ 2022年8月23日 23:59:00 まで

詳細はこちら


素敵な出会いは何回もある?八重花の誕生日が近づき霧島が取った行動とは?!

学校のPTA会議に参加した霧島はお母さん達から声を掛けられてモテモテだし、八重花からは服装が変だと笑われて微笑ましいですね。霧島は八重花の誕生日がもうすぐだから友達を呼ぼうか話し掛けると、八重花は寂しい誕生日を思い出して話を遮ったのは可哀想でした。

学校帰りに寄ったドーナツ屋で零にあって一緒にドーナツを食べているのは可愛かったし、霧島と零は中学生からの親友でオネエとは濃いキャラが登場してワクワクしました。零が中学の時に霧島にしょっちゅう喧嘩を売っていた雅也を思い出したと言っていたけど、刑務所から出所して来たので何か起こりそうで楽しみです。

八重花の誕生日に香菜美は猫柄のバックをプレゼントするようだけど、霧島は料理をプレゼントしようと香菜美に教えて貰うなんて可愛いですね。霧島は野菜切るだけなのに指から大量に血を出していたのは笑えるけど、思い出のオムライスは心が温かくなりました。

八重花は杉原と竹内と公園で縄跳びをしようとすると、いつの間にか隣に外国人の女の子サラがいてビックリしました。サラは元気いっぱいで積極的に八重花を誘って二人仲良く遊んでいるのは微笑ましいし、サラのパパが迎えに来てお別れする時にまた遊ぼうとは嬉しいですね。家に帰るとサラが隣に引っ越して来た事が分かって再会したのは嬉しいし、組長が誕生日にサラを呼んでも良いとは良かったですね。

誕生日当日はサラと父親のレオンも来て、組長にビューティフルと一緒に写メを撮っていたのは笑えました。庭の桜の木を見てレオンは妻と初めて日本に来た時に見た桜に感動して日本に住む事にしたとは素敵な話だし、組長が桜樹という名前で運命を感じたとはロマンチストですね。八重花は零に言われた素敵な出会いを思い出し、サラとの出会いを幸せだと感じたのは癒やされました。

霧島は誕生日プレゼントのオムライスを上手に作れなかったけど八重花は喜んで食べてくれたし、霧島もプレゼントは形に残る物ばかりが良い訳じゃないと分かったのは和みました。雅也が柿原組に戻って組長から食事に誘われたのに、霧島をぶっ殺しに行くからと断ったのは怖かったです。

40代女性の感想

 

初めての友人は外国人!霧島が用意した八重花への誕生日プレゼントとは?

今までは霧島や杉原など組の者と八重花は交流することが多かったですが、今回は霧島の友人の零や、公園で出会った外国人少女のサラなど、家以外の人たちとも交流を深める回でしたね。偶然ドーナツ屋さんの前で零と会い、一緒にドーナツを食べることになりましたが、そこで零から「素敵な出会いは人を幸せにしてくれる」と八重花は教えられますが、その後、正に素敵な出会いが訪れるという流れが素晴らしかったです。

公園で縄跳びをしようとしたところ、気付けばすぐ横に外国人少女のサラがいたので驚きました。彼女のコミュ力の高さは半端ないですね。サラはとても明るくて、何をやってもテンションが高いので、一緒にいるだけで元気になれそうな気がします。サラの口元がフニュっとした形をしているのが可愛いですね。

一方、その頃霧島は八重花に料理をプレゼントするために香菜美に料理を教えてもらっていましたが、しょっぱなから思い切り指を切ってしまっていて、結構ザックリいっちゃって血がだらだら流れていたわりには全く痛そうにしていなかったのが流石でした。サラの父親が迎えに来た時は寂しそうにしていた八重花でしたが、実は隣に引っ越してきたお隣さんだったとは。

お誕生日にも呼ぶことになりましたが、サラのみならず父親まで一緒に来るとは予想外でした。サラのコミュ力の高さは父親譲りだったのですね。こんなに押され気味の組長は初めて見た気がします。皆から様々なプレゼントをもらって嬉しそうにする八重香が可愛かったですが、霧島が作ってくれたオムライスが一番嬉しそうに見えました。プレゼントは形に残るものが全てではないという霧島の言葉が母親との優しい思い出に繋がっているようなので、ほっこりした気持ちになりました。いつか霧島が桜木組の一員になった理由も知りたいです。

また、霧島とは零と同じく中学時代からの知り合いで、一方的につけ狙っている雅也も登場しましたが、厄介な存在のようなので心配な気もしますが、きっと霧島の方が強いと思うので大丈夫でしょう。

40代女性の感想

組長娘と世話係【第6話】の口コミ・評判は?

 

▶『組長娘と世話係』第7話の感想はこちら

 

★Amebaマンガで『組長娘と世話係』が試し読みできます!

【組長娘と世話係】の関連記事

【組長娘と世話係】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事

 


【組長娘と世話係】が無料視聴できる動画配信サービスと地上波同時・最速配信の情報はこちら。

 

【今なら初回初月無料で楽しめる♪】

dアニメストアの登録はこちら

dアニメストア