ハコヅメ~交番女子の逆襲~【アニメのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク
この記事は約19分で読めます。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~ INTRODUCTION

「警察官なんて、もう辞めてやる!」

公務員試験を片っ端から受けて、合格したのは警察官だけ。
考えつく限り、最も浅い理由で警察官になった川合麻衣は後悔していた。
こんなに激務で嫌われ者だって知ってたら、絶対に警察官になんてなってない!

辞表を握りしめて、第二の人生を歩むことを決意する川合のもとに、新しい指導員としてやってきたのは、警察学校を主席で卒業し、”ミス・パーフェクト”の異名を持つ元刑事課のエース・藤 聖子。
後輩へのパワハラが過ぎて、刑事課から交番に異動してきたという藤の噂に怯える川合だったが、さっそくペアとしてパトロールに向かうことに・・・・・・。

 

新人警察官・川合と元刑事課のエース・藤の凸凹ペアを中心に、個性豊かで魅力的な警察官たちが巻き起こす笑って驚いて、ときどき涙しちゃうお仕事コメディが今、幕を開ける!
臨場せよ! これがリアル(?)で新しい交番女子の物語だ!

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

スポンサーリンク

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第5話】のあらすじと感想 痴漢おじさんが罪を認めない所が最低でした

第5話 「深夜のパトロール」「VS.チカン」

怠惰な勤務態度が目立つ川合に対し、藤は深夜の学校のパトロールを命じる。
そこには、学校荒らし犯を捕まえるために、張り込みをする源と山田が居て……!?
後日、痴漢の取り調べをすることになった山田は、被疑者の不遜な態度に不快感を覚える。
しかし、実力不足から被疑者の供述を引き出せない山田は、藤と源の力を借りることを願い出る。

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

ヒロイン川合が警察官のエリートと呼ばれる藤聖子とダックを組んで一緒に事件や事故を解決していく所が、かっこよかったです。
仕事が終わった後、二人が、一緒にお酒を飲んでいる所が、素敵でした。

藤聖子役を担当された人気声優石川由衣さんの声の演技がキャラクターと合っていて素晴らしかったです。

痴漢をした男性が警察に捕まったシーンで、藤達が写真を撮る所が笑いました。
でも、痴漢をしたおじさんが自分がやった事を認めない所が最低でした。。。

 

源が少年にコンビニで買ったアイスをあげる所がいい人に見えました。

川合が、夜に、学校の見回りをしている時、怯える顔が面白かったです。

牧高さんのヲタクな所が可愛かったです。

虐待の少女を助ける所も、かっこよかったです。

小学生にルールの話をする所も良かったです。

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第6話】のあらすじと感想 邪魔したら・・・!

第6話 「合コン狂騒曲」「暴走ポリス」

事件発生の無線を受け、我先にと公用車で駆け出す藤と源。
誤って源のクルマに乗り込んだ川合が、暴走する緊急車両の中で見たものとは!?
別の日、着飾った姿で居酒屋へと入店する川合と藤の姿があった。目的は、合コン。
“カタギ”と知り合える貴重なチャンスだが、隣の個室には、見慣れたコンビの姿があって……。

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

まず、最初の警察官の合コンですが、ドラマの「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でも同じ話があって、大体の話は一緒でした。

でも、最後の所だけ話が違って、そこが面白かったです。

また、途中で刑事の源や藤が嘘を言っていたりするのが、リアルで本当にそうなのではないかと思いました。

それから、次の警察官の交通事故については実際に警察官は緊急だとサイレンを鳴らして、スピードを出すので、事故が起こる確率も高いと思いました。

また、藤らが現場に一番早く行きたいのは自分が手柄を取りたいというのもあると思いました。

この話も実際にあるのではないかと思いました。

なぜなら警察車両が事故を起こすこともたまに聞くからです。

そうだとすると、警察の幹部の人たちはいつも胃が痛いと思います。

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第8話】のあらすじと感想 警察官はとにかく筋肉で大変そうです

第8話 「正義の暴走」「筋肉バカ」

川合の先輩の敷根は、後輩や女性警官に対する上から目線で周囲を辟易とさせていた。
臨時で敷根とペアを組むことになった川合は、市民に対しても高圧的な敷根の姿を目の当たりにする。
その態度がトラブルを引き起こしてしまう。
別の日、格闘技の技術や体力に自信が持てない川合がいた。
通報を受けて立ち会った痴話げんかの場で、興奮状態の女性を言葉で説得しようとするが!?

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

源を尊敬していて山田を若頭と呼ぶちょっと変わっているけど常識人に見えた敷根は女性差別や後輩を見下して顎で使うクズだったのは残念で笑えました。

川合が全身で嫌いオーラを出していて顔にもバッチリ現れているのは流石だけど、敷根がいかにも頭悪い若者みたいな話し方をして面白い。

聞いてる藤の顔が怒ったり笑顔になったり怖いです。

 

巡回で敷根は出会う人全員に免許証を出させるし、それが注意止まりの大した事じゃなくて川合が制服に魂乗っ取られていると言ったのはドンピシャですね。

 

ヤクザの若頭に声を掛けたてしまって焦ったけど煽りが的確とはよく言った!

敷根がビビって川合に頼るとか情けないので躾してもらえば良かったのに残念。

源と山田が助けに来てくれて安心したけど喧嘩になったのは楽しかったです。

 

藤が収めて敷根に言葉でボコボコにしたのはキツイですね。

態度は柔らかくなったけど反省していないのは残念感が取れなくて苦笑いです。

 

朝礼で格闘技の訓練は体を動かすので良いと思うけど川合が機動隊にいた副所長を筋肉バカだと思っていて軽口を叩くのはアホですね。

藤も褒めてるつもりがバカにしていて笑えます

川合はまた敷根と巡回だし似たタイプの職質大好き先輩と一緒で嫌がっている心の声が笑える。

全力疾走の二人に付いて行けなくて走る辛さが伝わってくるのはアスリートみたいでした。

 

川合は学校時代のトラウマで頑張れたのは可哀想だったけど興奮状態の女性と話をしようとして成長したように見えました。

だけど女性が凶器を持っていて驚いたし、取り押さえた副所長が格好良く見えました。

藤の偉大さが再認識されて良い先輩を持って良かったですね。

40代女性の感想

 

 

『川合、藤から離れる?また、離れる?』

このアニメの感想は、最初の「正義の暴走」は警察官の敷根とペアを組むことになった川合が敷根の威圧的な取り締まりに驚きだけでなく、そこまでしなくても良いのではないかと思ったと私は思いました。

また、敷根は女性の警察官を軽作業にした方が良いと思っているので、男女隔てなく、今までやってきた川合にとっては敷根は嫌な存在だと私は推測しました。

敷根がヤクザと同等に張り合ってしまったのも警察官が偉いと思っていたのではないかと私は思いました。

川合の先輩の藤らが助けに来たのはこういう結果になることをある程度は見通していたからだと思いました。

藤は女性警察官がこういうときに必要であることもわかっていたのでさすがだと思いました。

 

次の「筋肉バカ」は副署長の話の日々鍛錬がものすごく大事だったのですが、川合も私も聞いていませんでした。

副署長のやる朝礼は大事なことをやるのですが、それが部下にとってはつまらない物だと思えるのでしょう。

女性が彼氏ともめているときは副署長は何が優先なのか、判断し、すぐに対処するのが大事だと教えたかったのでしょう。

副署長の役にお笑い芸人のケンドーコバヤシさんがやっていたのが驚きましたが、さすが上手でした。

50代女性の感想

 

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第9話】のあらすじと感想 訓練も通報もテロ並に恐ろしい

第9話 「逮捕術」「UFO」

警察術科訓練は、警察官にとって最重要な仕事のひとつ。
激務で寝不足の川合や藤たちだったが、ボロボロの体に鞭打って、熊のように強靱な肉体を持つ副署長の訓練を受けることになり……。
警察官の宿命は、通報や指令に真摯であらねばならぬこと。
UFOの目撃情報に空を見上げていた川合と藤のコンビは、自殺予告の通報に振り回される。

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

道場で週一回の訓練を行っているのは大変そうですね。

思考力まで鈍るのは同情します。

後一年で退官という男性が悲壮感たっぷりでやりたくないと告げたのは可哀想でした。

 

藤が日本昔話風で川合と一緒に免除してもらおうと茶番劇を初めて勇気ありますね。

源も副所長を悪代官と見立てて寸劇を初めて訓練より仕事をさせろと訴えたのも面白い。

副所長も犯人は女だからとか体調悪いで判断しないと正論をぶつけて流石です。

副所長が絡まれた事が無いという所から一般署員とは違うという説得に納得し始めたのは笑えました。

だけど熊とゴリラを足した術科師範が来て駄目ならボコボコとか警察は大変ですね。

 

訓練が再開されると防具を付けた川合が藤にボコボコにされているのに夢見ていたとか笑えます。

暴漢役が副所長で源と山田と川合で制圧訓練とか恐怖ですね。

川合は泣いて逃げ出すし、山田はあっけなくやられるし、源は盾持ったバカとか言われて筋トレの刑とかやるならトコトンですね。

 

川合と藤が交番にいるとUFOの通報があって対処しろとは無情です。

今度はゴキブリが出たと女性からの110番でとんでも通報とは残念な人が多い世の中ですね。

 

自殺すると通報があったけど本気な奴は通報しないとはごもっともです。

源狙いのオバチャンに感じ悪く対応する藤にスカッとしました。

また自殺すると同じ坂本太郎から通報があって迷惑ですね。

連続の通報に本気でテロだと思うのは笑えますね。

そして忍者がいるという通報は認知症のお祖父ちゃんだったので心配ですね。

 

またまた坂本太郎が自殺すると通報があったけど真っ暗で呼び掛けても反応が無く川合は諦めるが藤はいつでも本気じゃないと駄目だなんて格好良いです。

今度は本当に首を吊っていて川合が動けなくなってしまったのは可哀想でした。

 

坂本は助かって良かったし母親も駆け付けて静かになるのは安心ですね。

源狙いのオバチャンが来署して来たのはストーカーみたいで怖いです。

 

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第10話】のあらすじと感想 交通課の宮原が言葉上手でスカッとします

第10話 「警察手帳」「トラウマ」

非番の署員まで集められた朝礼で、山田が発したひと言にその場が凍り付く。
「警察手帳をなくしました」。
警察の信用を落としかけない一大事に、町山署は色めき立つ。
そんななか、源を指名する入電が繰り返されていた。
別の日、高齢者事故のニュースがあった後で免許証の返納手続きをしたいという対応に追われる川合と藤。
思わず川合から漏れ出た呟きを、交通課で一番恐いと言われている宮原に聞かれてしまい……。

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

署員全員が集められた会議室は理由が分からないから和やかな雰囲気だったのに山田が警察手帳を失くしたと言った瞬間の皆の顔が笑えました。

気にする所が名前の頭に警察手帳を失くした人と付けられて呼ばれるとは納得です。

下手すると刑事をさせてもらえなくなるのは厳しいですね。

山田が失くした日の行動を説明すると源への指名電話が複数あった話は不要とツッコミ入れられて面白かった。

その後も源指名の現場ばかりで交通課の宮原に地産池消と揶揄されて上手いと思いました。

 

北条が庇ってくれたけど普段は役に立たないけどたまにある物騒な事件に丁度良いとは酷い。

交通課の宮原から鉄砲玉発言は本当に上手いですね。

山田はいつも警察手帳を首から下げていたのは刑事に見えないからとは切ない。

休日出勤の人達はボランティア扱いとは悲しい。

更にガラの悪い顔の刑事は通報されるかもとはご苦労さまですね。

 

源を指名するオバチャンの家に行くと藤が口悪く反撃してスカッとします。

オバチャンの異変を感じて掌返しした藤の演技力は凄い。

山田の手帳を拾っていてくれて意外に良い人で感動しました。

高齢者の免許返納手続きは落ち着いた仕事で和んだけど、交通課の愚痴を宮原に聞かれ川合がやってしまって焦りました。

 

交通事故で赤ん坊が車に轢かれた姿を見て川合がショックを受けて珍しく落ち込んでしまったのは胸が痛みました。

切符を切っている時も本気で怒って気持ち悪くなって重症なのは可哀想でした。

宮原がわざわざ交番に寄って川合を励ましてくれたのは良い人ですね。

弱音を吐いていた川合には泣けたけど元気になって所長が楽しみにしていたカップ麺を食べていて安心しました。

 

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第11話】のあらすじと感想 警察官は休むのも過酷だけど川合の似顔絵に癒やされました。

第11話 「大麻と似顔絵」「似顔絵狂騒録」

女子高生暴行未遂の目撃者であるという男子高校生が来署する。
犯人逮捕の手がかりとなる似顔絵を描く捜査官として源に指名されたのは牧高と川合だった。
目撃者の高校生の話を元に、似顔絵を作成していく川合と牧高。
川合の特徴ありすぎる画風で高校生を困惑させつつもなんとか似顔絵は完成したが、川合は高校生の証言のある部分に違和感を覚える。

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

ロッカー室で着替えをしている川合が何も食べてなくて疲れ切っていると遭難気分とは上手いこと言いますね。

このままだと行き倒れるのも笑えたけど過酷なお仕事にご苦労さまと言いたいです。

仮眠室に女子二人が寝ているのを同衾と言ってしまう川合が可愛いですね。

真実は二段ベッドが壊れていてまともに機能していないとは悲しいです。

3人川の字で寝るのにタクシーと同じ配置とは例えが面白い。

拒絶反応を見せた川合が仕方なく寝ると臭いと言い出して次から次へと問題が尽きなくてゆっくり出来ないですね。

 

牧高から大麻臭がするのは犯罪者みたいで可哀想でした。

川合はぐっすりと眠れたようで慣れとは恐ろしいですね。

事件の目撃者が来てくれるのは珍しいとは世知辛い世の中です。

女子高生が襲われている所に声を掛けた男子高校生は偉いですね。

源のおばさんキラートークで付添の母親は簡単に協力してもらえたけど男子高校生の証言が怪しいとはモヤモヤします。

 

似顔絵担当の牧高が大麻臭くて男子高校生と二人にできないのは笑えました。

代打の川合の絵が全署員爆笑にするほどの腕前なのはワクワクしました。

似顔絵のマニュアルの起源を知っているのは凄いけど300年誰も作らなかった事にツッコミ入れた川合に拍手ですね。

 

女子高生は襲われた後に警察に駆け込んで来たのは可愛そうでした。

その緊張感をぶち破るように独特な似顔絵を描き始めた川合が自由で面白い。

男子高校生の方が焦って人間に近づけてとは笑えました。

似顔絵と男子高校生の話から川合が特徴を掴んで藤と山田が気づいたのはお手柄です。

彼女を用意して再現検分とは何が始まるのか楽しみです。

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第12話】のあらすじと感想 強面捜査員達よりも好々爺に見える偉い人の方がラスボスだった!

第12話 「再現人形」「捜査一課」

川合の描いた似顔絵から、女子高生を狙うわいせつ事件の犯人として、性犯罪の前科を持つ安田大二郎が浮上した。
合同特別捜査本部に引き上げられた川合は、防犯カメラの精査を担当するが、とある理由から目から涙が止まらなくなっていた。
同時に、心を閉ざした被害者の聞き取りにあたる牧高や、捜査対象者の張り込みを行う藤と源ら捜査員が、犯人の包囲網を狭めていく。
TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

実況見分に使う人形を川合が怖いと言ったのは軽いですね。

源と山田の絡みを全力で否定するのは笑えた。

山田がちゃんと説明してくれるのは普段と違って格好良かったです。

男子高校生が詳しく証言してくれるけど思い出すのは大変そう。

女子高生と証言に食い違いがあって牧高が焦っていて緊張しました。

 

源と藤が調書の仕方について喧嘩を始めたのは怖かった。

原因の牧高はいたたまれないだろうし川合には何も出来ないだろうしハラハラです。

山田が人形のブラが壊れたと来てくれて助かりましたね。

藤が無いと楽だと言って山田ツッコミ入れたのは笑えました。

山田は犯人役が多くて嫌な気分になるのは可愛そうでした。

自分に出来る事をやるなんて格好良い。

ソーイングセットを借りて直すのはちょっと違和感ありますね。

藤はちゃっかり非番で出てきて文句言われたと報告するなんて流石です。

源が顔を青くしているのはちょっとスカッとしましたね。

 

特捜が立ち上がって怖い顔のオジサマ達が勢揃いするのは気分上がりました。

指揮している刑事は口が悪くて迫力あって怖いけど淡々と進行していくので笑えます。

川合は防犯カメラチェック担当で強面刑事と絡まなくて良かったと張り切っているけど長時間画面を見てドライアイとか精神不安とかでボロボロになって大変な仕事で笑えました。

捜査会議で成果が出ない事を怒られるのは理不尽だけどお爺ちゃんに見える偉い人が解決するまで解散しないと追い打ちを掛けて地獄かと思いましたね。

容疑者と思われる男が動き出したので藤と源が尾行を開始したので証拠を掴んで欲しいですね。

40代女性の感想

 

 

『山田、性犯罪事件の被疑者役に!性犯罪事件の捜査の難しさは?』

このアニメの感想はまず、再現人形が性犯罪用に使われているのが驚きました。

確かに女性警察官が被害者役をやるのはセクハラなどと問題になりそうだからです。

また、その人形がブラジャーをしていたりして、リアルに作られているのも意外でした。

マネキンでも下着のモデル以外はしていないのではないかと思いました。

 

次に性犯罪事件に特別捜査が行われるのは二度とあってはいけないのと、中高生の安全を守ることが警察官には大切で、24時間の張り込みや防犯カメラを見たりとか、かなり大変な捜査が行われていて、こういう地道な捜査で事件を解決に結びつくのに頭が下がります。

だから、最初に被害者に会った牧高は自分がもう少し聞いておけば良かったと自責の念に駆られ、先輩の源も後輩に対しては厳しいのかもしれません。

3番目に被害者の聞き込みが一番難しいのが納得出来ました。

被害者はもう二度と思い出したくないだろうし、でも警察官としては聞いておきたいことが次から次へとアルだろうし、ここは信頼関係を気づけないと聞けないと思いました。

最後に今回は途中で終わりましたが、ドラマの「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」を先に見ているので、ドラマとの違いも認識しながら見ることができました。

50代女性の感想

 

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【第13話(最終話)】のあらすじと感想 川合の本音と成長が笑える!犯人を逮捕するのは大変です!

第13話 「勝負は一瞬」「コマよ走れ」

安田大二郎の尾行を開始した藤と源。
一方、本部の無線で捜査の進展を知った川合は、上司の目を盗み、山田と牧高とともに刑事課の車両に乗り込んだ。
日ごろからの藤の指導を思い出し、川合は犯人が出没しそうな場所の目星を付ける。
ついに迫る犯人との接触。
そのとき、川合を突き動かす警察官としての原動力とは!?

TVアニメ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」公式サイトより引用

 

事件捜査に取り組んで来た川合が最後まで解決したいと思うようになったのは成長しましたね。

牧高も自分のケツは自分で拭く根性で捜査車両を勝手に使うとか悪い子です。

山田も一緒に3人で抜けて上司が気づかないのは良い事だけど、川合が山田にプロの平刑事と発言したのは笑えました。

 

犯人は女子高生狙いで前もって目星を付けているとか気持ち悪い。

川合が塾の終わる時間を知っていたのは交番勤務の成果が出ているようで素晴らしいです。

親が迎えに来ない犯人好みの女子高生が狙われていると思うと可愛そう。

本人の知らない所で3人の刑事が見守っているのは心強いですね。

川合が尾行できるのかと不安だったけど丸腰でスマホも使えなくてメッチャ走っていて上手くできているのは感動します。

 

犯人が現れて牧高が女子高生の安全確保をして良かったけど出て行くタイミングとか、山田が犯人確保のタイミングに迷っていてドキドキしました。

川合が一人で体が大きくてナイフを持った犯人を追ってしまってハラハラしました。

刑事としての誇りが芽生えたのかと思ったら強面刑事達に怒られたくないとは笑えました。

追いかけながら色々な事を考えて浮き沈みが激しいのは笑えました。

偉い人達が笑顔で嫌味を言うのは本当に恐いですね。

 

源が後ろから走って来て追い抜いたのは格好良かったのに藤が捕まえちゃったとは笑える。

源が犯人を路地に連れ込んで殴っていたのはスッキリだけど警察官としてはダメなヤツだから見なかった事にしなきゃいけないのに気分は良いですね。

 

特捜に挨拶に来た川合が強面美術館と揶揄したのは上手いですね。

被害者の女性が恐がらないように隠れていたとは優しい気遣いですね。

被害者の女の子も犯人が捕まって久しぶりに眠れたし外に出たとは泣けました。

牧高は忙しそうにしているけど女子高生からの手紙を見て嬉しそうだし、川合は走り込みが足りないとやっぱり言われてしまうけどカップ麺の肉を貰って豪華だと喜んでいたのでこれからの交番勤務も見てみたいです。

40代女性の感想

 

 

『性犯罪事件の犯人は安田なのか?川合が藤から言われていることは?』

このアニメの感想はまず、性犯罪事件の容疑者が警察官の牧高の聞き込みで安田に絞れたのが、次の事件を追うことができてよかったです。

それに主人公の川合が先輩の藤から教えてもらう、交番管内の色々な場所の把握をしておくことが役に立ったと思いました。

次に川合が刃物を持っている安田をとっさに追いかけたのはやはり藤らに安田を逃がしたのは川合のせいと言われたくない意地もあったと思いました。

川合はいつも走るときに文句を言いながら走っているのですが、この日の川合は文句を一回も言いませんでした。

そこが真剣勝負だったと思います。

 

3番目に牧高と被害のあった少女の会話が事件をやっと終えることができた安心感と少女からのお礼の手紙も心がこもっていて良かったです。

牧高の役をやっていた花澤花菜さんが最後に活躍したのはやはり花澤さんが人気声優だからと次のアニメの「鬼滅の刃」の甘露寺密璃の役をやるからだろうかと思いました。

最後に今回が最終回でしたが、ドラマの「ハコヅメ!~たたかう!交番女子~」と違い、川合が主役になっていて、川合の目線で警察の様子や警察官の仕事などが描かれていてよかったです。

そのため、女性警察官しかできないことを最後に挙げていたのだと思います。

50代女性の感想

 

 

 

ここまで感想をご覧いただきありがとうございました。

アニメ『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』は動画配信サービスのお試し期間を使えば全て無料で見ることができます。無料期間中の解約もできますよ(^^)♪

おすすめ2社の無料登録はこちらからできます。
どちらもアニメ配信数が最大級のサービスです。


\31日間お試し無料/

 

『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』を配信している動画見放題サービスはこちらから確認できます。

>>2022年冬アニメ見放題配信サービスの配信状況一覧

 

他のアニメにも興味があればこちらもどうぞ。

>>2022年冬アニメの感想一覧