それでも歩は寄せてくる 第3話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】からかい上手のマキさん

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

アニメ『それでも歩は寄せてくる』第3話「初デートがしたいので」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

それでも歩は寄せてくる第3話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『それでも歩は寄せてくる』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

それでも歩は寄せてくる【第3話】のあらすじとネタバレ感想

ぽにきゃん-Anime PONY CANYONチャンネルより引用

 

それでも歩は寄せてくる【第3話】「初デートがしたいので」のあらすじ

文化祭を目前に控えたある日、歩は幼なじみのタケルを幽霊部員として将棋部に入部させる。しかし、文化祭へは部でなければ出展できず、将棋部を正式な部へ昇格するためにはまだ人数が足りていなかった。
そして文化祭当日を迎えて――。
「文化祭一緒にまわりませんか?」
「ん? あ、ああ!! 文化祭で部員探しとか、そういうことか!?」
部員集めを名目に歩はうるしと文化祭デートをすることになる。

TVアニメ「それでも歩は寄せてくる」公式サイトより引用

 

それでも歩は寄せてくる【第3話】のネタバレ感想

デートで更にやり取りがほのぼのとした

歩とうるしの関係がやっぱり凄く面白かったです。歩はどこか強い信念を持っているといいますか、うるしのことになると凄い実直な雰囲気を感じます。かなり真っすぐな性格な歩ですから、照準を合わせたアプローチは凄く鋭いと感じさせられました。

うるしは結構将棋以外の部分だと、ふわふわしている部分があるので、歩の鋭いアプローチは度々うるしを射抜くように顔を赤らめさせて、凄く可愛らしい一面を引き出すのだと思いました。それが将棋をしながら二人だけの空間で毎回発生するわけですから、何とも将棋部の雰囲気は凄く幸せな空間だと感じてしまいます。歩にとっても大好きなうるしと一緒にこんなやり取りをできる空間は最高だと思いますね。

うるしは結構、男子に詰められる経験とかも疎いタイプなので、より積極的なアプローチが効果抜群なのが可愛らしいです。歩にとっては経験が浅いことは凄く恥ずかしいことですが、これは中々に本人の認識に限っているのも面白いです。アプローチする側からしたら、相手がそういったことに疎い程凄くいい気分になるのだと歩を見ていても思いましたね。こういった部分に気付いていないうるしも中々にらしさや面白さを感じさせられました。

タケルですがやっぱり桜子とのやり取りが非常に面白いと感じさせられます。タケルは思いっきり桜子のことが好きだと思うのですが、実際のところ桜子はどうなのですかね。悪くないかものようなニュアンスをタケルに伝えてましたが、これがまた思わせぶりでタケルに直接ヒットしたことだと感じさせられました。タケルからしたらもしかしたら自分のことが好きかも、とも思える状況が何より最高なのだと思いますね。かなり一緒にいますし、2人の関係は非常に気になるものでした。

20代男性の感想

 

【それでも歩は寄せてくる 八乙女うるし】
予約期間:2022年7月13日 0:00:00 ~ 2022年9月27日 23:59:00 まで

詳細はこちら


幽霊部員のタケルが来た!文化祭は部員集めという名のデートで進展はあるのか?!

歩が部室に入って来たけど何も言わないのでうるしがドキドキしていたのは髪型を変えた事に気づいて欲しいからなんて可愛いです。角竜タケルが幽霊部員として挨拶に来たのは偉いけど、うるしは将棋が強そうな名前だと言いタケルを下の名前を呼んで歩が動揺しているのが笑えます。タケルが駒を置く音が良いと褒められると歩も張り合って良い音を出そうとするけど予備のオモチャで残念ですね。

桜子が迎えに来てタケルが入ったからにはちゃんとすると言う前に、催眠術で図書室に帰らせたのは凄いです。桜子は歩の恋を応援しようとタケルを連れ出したと誤魔化すなんて可愛いけど、自分は恋してないとかタケルに好きな人が出来たら応援すると言いながら今はタケルがいるなんて小悪魔ですね。

もうすぐ文化祭でうるしのクラスは焼きそばで調理を担当するらしく、歩は絶対に行くと圧が強くて笑えました。歩はうるしに文化祭で一緒に周ろうと誘うと、うるしが動揺したのに歩はハッキリとデートで一緒にいたいとはキュンとしました。うるしは焼きそばを売り歩いて、急いで駆け付けた歩が早くデートがしたいと一緒に売ったり自分で食べたりして愛を感じました。

うるしもデートだと認めてキュンとしたけど、歩がデートした事が無いからいつも通りで良いのか聞くなんて可愛いですね。うるしが強がって自分に任せろと言うけど普通に楽しんでいて微笑ましいし、マキがうるしの初デートだとバラして、歩がうるしの初デートの相手が自分だと感動していたのは笑えます。

タケルのクラスはお化け屋敷で受付に桜子がいてお化けのメイクをしていたのは雰囲気ありましたね。歩がうるしの手を繋いで良い感じだし、脅かし役のタケルも桜子と一緒に隠れてドキドキだけど我慢できなくて全力で叫んだのは笑えました。

歩とうるしは休憩がてら将棋をして、歩が一番だったものはどれか聞くと来年のデートの参考にしたいとはさり気なく次もある事をアピールするなんてキュンとしました。歩は自分も下の名前で呼んで欲しいとお願いして、うるしが恥ずかしそうに呼ぶと泣いて感動して可愛いです。うるしが照れ隠しで名前を呼ぶのを止めると言い出して戯れあっているのは微笑ましかったです。

40代女性の感想

 

文化祭で部員集めは口実ですね。デートじゃん。

うるしの髪型が変わってる!歩はすかさずほめるのかと思っていました。でも、何も言わずいつも通りでした。うるしが妙にアピールしているところ、可愛かったです。耐えきれずほめたのかな。

そして、予想外のタケル登場!将棋を指すなんて。歩が譲ったようでしたが、嫉妬がじわじわありました。多分うるしがタケルと呼ぶところに嫉妬していましたよね。顔には出ていませんでしたが、そこが一番引っ掛かっていたはずです。いい音よりも。タケルをほめていたところも気にして可愛い限りでした。

桜子がタケルを迎えに来たのは可愛かったです。寂しかっただけなのかもしれないですが、タケルはうれしかったはずです。催眠術かけなくてもタケルはかえったと思うよ?何で催眠術かけた?うるしの反応は面白かったです。

無事に図書室へ連れ帰り、図書室での二人はもーもどかしい。桜子はタケルをいったいどう思っているのかわからなすぎです。タケルが一人であたふたしたり落ち込んでるだけなようで、かわいそうです。脈無なのか有なのか、知りたいです。桜子は自分で恋愛に興味ないようなこと言うし、これはむずきゅん?タケルが翻弄されまくるのが面白かったりします。

最後の、タケルがいてくれたらいいは、ダメですよ。タケルはもう、いっぱいいっぱいです。たとえ片思いで、想いが伝わっていなくても幸せですよね。桜子は歩の恋を応援しているけれど、恋愛に疎くて応援できるのかは心配です。

 

そんな応援されている歩はやっぱりストレートでした。すごい、文化祭でデートしたいというなんて。うるしはパニックですよね。文化祭デート=部員集めにしようとするのは分かります。でも、デートなんですよね。かわいい。

そのデートはとても素敵でした。かわいらしい。歩がやきそばを何個食べるんだと突っ込んだのは言うまでもありません。その後もたくさん食べていましたが、そこはデートを楽しんでいたから気にしないです。キュンがいっぱいでした。

お化け屋敷は、ドキドキでした。脅かすタケルのドキドキがたまりません。桜子は自覚ないので、なぜタケルが叫んだかわかっていないし、うるしの怖がり方もすごかったです。歩と一度でも呼んでもらえて幸せだったと思います。むずきゅん多かったです。

40代女性の感想

 

それでも歩は寄せてくる【第3話】の口コミ・評判は?

 

▶『それでも歩は寄せてくる』第4話の感想はこちら

★Amebaマンガで『それでも歩は寄せてくる』が試し読みできます!

【それでも歩は寄せてくる】の関連記事

【それでも歩は寄せてくる】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事

 


【それでも歩は寄せてくる】が無料視聴できる動画配信サービスと独占配信の情報はこちら。

 

【今なら30日間無料体験可能♪】

Amazon Prime Videoの登録はこちら

Amazon Prime Video