ドールズフロントライン【アニメのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク
この記事は約12分で読めます。

ドールズフロントライン INTRODUCTION

銃器を擬人化した戦術人形たちと共に戦う、育成&戦略シミュレーションゲーム『ドールズフロントライン』。

中国大陸、台湾、韓国、英語圏、そして日本と世界中でローカライズ版が配信中の人気スマホ向けゲームが、待望のアニメ化決定!

技術が発展した未来の世界を舞台に、戦術人形たちが紡ぐ壮絶な戦いが、いま開戦する。

原作は、日本でのリリースが決まって以降、瞬く間に事前登録者数が70万人を突破するほどの大きな期待を集め、ローンチ後は「Google Play ベスト オブ 2018」ユーザー投票部門にノミネート、全世界では1800万以上ダウンロードされるなど、2018年から今日まで人気が絶えない、大ヒットタイトル。

作り込まれた世界観をアニメ化するのは、旭プロダクション制作のもと、
監督・上田繁
シリーズ構成・倉田英之
キャラクターデザイン・山田正樹
など、日本の実力派クリエイター!

ここは、硝煙と感情渦まく──少女たちの前線

 

ドールズフロントライン公式サイトより引用

スポンサーリンク

ドールズフロントライン【第6話】のあらすじと感想 誰も置き去りにしない

#06 THE MESSAGE01 メッセージ01

鉄血の拠点制圧に成功し、「M4A1」たちは「ST AR-15」と再会する。
上層部から特殊小隊援護の任務を与えられたジャンシアーヌは戦術人形を出撃させるが、そこはAR小隊には因縁のS09地区だった。
鉄血との激戦を繰り広げる中で「M16A1」からの通信で無事を確認し安堵するが、降り出した雨と共に「M16A1」へと忍び寄る者がいた──。

ドールズフロントライン公式サイトより引用

 

まず、前半の、特殊小隊援護の任務の話ですが、主人公のM4A1が帰ってきてもまた新たな任務で緊張を強いられるM4A1は戦術人形といえ、かわいそうでした

また、他の者によるとM4A1はまだ何かのデータを持っているらしくて、M4A1は謎が多いなと思いました。

 

それから、後半の新たな鉄血のボスの話は後方幕僚のカリーナといえ、小隊メンバーのM16A1にしろ、メンバーを裏切っているのではないかと思われる発言が見られて、M4A1と同様に誰が裏切っているのか、だんだんわからなくなりました。

また、新たな鉄血のボスのintruderも怪しくて、その存在もまだ現れていないため、謎が多く、これからどうなるのか、ますますわからなくなりそうです。

 

 

ドールズフロントライン【第8話】のあらすじと感想 秘密基地と新たなハイエンドモデルの登場

#08 THE KINDLING01 火種01

合流した「M16A1」と共に「イントゥルーダー」を打ち破った「M4A1」たちはAR小隊として活動を再開した。
エリート部隊であるAR小隊を訝しみながらも、「M4A1」らの日常を垣間見るジャンシアーヌへ与えられる招集命令。
極秘拠点へと赴き、同僚たちとの交流を深めるジャンシアーヌだったが、事態は急展開を迎えるのだった――。

ドールズフロントライン公式サイトより引用

 

M4A1はかつてエージェントと戦った場所に立って任務中なのにボーとして仲間が戻って気が抜けた気持ちは分かります。

AR小隊が思い出に浸っているのは微笑ましくて任務中だというのを忘れますね。

建物の中に入り音声データを見つけたけど意味が分からないのはモヤッとしますね。

暗号らしいけど収穫があったのはお手柄です。

 

ジャンシアーヌはM4A1が映っている動画を入手すると、M4A1を詳しく知っている人物だと推測したけど何も分からないままなのは残念ですね。

カリーナが落ち込んだジャンシアーヌを励まそうと勝手に手が出たと言ったのは笑えました。

謎の人物は信頼できる人物に託したかったとカリーナが予想したのは素敵ですね。

 

ジャンシアーヌは召集が掛かり草原へと降り立つと地面から入り口が出て来たのは気分上がりました

地下に秘密基地が隠れているなんてワクワクします。

以前、一緒に戦った男性指揮官達も呼ばれていて初顔合わせなのは嬉しいですね。

 

極秘任務とは緊張するけど本部の最新テクノロジーは楽しみだし、新型人形も試して良いなんて面白そうです。

他の指揮官と試合で交流するとジャンシアーヌの圧勝で嬉しくなります。

人形達と話をして特性を活かしているとは流石です。

 

M4A1から緊急通信が入ったかと思うとジャンシアーヌがいる秘密基地が襲われて部屋が真っ暗になったのは怖い。

ジャンシアーヌも前線に出る事になってドキドキします。

AR小隊を信じてと鉄血の拠点を破壊するよう命じるのは普段のジャンシアーヌと人形たちの絆が良い証拠ですね。

 

指揮権限まで与えてクルーガーは心配するけど人形達は素直で良い子達ばかりなので期待できます。

拠点を見つけたAR小隊は建物の中へ潜入するけどリーダーは去った後とは残念。

画面にデストロイヤーと名乗るハイエンドモデルが映って次の戦いが楽しみになりました。

 

 

ドールズフロントライン【第9話】のあらすじと感想 敵も味方も策略した者が勝利します

#09 THE KINDLING02 火種02

極秘拠点を救うべく鉄血の拠点へ潜入した「M4A1」たちは、鉄血の「デストロイヤー」から通信を受ける。
帰投してジャンシアーヌと合流したAR小隊に待っていたのは「ST AR-15」の内通疑惑だった。
調査の為に捕縛された「ST AR-15」を心配しながらも「デスとロイヤー」を追う「M4A1」たちに驚くべき情報が伝えられる──。

ドールズフロントライン公式サイトより引用

 

鉄血のデストロイヤーとの通信を終え、極秘拠点へと帰還したAR小隊はM4SOPMODⅡがジャンシアーヌに抱きついていつの間にか仲良くなってビックリです。

STAR-15を重大なエラーが発生したと拘束されたのは驚きました。

尋問すると言う事は裏切った可能性があるという事でどうなるのか心配です。

次の任務まで休めと言われたけどSTAR-15が気になって仕方ないですね。

 

M16A1は落ち込んだM4A1を慰めて優しいです。

上官達が勢揃いして会議をしているのは豪華でした。

ジャンシアーヌが冴えた指摘をして不敵に笑うのは戦闘狂のように見えます。

STAR-15がウイルスを仕込まれていたとは残念だけど徹底除去してくれるなら安心です。

AR小隊がバラバラになった時に仕込まれたとしか思えないですね。

 

鉄血の拠点を襲撃して緊張感が出てきたけど、M4SOPMODⅡは感情がある事に疑問を持つとM16A1が頭に手を乗せて優しく答えて良いお姉さんですね。

皆と一緒にいられないのが悲しいとは切ないです。

 

他の部隊と合流して先に進むと暗くなってからデストロイヤーが飛び出して来て思うツボなのは助かります。

優勢だったのにSTAR-15が逃走したと通信が入って動揺したのは可哀想でした。

その隙を付いてジャンシアーヌ達上官と通信が途絶えてしまったのは不安ですね。

 

M16A1はSTAR-15を信じていて心が熱くなりました。

ドリーマーは助けを求めたデストロイヤーに用済みと言って酷い。

私達は人形で死んでも生き返るし、従順なおバカさんに戻るのは始めてじゃないとは怖かったです。

 

 

ドールズフロントライン【第10話】のあらすじと感想 AR小隊の価値と敵に落ちた者の宿命

#10 THE KINDLING03 火種03

事態解決の為に「デストロイヤー」を必死に追う「M4A1」らAR小隊だったが、それは「M4A1」たちをおびき出す「ドリーマー」の罠だった。
AR小隊を守るべく上層部から与えられる指令に、ジャンシアーヌたちは苦渋の決断を迫られる。
だがそのような状況においても諦める事なく、決意と共に進む者たちがいた……。

ドールズフロントライン公式サイトより引用

 

デストロイヤーを人形だから何度でも復活できるとドリーマーが怖がらせたのは嘘だったのは敵なのに安心してしまいました。

AR小隊はSTAR-15からの照明弾を見つけるとM4A1は喜んで追いかけようとして感情的になって心配しました。

M16A1は冷静に進むのを止めるべきだと判断して流石お姉さんです。

 

ドリーマーはAR小隊がいそうな場所を狙い撃ちしていて徐々に迫ってくるのは怖い。

腕が欠けていたほうが連れて来やすいとは人形だからって酷いです。

クルーガーはAR小隊に撤退を命じてジャンシアーヌは作戦を変更するとデストロイヤーに迫ってドキドキしました。

ドリーマーが反撃して来て中々近づけ無いのはもどかしい。

そこにSTAR-15が現れてドリーマーに見つかったのは焦ったし、STAR-15の中にウイルスを入れた犯人だったとは酷いです。

AR小隊はメンタルのバックアップが取れないし、グリフィンの最先端人形で重要な資産だから他の隊を犠牲にしても守るとはやるせないですね。

 

AR小隊は任務中にクルーガーが率いる部隊と出会ったのは緊張しました。

STAR-15を諦めていないM4A1は信じて待つなんて仲間思いです。

鉄血が進化している事が分かったのは恐ろしいですね、AR小隊を狙うのはグリフィンの抹消を狙っているとは次は何をしてくるか分からない状況に緊張感が増します。

敵の手に落ちたSTAR-15をクルーガーは切り捨てるつもりなのは残念です。

STAR-15も帰る場所を失っても自分を受け入れてくれた人を裏切らないと決意して泣けるし、夕日に手をかざしたのは切なくなりました。

 

ドールズフロントライン【第11話】のあらすじと感想 新たなハイエンドモデルが登場!M4A1を巡る謎に一歩近づきました!

#11 COMET01 彗星01

逃走した「ST AR-15」を捜索すべくグリフィンから派遣されたネゲヴ小隊は、新たなハイエンドモデル「アルケミスト」と大量の鉄血による襲撃を受けてしまう。
敵の新兵器により分断された彼女たちを救うべく動き出したAR小隊と、またしても決断を迫られるジャンシアーヌ。
そして戦場の裏側で「M4A1」へと近づく影がいた――。

ドールズフロントライン公式サイトより引用

 

グリフィンの各部隊がまだSTAR-15を捜索してくれていて嬉しいです。

M4A1は落ち込んでいたけどM16A1が励ましてくれて姉御は流石です。

ネゲヴ小隊が目的地に着くと通信攻撃を受けてハイエンドモデルのアルケミストが登場したのはテンション上がりました。

ネゲヴ小隊の救援信号をキャッチしたAR小隊は救出に向かうと関西弁の女の子が出て来て通信場所を探すのが大変だったとはご苦労さまでした。

 

教会では鉄血に攻撃されている者達がいて銃弾の嵐に心拍数が上がります。

敵の数が多くて逃げ出す隙も無く銃弾がいつ当たってもおかしくなくてヒヤヒヤします。

M4A1は二手に分かれる事にするとM16A1が怒られ役かと軽口を叩いたのは和みました。

教会では敵が中に入って来ようとして怖かったです。

必死に戦う彼女達の中にSTAR-15を生きて連れ帰る必要があるのかと疑問に思う者がいて戦う理由が揺らいでいるのは危ないですね。

 

M16A1はジャンシアーヌに報告しただけでなく通信拠点まで見つけ出していたとは出来る女は違います。

ジャンシアーヌの決断が早くて素晴らしいです。

教会ではついに銃弾が底をついてしまってハラハラしました。

AR小隊が近くまで来ているけどジャンシアーヌを説得するのに時間が掛かって突入できないのはもどかしかったです。

合流許可が出て皆がジャンシアーヌにお礼を言ったのは嬉しくなりました。

 

呆気なく鉄血を殲滅したのは良かったけどSTAR-15が現れて驚きました。

感動の再会を演じていると呟きM4A1とM4SOPMODⅡが消息を絶つとは何があったのかドキドキします。

大量の鉄血が現れて何か裏があるのではとジャンシアーヌは予測するけど何か分からないのは怖いです。

 

M4A1はSTAR-15と建物の中にいてSTAR-15が別人みたいで友達になる事が目的とか命令されたいとか謎ですね。

M16A1がM4SOPMODⅡを見つけたのは安心しました。

STAR-15に襲われて混乱しているのは可哀想だし、捜索に出ている小隊全部に撤退命令が出て緊張感が増して来ました。

 

 

ドールズフロントライン【第12話(最終話)】のあらすじと感想 誰かを助けたいという思いで駆付ける人形達が格好良い!

#06 COMET02 彗星02

再会した「ST AR-15」と「M4A1」は奇妙な会話を繰り広げる。
戦場では「アルケミスト」の策略により、ネゲヴ小隊が窮地に追い込まれていた。
その硝煙と感情の渦巻く少女たちの前線においてジャンシアーヌは厳しさを増す状況に苦悩し、それでも信じて抗い続ける戦術人形たち。
そこに一発の銃声が響き渡る――。

ドールズフロントライン公式サイトより引用

 

孤立したネゲヴ小隊とAR小隊が合流しようとしてドキドキだし、STAR-15がM4A1に誰なのか問い掛けるのは意味が分からなくて怖かった。

STAR-15が敵の姿になったりコロコロ変わって何が起きているのか不安を煽りましたね。

STAR-15が逃げ続けてアルケミストが追い詰めようとして恐い。

ネゲヴ小隊にも魔の手を伸ばして孤立させてしまったのは賢いですね。

ジャンシアーヌは自分が判断を間違えたと攻めるし、上官からは怒られるし、助けに行けないのを悔しがっていて胸が痛くなりました。

 

銃弾の嵐の中に指揮官達からの援護があったのは泣けました。

人形達が来てくれてネゲヴ小隊の撤退ルートが確保されて安心しました。

STAR-15が大ピンチに追い込まれてダメかと思ったけどM4SOPMODⅡが格好良く登場して良かった。

STAR-15は持っていたデータをM4SOPMODⅡに渡して行ってしまったのは切ないですね。

M16A1と出会っても自分を犠牲にしようとするSTAR-15が悲しい。

M16A1が殴ってしまったのはビックリだけど、皆の為に何かしたいという思いは格好良いですね。

 

STAR-15が鉄血に乗り込んだけど腕を斬られて爆弾のスイッチが押せないなんて最悪。

鉄血人形に囲まれて自分の気持ちを語りだして寂しいです。

皆を助けるのが望みで死んだ自分を見つけたM4A1を心配してお別れを言うなんて泣けました。

最後まで諦めないで爆弾のスイッチに届いたのは正に英雄ですね。

STAR-15が犠牲になったのは寂しいけど、鉄血は他の人形にも仕組んでいてM4A1を諦めないのは恐い。

戦いは続くようなので第二期を期待しています。

 

 

ここまで感想をご覧いただきありがとうございました。

アニメ『ドールズフロントライン』は動画配信サービスのお試し期間を使えば全て無料で見ることができます。無料期間中の解約もできますよ(^^)♪

おすすめ2社の無料登録はこちらからできます。
どちらもアニメ配信数が最大級のサービスです。


\31日間お試し無料/

 

『ドールズフロントライン』を配信している動画見放題サービスはこちらから確認できます。

>>2022年冬アニメ見放題配信サービスの配信状況一覧

 

他のアニメにも興味があればこちらもどうぞ。

>>2022年冬アニメの感想一覧