王様ランキング【アニメのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

王様ランキング INTRODUCTION

国の豊かさ、抱えている強者どもの数、そして王様自身がいかに勇者のごとく強いか、それらを総合的にランキングしたもの、それが〝王様ランキング〟である。

主人公のボッジは、王様ランキング七位のボッス王が統治する王国の第一王子として生まれた。

ところがボッジは、生まれつき耳が聞こえず、まともに剣すら振れぬほど非力であり、家臣はもちろん民衆からも「とても王の器ではない」と蔑まれていた。

そんなボッジにできた初めての友達、カゲ。

カゲとの出会い、そして小さな勇気によって、ボッジの人生は大きく動きだす———— 。

 

アニメ「王様ランキング」公式サイトより引用

スポンサーリンク

王様ランキング【第22話】のあらすじと感想 感動でした

第22話 魔神との約束

ボッジの手によって魔法の鏡は割られ、ボッスの魂は天へと昇っていく。そしてボッスからミランジョを託されたダイダは、現れた魔神にある願いを告げる。

アニメ「王様ランキング」公式サイトより引用

 

ダイダの体が戻った時、ボッジとダイダが、ミランジョを助けに行く所が、かっこよかったです。

ダイダが、ミランジョにプロポーズをする所が、素晴らしかったです。

ヒーリングが、来て、ダイダとボッジを抱きしめる所が、素敵です。

ダイダ役の人気声優梶裕貴さんの声の演技が、とても上手です。

 

ミランジョの過去の話も可哀そうに、見えます。

ヒーリングのツンデレな性格が、可愛かったです。

ボッジが、みんなを助け出す所が、勇敢です。

カゲが、亡くなった母親に会ったシーンも感動です。

 

出てくる声優さんが、豪華で素晴らしかったです。

キャラクター達の過去の話が、涙が、出ます。

血を流して戦って行く所が、迫力が、あります。

ダイダがヒーリングにミランジョに結婚すると言った時、それ聞いたヒーリングが、驚く所が、面白かったです。

 

ダイダの体にボッスの体が入っていた時、ダイダが、大きな木の棒を持って、振る所が、体が、小さいのに凄かったです。

ボッジが怪我をした人を見て、助けに行く所も、かっこよかったです。

ヒーリングが、母親らしさが出て、かっこよかったです。

デスパーがボッジを強くして行く所もいい先生に見えます。

とてもいい話です。

素晴らしかったです。

 

 

王様ランキング【第23話(最終話)】のあらすじと感想 勇気!と優しさ

第23話 王様と太陽

ミランジョとの結婚を発表し、これまでに犯した過ちを償うことを誓うダイダ。その真摯な姿に四天王たち臣下は驚き、思いに応えようとする。そして、新たな王が誕生する。

アニメ「王様ランキング」公式サイトより引用

 

原作は魔神が出るあたりまでしか読んでいなかったのですがあの絵でどうなるんだ?と思って見始めると、原作のデフォルメが効いた特徴的な絵柄を生かし3D技術も取り入れたレベルの高い作画として完成されており「あの絵柄が?」と思うような驚きもありつつアクションやグロシーンも妥協すること無く描写されており楽しく見ることができました。

もちろんストーリーの良さも素晴らしい演出で表現されており「誰が悪いという話でもない」という優しさに裏打ちされたボッジに限らず登場人物皆のただひたむきな勇気による成長が二十三話にわたって描かれておりました。

 

特に終盤からのミランジョの陰謀、それを招いたボッス王の弱さ、という責めようと思えば無限に責め立てることもできるような事を皆で許す優しさ・・・というよりも本当の勇気ですよね。

そして本当の勇気を悟り己の分際を受け入れボッジに王位を譲ったたダイダの勇気。

それを受け入れながらも王としての重責と比べても捨て去ることのできないボッジのカゲを思う心と王になる!という願いはしっかり叶えるためのボッジの新たな国を作るという勇気!

勇気とは成長とはという口に出せば押し付けがましくなりそうな事でもしっかりと一本筋を通して描き切った作品を象徴する最終回でした。

アニメはおれたた(俺たちの戦いはこれからだ!)エンドとはいえ、原作は続いているので二期も楽しみですし原作の方も読もうと思いました。

 

 

 

他のアニメにも興味があればこちらもどうぞ。

>>2022年冬アニメの感想一覧