オリエント淡路島激闘編 第16話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】ラストがヤバい

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アニメ『オリエント淡路島激闘編』第16話「軍神闘衣」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

オリエント淡路島激闘編第16話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『オリエント淡路島激闘編』の感想を最初から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

オリエント淡路島激闘編【第16話】のあらすじとネタバレ感想

avex pictures公式チャンネルより引用

オリエント淡路島激闘編【第16話】「軍神闘衣」のあらすじ

上杉連合に忍び込んだ敵の間者として、軍師・宇佐美黒子に捕らえられてしまった武蔵。処刑場で磔にされた武蔵の前に立ちはだかったのは島津秋弘だった。「お前は邪魔な障害物だ」――武蔵の首元に、秋弘の鬼鉄刀が迫る。その時突如、言葉を操る「鬼」の大群が処刑場を襲撃。彼女たちはみちるを「姉」と呼ぶのだった……。

TVアニメ「オリエント」公式サイトより引用

【Blu-ray】TV オリエント vol.4 アニメイト特典:A3布ポスター(全巻購入)※特典は無くなり次第終了

オリエント淡路島激闘編【第16話】のネタバレ感想

みちると武蔵が尊かった

前回の話の余韻がまだ残っていたのですが、本当にみちるが眩しくて、心が揺れました。みちるのポジションが本当に複雑で、だからこそみちるの相手が武蔵でよかったなと思いました。もう何もかも失い、朽ち果てそうになったみちるの全てを受け入れるともいえる武蔵が本当に主人公をしてまして、2人の関係がとても尊いと感じたのでした。本当に手をつなぐシーンが名シーンすぎて、今期でもトップクラスに心が揺れた場面だと思ったのでした。

本当にみちると武蔵の場面は、群を抜いて輝かしいオーラを感じてしまいます。よりみちるのポジションの複雑さと、そこからのより戻しのような状況になっていただけに、武蔵の立ち回りが本当に凄かったなと思いましたね。

かなり戦国な戦況とも言えるので、次々に状況が変化していくなと思いました。もう武蔵達の実力のスケールが飛び越えて大きくなったと思ったら、さらにそこから大きくなっていくものですから、武蔵達が戦闘面では見せ場がないのではとすら思ってしまうほどでした。ただ武蔵はやっぱり前述のような完璧な違う角度での見せ場があるので、印象的ではあるのでした。

上杉の力を見たといいますか、なんだか生物の根本的な節理のような状況をそれぞれの勢力が体現しているなと思いましたね。どちらも理にかなっているといいますか、それなのに真逆の考え方で、両者の正義がぶつかり合っているのだと思いました。やはりそうなってくると、頂点に立つ者同士の比較となると思ったのですが、そんな予想を超えてくる上杉の本質と、その立ち回りが驚きでしたね。本当に話が次々に進んでいくので目が離せないといいますか、更なる展開があって非常に驚いたのでした。

20代男性の感想

 

上杉家の戦い方は信頼の証?狙われた上杉家は黒曜の女神を守り切れるのか?!

犬田八咫郎が黒い影と喋っているのは怪しいけど、黒い影は仲間の犬川静六で犬飼四郎と二人で上杉武士団を叩くから八咫郎は女神奪還と計画しているのは怖いです。武蔵の前にみちるが現れて刀を振り下ろしたのはビックリしたけど、服まで用意して助けてくれたのは安心しました。島津秋弘が武蔵の首に刀を向けて戦に出たいと言うけど顔はしょぼくれているなんて可哀想だし、秋弘と一緒にいたのは腹違いの兄弟達でお家事情は複雑なようですね。

お姉ちゃん手伝いに来たと鬼のようなバケモノが来たのは怖かったけど、秋弘が冷静だったのは兄弟達を率いてきただけの事はありますね。襲って来たバケモノはみちるの兄弟で、みちるが武蔵に近づいた理由をバラしてしまってドキドキしたし、父親である八咫郎が現れてみちるからも本当の事を聞かされたのはショックですね。

兄弟達が早くやれとみちるを掴んで武蔵を攻撃すると、武蔵はみちるを庇って一緒に逃げようとするなんてキュンとしました。みちるが武蔵を庇って兄弟達に食われたのは怖かったけど、上杉武士団が来てくれて安心したし、宇佐美黒子がみちるの黒曜に止血してくれてビックリしました。宇佐美黒子は黒曜の女神を狙っていたのに、喋っている途中で仲良くしようと変な笑顔になったのは怖かったです。

バケモノが残り3体になると一番旧式の姉が犠牲になって兄弟達が食べるとパワーアップしたのはおぞましいですね。バケモノの数は増えるばかりで城下にまでは攻撃して、共食いも続けて強くなるし、みちるを裏切り者の不良品だから始末しろとは大混乱でドキドキしました。八咫郎が仲間を犠牲にするのは武士も同じだと言うと、宇佐美黒子は冷静に納得してビックリでした。

上杉竜臣が出て来て家臣の刀気を集めると黄色い鬼鉄刀で家臣の身体強化をするとは心強いですね。信頼関係があって刀気を連結させバケモノを縛り上げる事が出来るとは気分上がるし、バケモノを倒したのはスッキリしました。鬼は入って来られないはずと頭を悩ませていると、上杉竜臣の頭上から犬飼四郎が現れて刀を振り下ろしたのは衝撃でした。

40代女性の感想

オリエント淡路島激闘編【第16話】の口コミ・評判は?

 

▶『オリエント淡路島激闘編』第17話の感想はこちら

★Amebaマンガで『オリエント』が試し読みできます!

【オリエント淡路島激闘編】の関連記事

【オリエント淡路島激闘編】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


【オリエント淡路島激闘編】が無料視聴できる動画配信サービスと独占先行配信の情報はこちら。
早く楽しみたい方は配信で。

 

【今なら2週間無料で楽しめる♪】

Huluの登録はこちら

Hulu