本ページはプロモーションが含まれています。
PR

神無き世界のカミサマ活動 第9話のネタバレ感想【ロイがイタズラしようとして返り討ちに遭う】

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

アニメ『神無き世界のカミサマ活動』第9話のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴前後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

神無き世界のカミサマ活動第9話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

▶『神無き世界のカミサマ活動』第8話の感想はこちら【恋愛感情と生殖能力を持たずに生まれてくる】

 

\感想を第1話から読む方はこちら/

感想を初めから見る

スポンサーリンク
※当サイトの内容を引用リンク無しで無断転載するのはお控え願います。Twitter感想キャンペーンなどで無断転載されているのを確認しております。

神無き世界のカミサマ活動【第9話】のあらすじとネタバレ感想

KADOKAWAanimeチャンネルより引用

神無き世界のカミサマ活動【第9話】「カケマクモカシコキ ミタマノオホミカミノ ナホヒココロニ ツミケガレアヤマチアラシメズ ヨロズノモノゝタグヒナリイデンカンタカラハ イハユル オキツカゞミヘツカゞミヤツカノツルギイクタママカルガヘシノタマタルタマミチカヘシノタマオロチノヒレハチノヒレクサグサモノゝヒレトイフ ミタマノミコト キコシメセト カシコミカシコミマヲス」のあらすじ

ダキニ教団の信者を取り込むことに成功した征人たち、だが、自分たちのカクリへと戻ると、そこは外獣によって破壊され、無残な姿となっていた。さらに外獣を操るアルコーン「ガイア」と名乗る幼女が現れ……!?

TVアニメ「神無き世界のカミサマ活動」公式サイトより引用

神無き世界のカミサマ活動【第9話】のネタバレ感想

ダキニの信者はゲット出来た?外獣を操るアルコーンがやって来たけど様子がおかしい?!

征人はダキニに自分の信者達にミタマを神として信仰し従うようにと命令すると、従わなければ始末するとは容赦ないです。

ダキニは牢屋に入れられたけど、リシュが母親の為にダキニが行動していたと知って征人を説得すると言い、征人と犬呼ばわりする羞恥プレーをしたのは笑えました。

ダキニはリシュと世代を超えたエロの絆で繋がっているとは意味不明だけど、2人で盛り上がっていたのは楽しそうでした。

 

ダキニの信者を取り込む為の演技と良いながらリシュがノリノリで征人を調教して、アルラルとシルリルまで参加したのは好き者ですね。

ダキニはリシュの為に茶番に乗ってくれて、リシュがミタマを神として崇めているからミタマの信者数が1万人を超えてウハウハですね。

 

外獣が出てミタマが倒そうとすると、アータルが倒して信者数を自慢し、複数の外獣に襲われたけどミタマのおかげで危機一髪乗り切ったと誇らしげで、張り合っているのは笑えました。

征人達が村に戻るとメチャクチャになっていて、元に戻すのを嫌がるミタマを皆で持ち上げたのはチョロいです。

ロイが女の子を抱えて外獣から逃げて来たけど、ロイがイタズラしようとして返り討ちに遭い、アータルが近づくとキスされたのはビックリでした。

 

女の子は外獣を操るアルコーンのガイアで、征人は危険だから殺すとは恐ろしいけど、ガイアの信者数は2人とはビックリです。

ガイアは信者数が少なくて外獣を制御できず村が襲われたのは事故とは残念だけど、目的はアルコーン同士の戦いを始めたロキを潰す事とは意外でした。

 

征人達が皇都へ行ってみると巨大な壁が出来ていて、ガイアが作り出した土の鳥が壁を越えようとすると攻撃されたのは怖かったです。

壁の向こうから黒騎士となったベルトランが久しぶりに登場したのは嬉しかったけど、弱気なのは相変わらずで殺してくれと叫ぶのは笑えました。

 

ロキが気配もなく征人に近づいたのは怖かったし、信者数が百万人を超えていてビックリなのに、征人が余裕なのはドキドキしました。

ロキは皇帝に成り代わり皇都の民を信者にしていて焦るけど、征人はプロデューサーになって次世代の歌姫である神様系アイドルミタマちゃんを作ったのは笑えました。

40代女性の感想

 

神無き世界のカミサマ活動【第9話】の口コミ・評判は?

 

▶『神無き世界のカミサマ活動』第10話の感想はこちら【ベルトランが操られて征人を襲う】

 

スポンサーリンク

【神無き世界のカミサマ活動】の関連情報

【神無き世界のカミサマ活動】の感想一覧

\感想一覧ページはこちらから/

感想一覧はこちら

 

【神無き世界のカミサマ活動】の原作漫画

Amebaマンガで『神無き世界のカミサマ活動』が試し読みできます!

会員登録無しですぐ読めます。