組長娘と世話係 第5話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】ポニテ八重花が可愛い

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

アニメ『組長娘と世話係』第5話「霧島のおやすみ」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

組長娘と世話係第5話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『組長娘と世話係』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

組長娘と世話係【第5話】のあらすじとネタバレ感想

TVアニメ「組長娘と世話係」公式チャンネルより引用

組長娘と世話係【#05】「霧島のおやすみ」のあらすじ

桜樹も出席する組長同士の会合に、同行した霧島。その帰り道、中学時代の同級生で、今は彫り師をやっている零と再会する。すっかりオネエになった零に、さしもの霧島もたじたじで……。
一方、八重花は香菜美と歩と一緒にケーキ作りに挑戦していた。
八重花が手作りケーキを食べさせてあげたい相手とはいったい……。

TVアニメ「組長娘と世話係」公式サイトより引用

【Blu-ray】TV 組長娘と世話係 第1巻 アニメイト特典:TVアニメ「組長娘と世話係」Blu-ray&DVD発売記念キャンペーンシリアルコード・原作つきや先生描きおろしA4マイクロファイバータオル(全巻購入)※特典は無くなり次第終了

組長娘と世話係【第5話】のネタバレ感想

霧島は全然健在だと思った

霧島はかなり強いことで界隈で有名な存在なわけですが、八重花と一緒にいると牙が取れたように見えてしまうのだと思いますね。ただでさえ、霧島のいた場所は凶悪な猛者たちが蔓延る場所なわけですから、八重花というか弱い存在に対しての、遠慮があんまりないのだと思います。むしろ弱みに付け込む危険性もあるわけで、普段のほのぼのとした背景には常に危険と隣り合わせなんだなと感じさせられましたね。

本当に凶悪さも良く描かれていたと思いまして、接客をちゃんとしている店に対して、因縁をつけている感じが本当に恐ろしさを醸し出していました。客にあそこまで因縁をつけられては店主もどうすることもできないと思いまして、かなり気の毒だなと思いましたね。霧島は礼儀正しい若頭なので、そんなことはしないあたり流石だと思います。

強さはそれを行使するためにあるのではなく、大事なものを守るために使うべきなのだと思いますね。真に強い人はそこら辺のことを強く理解しているのかなと思いました。まさに霧島は真の強者であり、力の振るい方というものを凄く理解しているのだなと思いました。だからこそとてもかっこいいと思います。

そして霧島が八重花といるからといって侮るというのは、大きな過ちであり、想像以上の事態になるなと思いました。霧島の牙はとれたどころか、より磨かれていたのだと思いますね。霧島は本当に仕事人といいますか、頼まれたことを確実に遂行する、絶対的な信念があるのだなと思いました。そして八重花は仕事を遂行するために、大事な存在であり、だからこそ霧島の力は健在で、ただ牙が取れたように錯覚するようになっていただけなのだと思いました。あんまりにも強すぎたので霧島に勝負を挑んだ相手が気の毒でしたね。

20代男性の感想

『TVアニメ「組長娘と世話係」 第1巻 【BD】』
予約期間:2022年7月7日 23:00:00 ~ 2022年8月23日 23:59:00 まで

詳細はこちら


霧島の親友の零が初登場!霧島が大好きな八重花が可愛すぎる!

前半のお話では杉原が必死に八重花と仲良くなろうとしていて面白かったです。映画のDVDを見て八重花より号泣しちゃうとか、杉原のピュアなところが好きです。また、今回はサイトで気になっていたキャラの一人である零が登場してくれて嬉しかったです。羽多野さんのオネエ役すごく良いですね。

零は中学時代からの霧島の親友ということで特別ポジションで、だからこそ後ろからハグをしても一発殴られるくらいで済むのでしょう。他の人たちは恐ろしくてそんなことできないでしょうし、しようとも思わないでしょうね。零はオネエだけどガタイが凄く良いところが素敵です。零は久しぶりに会えた霧島ともっとゆっくり話をしたがっていましたが、八重花との先約を優先して断った霧島の笑顔にキュンときました。

八重花は香菜美とケーキを作ることになりましたが、霧島のためにチョコケーキにしたり、霧島の分だけチョコ多めにしたりと、八重花は霧島のことが大好きなのだなと思ってほのぼのした気持ちになりました。霧島に「美味しい」と言ってもらえて嬉しそうな八重花は正に恋する乙女のようで可愛かったです。

黒猫のおはぎを拾った際に知り合った女子高生の歩も再登場してくれて嬉しかったです。最後の方でスキンヘッドの無口な子分さんと接触がありましたが、これは恋のフラグでしょうか。八重花のお世話係になってからは、霧島の尖っていた部分が少し丸くなっていたように感じていましたが、好き勝手な行動を取る別の組の柳に対して制裁してましたね。何も悪くないお店の人たちを困らせる柳は許せないと感じていたので、霧島が格好良く見えました。

また、今回初めて霧島と真白が会話するシーンがあってドキドキしました。Cパートでは首だけ出して埋められていた柳たちの前に真白が現れて物騒なことを話していましたが、柳は殺されてしまったのでしょうか。真白はやはり恐ろしい男ですね。

40代女性の感想

 

霧島が柳に馬鹿にされる?杉原が八重花と仲良くなりたい?

まず、くさかみ組の柳が主人公の霧島のことを霧島の所属している組の組長の桜樹の娘の八重花の子守を馬鹿にしていることについては、劇中でも描かれていたとおり、霧島は昔はもっと怖かったのに八重花の子守をしているのは柳にとって、情けなく思うからだと私は思います。桜樹の妻は病気で入院していて、八重花の面倒を見る人がいないので仕方ないのですが、そのことを知らない、他の組は霧島のことを子守をするくらい、格が落ちたと思っていると勘違いしている可能性もあります。

ちなみに霧島の役は声優の細谷佳正さんで、2016年、第10回声優アワード助演男優賞を受賞しています。ナチュラルな芝居や表現力が持ち味ということで、霧島の役も味のある声をしています。八重花は声優の和多田美咲さんで、現在放送されているアニメの「異世界薬局」の転生する前の主人公の妹役をやっています。子供役を希望していることから、声優の久野美咲さんと同様に子供役が上手です。

次に霧島の後輩の杉原が八重花と仲良くなりたいことについては、杉原は霧島のことを尊敬していて、霧島が八重花と仲がいいので、杉原もそうなりたいと思っていると考えられます。しかし、すぐには仲良くなれないことをわかっていることや八重花は杉原より霧島のことが好きなので、杉原とは仲良くなるのは難しいと思われます。杉原の役は声優の石川界人さんで、現在、放送されているアニメの「カッコウの許嫁」に主人公として出ています。「カッコウの許嫁」のように威張った兄の役や今回のように後輩の役も器用にこなせます。

3番目に霧島が中学校の同級生の雫に「今の場所が心地いいのね。」と言われたことについては、雫が中学校の同級生であることから霧島の過去を知っていて、霧島がもっとギスギスしていて、とんがっていたと思われます。今の場所が心地いいのは八重花と出会って、霧島が丸くなったのもあるのではないかと考えられます。

50代女性の感想

組長娘と世話係【第5話】の口コミ・評判は?

 

▶『組長娘と世話係』第6話の感想はこちら

 

★Amebaマンガで『組長娘と世話係』が試し読みできます!

【組長娘と世話係】の関連記事

【組長娘と世話係】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事

 


【組長娘と世話係】が無料視聴できる動画配信サービスと地上波同時・最速配信の情報はこちら。

 

【今なら初回初月無料で楽しめる♪】

dアニメストアの登録はこちら

dアニメストア