忍の一時 第9話のネタバレ感想【頑張って抵抗したのに刺してしまった】

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

アニメ『忍の一時』第9話「暁が照らすもの」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴前後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

忍の一時第9話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

▶『忍の一時』第8話の感想はこちら

▶『忍の一時』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク
※当サイトの内容を引用リンク無しで無断転載するのはお控え願います。Twitter感想キャンペーンなどで無断転載されているのを確認しております。

忍の一時【第9話】のあらすじとネタバレ感想

DMM picturesより引用

忍の一時【第9話】「暁が照らすもの」のあらすじ

伊賀の里に甲賀が攻めてくる。機械忍者『アスラ』を大量投入し、圧倒的な数で伊賀をねじ伏せようとする甲賀。劣勢の伊賀だが、一時が起死回生の策を閃く。一方、弓香の救助に向かった時貞と紅雪は…。

オリジナルアニメーション「忍の一時」公式サイトより引用

忍の一時【第9話】のネタバレ感想

裏切り者は存在する?頭首代行として戦う一時にあの男が悲劇をもたらす?!

伊賀の里では機械忍者を動員して攻めて来る甲賀が数で圧倒していて、一時が焦っているのは心配です。

時貞と紅雪は弓香を救出したまでは良かったけど、唐獅子が立ちはだかり生死は問わないから時貞を無力化しろとはクズですね。

涼子が機械忍者を一体持って来て欲しいとお願いすると、ツネお婆さんが持って来てくれるし、仲間を助けて格好良かったです。

 

機械忍者の弱点がエネルギーだと分かって、相手を倒さず立ち去ったのはエネルギーが切れるからだったとはラッキーでしたね。

エネルギー問題を解決しようと伊賀の里の秘伝ニンカクを狙っている事が分かったけど、甲賀の手に渡ったら戦乱の世に舞い戻りそうですね。

涼子が機械人形の充電システムが何処かにあるはずだと助言して、柘植が予測地点を割り出すけど人手が足りないのは悔しいです。

一時が自ら行くと言い出し止められたけど頭首代行だと力強く言い放ったのは格好良かったし、涼子が機械忍者を作ったのは父だけど戦争の道具として使われている事に怒って一緒に行きたいとは強いですね。

 

上月達が五所川原を遺体焼却場で見つけ、唐獅子を殺人容疑で拘束したのはホッとしたし、上月が時貞を見逃してくれたのはありがたいですね。

一時と涼子が機械忍者の拠点を見つけて見つかったら危険だけど、涼子の技術で機械忍者を一時的に機能停止させられるとは凄いです。

突撃した一時と涼子が捕まった時はダメかと思ったけど、機械忍者の一人が味方してくれて見事に爆破させたのはスッキリしました。

 

機械忍者だと思ったのは輝麗で、敵を欺くには味方からとは本当に一時の味方になってくれたのは嬉しかったです。

甲賀が撤退して、唐獅子が留置所に入ったけど往生際が悪く両手を組んで目を赤くしたのは怪しかったです。

伊賀の里に戻った紅雪の目が赤く光らせて苦しみ出したのはビックリしたし、唐獅子に操られて頑張って抵抗したのに弓香を刺してしまったのはショックでした。

一時が駆け付けて母親を抱きしめながら泣いていたのは悲しいし、取り押さえられた紅雪も泣いていて可哀想だったし、唐獅子に操られたと証明して皆の誤解を解いて欲しいです。

40代女性の感想

 

忍の一時【第9話】の口コミ・評判は?

 

▶『忍の一時』第10話の感想はこちら

【忍の一時】の関連記事

【忍の一時】の感想一覧

【忍の一時】の感想一覧ページはこちらから。

感想一覧はこちら