黒の召喚士 第7話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】勇者に謝られちゃった

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

アニメ『黒の召喚士』第7話「勇者たちとの対戦」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

黒の召喚士第7話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『黒の召喚士』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

黒の召喚士【第7話】のあらすじとネタバレ感想

overlapinc公式チャンネルより引用

黒の召喚士【#07】「勇者たちとの対戦」のあらすじ

駆け付けた勇者一行に黒風と勘違いされたケルヴィンたちは、勇者に今回の事件の証人になってもらうべく、勇者一行と対決する。

新たな装備を着けたケルヴィン1人に対し、勇者たちは妖精の加護やスキル、魔法を駆使して戦うが…。
TVアニメ 黒の召喚士公式サイトより引用

黒の召喚士【第7話】のネタバレ感想

主人公がまさかの交代!?

主人公が交代のような凄い錯覚をしてしまいました。本当に勇者組が正統派で主人公オーラを発していたなと実感します。転生してみんなで切磋琢磨して、ここまで来たという壮大なバックグラウンド、これは何にも変えられるものではない、まさしく主人公にふさわしい勇者だなと思いました。それにピンチになった時の会話もまさに物語の感動シーンともいえる王道要素をたくさん含んでいたのだと思いましたね。

しかしながら本作において真の主人公はケルヴィンであり、かなりよさそうな勇者組の場面も、なんのことだかさっぱりな困惑シーンに感じてしまったのでした。これがなんとも面白くて、絶妙な違和感の中でついケルヴィンのリアクションに同意しかできない、はっきりとしたものとなっていました。

とはいえケルヴィンは、あんまりにも悪役ぶりが目立っていたので、勇者たちの主人公ぶりというのは、かなり際立って見えていたのだと思います。もう本当に戦闘中に見せるケルヴィンの顔が悪すぎて、主人公のする顔じゃないとツッコミを入れたくなったのでした。

でもそんな戦闘狂なケルヴィンにかっこいい魅力があるのだと思いますね。本当に純粋に戦いを楽しんでいるので、全ての立ち回り一つ一つに対して、本当によく見ているので、凄い分析力だなと思いました。だからこそみんなもかなり立ち回りの中でケルヴィンのペースにどんどん乗せられているように見えましたね。ケルヴィンとの戦いは勇者たちにとっても本当に多くのことが学べたのだと思いました。

大迫力の戦いの中で、ケルヴィンが単騎で戦いを挑むなんて本当にぶっ飛んでいたなと実感させられます。やはり飾らないケルヴィンは強くてかっこいいなと感じたのでした。

20代男性の感想

 

悪役の悪い顔が似合いすぎです

ケルヴィンさんの悪い顔が妙にかっこよくて、そのまま見ていたいくらいでした。でも、喋るとなんか嫌味ったるくて、残念な気もします。悪を貫く感じです。作戦通りうまくいくような感じでした。1対4はケルヴィンさん不利かなと思いましたが、なんなく勝ってしまいそうでした。セラのスキル、半端ないです。勇者の剣を素手で打ち返せるのは、やっぱり強いからですよね。それにケルヴィンさんのスキルコピー使える!って証明です。

勇者チームはまとまっていそうで、とうやが突っ走ってしまうのがどうも気になっていました。レベルがうまく上がっていないのはそのせいもあるのかなと思いました。それにしてもケルヴィンさん強いです。戦い方がうまい。あととにかく悪い顔。どこまでも悪い役が似合います。楽しんで戦っていると自然と顔が狂気の顔になるのもあるけれど、センスもやっぱりすごい。

対する勇者チームの内輪もめに気まずさを感じながらも待っているケルヴィンさん、なんかかわいかったです。チーム一丸になってからは流石勇者でした。勇者は強いんだと思いました。ケルヴィンさんも魔法を創るというすごいこともしていまい、勇者のすごさをことごとくケルヴィンさんが塗り替えっていってしまいました。でも、勇者はまだまだ強くなれる。そう思いました。

結果苦戦しながらも圧勝という感じでした。エルフィ×セラ×ジェラールのピクニック気分の観戦がとてもゆるーくてほのぼのしていてよかったです。ピクニック姿を見て悪そうに見えたケルヴィンさんって、最初のイメージが悪すぎるのかな。

その後の、ケルヴィンさんの真意を察した勇者たちは疑うことなく信じてくれてよかったです。ケルヴィンさんの悪い顔は無くなってしまいましたが、普通にいい人なので、ギャップがどうもあります。負けた勇者たちは何をされるのか気になります。でも、悪いようにはされないはずです。

40代女性の感想

 

新装備を試したかっただけかも?ケルヴィンは勇者達と戦うのは楽しそうだったけど上手く話は出来るかな?!

ケルヴィンは勇者一行に盗賊の黒風と思わせて悪人面でゲームを持ち掛けると、勇者達は迷いながらも勝負を受けたのはワクワクしました。ケルヴィンは勝って今回の事件の証人になって貰おうとは戦わなくて普通に話せば良いのではと思うけど、バトルジャンキーなので楽しんでいるのは笑うしかないですね。セラが戦いたいと駄々をこねると美味しそうなサンドイッチで大人しくなってチョロいですね。

ケルヴィンは集団戦に備えて新しい装備の悪食の籠手を試したいから一人で戦うとは遊んでいますね。触れる事で相手の能力をコピー出来るとは便利なアイテムだけど、セラはズルいと言いながらケルヴィンに自分のスキルをコピーさせていたとはドキドキです。刀哉が剣でケルヴィンと一騎打ちになるけど、ケルヴィンはセラからコピーした格闘術で素早い拳を打ち込むとは怖かったです。

刹那も攻撃して来たけど土壁を作って防御したのは迫力があったし、セラでも無理とは勇者達が可哀想になってきました。刹那は斬鉄権で壁を真っ二つにしたのは凄い、ケルヴィンの攻撃を刀哉が防御すると一人で何とかしようとして刹那がビンタしたのは青春ですね。教室に魔法陣が現れて一方的に勇者だと言われたのは可哀想だけど、四人で勇者だと盛り上がっていたのは楽しそうでした。

勇者達は連携してケルヴィンに攻撃するけどノーダメージなのは流石だし、勇者達にダメ出しして良い奴ですね。菜々は自分が持つ最大の氷魔法で攻撃し、雅が大黒屍鬼を召喚してケルヴィンがピンチに見えるけど熱くなってきたとは狂戦士ですね。ケルヴィンはゴーレム達を召喚して、新魔法を作り出し拘束を解いて、刹那の腹に一撃を打ち込んで、雅を簡単にやっつけて、菜々を動けなくし、刀哉を殴り飛ばして世界を変えたければ力を付けろとは優しいです。

刀哉が目を覚ますと誤解だった事が分かって、ケルヴィンを師匠と呼び勝者の権利で脱げとは説明不足で笑えました。

40代女性の感想

 

黒の召喚士【第7話】の口コミ・評判は?

▶『黒の召喚士』第8話の感想はこちら

【黒の召喚士】の関連記事

【黒の召喚士】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


 

【黒の召喚士】が無料視聴できる動画配信サービスと独占先行配信の情報はこちら。
早く楽しみたい方は配信で。

アニメ【黒の召喚士】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD)は?

 

【黒の召喚士】の関連サービス・グッズ

【動画配信サービスの登録はこちらがおすすめ】

【今なら初回初月無料で楽しめる♪】
dアニメストアの登録はこちら

dアニメストア


【マンガを読むならこちら】

会員登録無しですぐ読めます。

★Amebaマンガで『黒の召喚士』が試し読みできます!