組長娘と世話係 第1話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】霧島がいつ通報されるか楽しみ

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

アニメ『組長娘と世話係第1話「組長娘と世話係」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

組長娘と世話係第1話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

組長娘と世話係【第1話】のあらすじとネタバレ感想

TVアニメ「組長娘と世話係」公式チャンネルより引用

 

組長娘と世話係【#01】「組長娘と世話係」のあらすじ

その暴力性から、『桜樹組の悪魔』と極道からも恐れられる、桜樹組若頭・霧島透。
ある日、霧島は組長に呼び出されて――組長の一人娘である、桜樹八重花の世話係を命じられる。
人見知りで、なかなか心を開いてくれない八重花にどう接していいものか、当惑する霧島。そんな時、八重花が隠していた授業参観のお知らせを見つける。
授業参観の日付は今日……。そこで霧島が取った行動とは――

TVアニメ「組長娘と世話係」公式サイトより引用

 

組長娘と世話係【第1話】のネタバレ感想

悪魔のような若頭が幼女の世話係に!?天使みたいな八重花が可愛い!

アニメ化が決まった時から楽しみにしていたので、ようやく放送が始まって嬉しいです。原作と見比べてみると概ねの流れは同じなのですが、原作エピソードは短めのものが多いので、順番を入れ替えたりおまけページやアニオリの台詞も足されていましたね。原作の八重花も可愛いですが、アニメだと声や仕草など情報量が増える分可愛さも倍増していて、終始キュンキュンしながら見てしまいました。

主人公の霧島は「桜樹組の悪魔」と言われているほど冷酷で暴力好きだけど、お世話をすることになった組長の娘の八重花には優しくて、でもまだ距離感が掴み切れていない感じが良いですね。八重花も霧島も声のイメージがめちゃくちゃピッタリで最高です。特に霧島は細谷さんの低音ボイスが心地いいし、霧島のビジュアルも好みです。八重花の実父は組長をしているだけあって怖い見た目ですが、頭をなでる時は優しいし、愛情が伝わってきて素敵なパパですね。

授業参観で自分だけ親が来ていないのは寂しいだろうなと思うので、まだ家族になりきれていないけれど、霧島が来てくれて良かったですし、家に帰ってからはにかみながらお礼を言っていた八重花は天使かと思うほどめちゃくちゃ可愛かったですね。八重花は大人しくて言葉少なめだけど、言えない気持ちを押し殺している時やはにかむ時など、無表情というわけではなく微妙な表情の変化に気持ちがこめられているので、そういう些細な表情の変化にも霧島が気付けるようになっていってくれたら良いなぁと思います。

Cパートでは霧島の天敵で敵対する桃山組若頭の真白も少し登場し、神谷さんの声も聴けて嬉しかったです。こういうちょっと危険な匂いのする役を神谷さんが演じられるのは久々のような気がするので楽しみです。また、サイトを見てみると霧島の友人でオネエがいて、クセが強そうなキャラが他にもいそうなので、今後の展開に期待しています。

40代女性の感想

 

若頭霧島の面倒見がよすぎた。

腕っぷしが強くて、暴走する様から悪魔の異名を持つ若頭、そんなワードからは凶悪で、凄まじく最悪な、まさに悪の中の悪を連想します。霧島はまさに若頭であり、凄く評判で言えば、悪魔的なものとなっていました。実際にキャラデザも薄いサングラスの中に、かなりの威圧感を秘めた目を持っていて、かなり恐ろしいなと思いましたね。

しかしその恐ろしさにこそ、魅力があるのだと思います。例えばバロメーターがあったとして普通の人の印象が0だとします。しかし霧島のバロメーターの印象はその恐ろしさからマイナスから始まるはずです。しかしバロメーターが100になるようないいことをお互いにした場合、マイナスからスタートの霧島の方が普通の人より、とても好感度が上がったと言えるに違いありません。霧島は最初の印象が悪い分、凄く好感度の上り幅が大きい、これこそ若頭の特性故の魅力だなと思いました。

して見事に好感度を上げた霧島の行いとして、組長の娘の八重花の面倒を完璧に見ていたことといえますね。八重花は組長の娘というわけで、結構普通の人とは違う場面が多々見受けられて大変だなと思ってしまいます。やっぱりまだ小さいわけですから、そういった複雑な周囲の状況に染まっていないわけで、純粋な子供の気持ちを持っているわけですね。なので、かなり周囲のことの比較的な状況に敏感なのだと思いました。結構な繊細な問題だと思うのですが、見事に霧島が解決していて、凄いかっこよかったですね。

八重花からの印象もかなり良く、腕っぷしだけでなく仕事もできるというあたりが流石だと思います。また降りかかる火の粉を自慢の腕っぷしで次々と処理していく感じもアグレッシブで爽快でした。これからもどんどん霧島のギャップを体感したいと思わされましたね。

20代男性の感想

 

ヤクザで悪魔な男が世話係?小学生の組長の娘と仲良くなる為のミッションとは?!

桜樹組の若頭である霧島は、桜樹組の悪魔と呼ばれて恐れられている男で嬉々としてシマを荒らした奴をボコボコにしていて怖かったです。組長の一彦から怒られても霧島はヘラヘラしていて反省する気が無いのは笑えますね。恐ろしい霧島に一彦が仕事をやると娘の八重花を紹介して世話係を命令して断ったら殺すとは笑えます。霧島が挨拶すると八重花はそっぽを向いてしまって子供の扱いが出来るのか不安ですね。

霧島が八重花の髪をとかしていると母親にやって貰った事を思い出してほのぼのしたのに、出来上がりはボロボロだったのは可哀想でした。覗いていた杉原が長髪だったので練習台にされて組長からドン引きされて泣いたり、三つ編みにされたのは可愛かったです。背後から狙っている男二人を始末する為、八重花にだるまさんがころんだをやろうと言ってあっという間に男二人をやっつけたのは強いですね。八重花は授業参観のプリントを隠すと急いでいたからランドセルを忘れたのは可愛かったです。

黒崎香菜美がお土産を持って様子を見に来てくれたけど八重花は元気が無くて心配になりました。授業参観は今日で香菜美がもしかしたら来てくれるかもと思ったのに仕事だと聞いて八重花が落ち込んだのは可哀想でした。授業参観に霧島がラフな格好で現れてイケメンお父さんと言われたのは誇らしかったし、八重花が喜んでくれて照れて顔を隠したのは可愛かったです。

授業参観で描いた絵を父親に見せるか悩んでいた八重花に霧島がアドバイスして渡す勇気を貰ったのは泣けました。香菜美から知らない事はこれから知っていけば良いと、霧島も八重花の家族になれるとはほっこりしました。八重花が霧島に授業参観に来てくれた事を素直にありがとうと言って、二人がお喋り出来るようになったのは泣けましたね。八重花の母親は入院しているようなので心配だし、霧島を狙っている奴がいるのは物騒でドキドキしました。

40代女性の感想

 

お嬢と霧島の日常はほっこりです

思っていたより、任侠もコメディーも少なめで、ほっこり癒しが多いハートフルな感じでした。霧島とお嬢の関係がとてもほっこりして、心にグッときます。霧島のお嬢への接し方がとても温かく感じで、霧島がいい人だと勘違いしてしまうくらいです。霧島のゆるい感じがいいのだと思います。CV細谷さんの荒っぽい霧島はかっこよく、ゆるい感じは穏やかで落ち着くのが素敵すぎました。

霧島が杉原をいじるときが一番楽しそうで、テンション高いところがコメディー要素かもしれません。杉原いいポジションです。CV石川くんのそのままの感じがよく出てていいなと思いました。お嬢は可愛い限りです。組長だからお父さんにうまく甘えられないのが切なくて、我慢しているところを霧島にぶつけてほしい限りです。組長も、組長としての葛藤が大きいようで、うまく接してあげれていないのがもったいないです。そこをうまく霧島に頑張ってほしいです。

最初の登校のだるまさんが転んだはグッドアイディア!と思ってしまいました。お嬢を気づかっているところは重要です。霧島素早くて強すぎますよね。恥ずかしがり屋の友達の設定が全く生きていないところが逆によかったのかもしれません。

参観日のことを内緒にしたお嬢の気持ちが切なく、もどかしかったです。甘えていいのにと思いました。でも、甘えたからといってかなうものではないという現実をよくわかっているのがちょっと辛かったです。しか~し霧島は参観に行きました!すごい勇気ですよね。ある意味脅迫かもしれませんが。恥ずかしいけれど、お嬢は喜んでいたのがよかったです。

組長に絵を渡せたのも、霧島が背中を押してあげたからだと思うと、とても心がじんわりと温かくなりました。お嬢がありがとうと霧島に伝えることがすべてだと思いました。CV細谷さんがぴったりすぎました。

40代女性の感想

 

組長娘と世話係【第1話】の口コミ・評判は?

 

管理人
管理人

うさぎドロップ思い出した。こういう系統は好き。

 

▶『組長娘と世話係』第2話の感想はこちら

 

★Amebaマンガで試し読みができます

【組長娘と世話係】の関連記事

【組長娘と世話係】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事

 


【組長娘と世話係】が無料視聴できる動画配信サービスと地上波同時・最速配信の情報はこちら。

 

【今なら初回初月無料で楽しめる♪】

dアニメストアの登録はこちら

dアニメストア