忍の一時 第3話のネタバレ感想【忍者三原則はバレなきゃOK】

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

アニメ『忍の一時』第3話「合縁奇縁」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

忍の一時第3話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

▶『忍の一時』第2話の感想はこちら

▶『忍の一時』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク
※当サイトの内容を引用リンク無しで無断転載するのはお控え願います。Twitter感想キャンペーンなどで無断転載されているのを確認しております。

忍の一時【第3話】のあらすじとネタバレ感想

DMM picturesより引用

忍の一時【第3話】「合縁奇縁」のあらすじ

忍術学園に入学した一時。そこで明るく親切な輝麗、美人でお淑やかな涼子と出会い、学園生活に希望を持ち始める。だが学園には甲賀を頂点とするカーストがあり、甲賀のエリート忍者、朱雀に目をつけられてしまう…。

オリジナルアニメーション「忍の一時」公式サイトより引用

忍の一時【第3話】のネタバレ感想

忍術学園へいざ出発!実践訓練は初めての事ばかりでトラブル発生にドキドキ?!

一時の卒業式になって友達に東京へ行くと伝えると、直ぐ会えるだろうと言われたのは今生の別れかも知れないと思うと悲しかったです。

一時が東京へ向かうと旧美術館植物園駅という廃墟みたいな所から電車に乗って怪しいし、地下を3時間くらい走ると地上に出た頃には海の上を走っていて島国に到着したのはワクワクしました。

電車を降りた一時は目が合った鈴ノ音涼子と挨拶して舞い上がってしまい、紅雪から足蹴にされるし、はぐれてしまって笑えます。

 

甲賀の男子生徒に絡まれそうになったのを黄瀬川輝麗が助けてくれたけど、一時が伊賀だと知ると平然とボロクソに言って笑えました。

甲賀に目を付けられないように学食も質素な物にしなければいけないのは可哀想だし、伴朱雀から伊賀が甲賀の元頭首を殺したと聞かされたのは衝撃でしたね。

寮をお化け屋敷と言ったのは笑えるし、男女同じ寮だし、紅雪がノックも無しに入ってくるけど朱雀が言っている事は気にするなとは優しいです。

 

実践訓練が始まったけど一時は高等部からなので忍具の使い方も分からず紅雪も助けてくれなくて可哀想だったけど、天守閣にいる学園長が饅頭を食べて待っているとは笑えました。

一時は忍装が使えなくて動けないでいると涼子が助けてくれてありがたいけど、忍装について熱く語って止まらないのは面白い子です。

体が軽くなって素早く動けるようになったのは良かったけど、涼子の語りが続いて課題は大丈夫なのか心配になりました。

 

輝麗が甲賀の高嶺達に饅頭を奪われて怪我をしたのは悔しいけど、一時が取り返したのでスッキリしました。

忍者はバレなきゃOKとは厳しいし、学園長が見ていたのに高嶺達を見過ごすとは学園も危ない所ですね。

饅頭は一つ残っていたのに学園長が説教をしながら一時の眼の前で食べてしまったのは笑えるし、学食では高嶺達が自らぼっちにしてやったと言ったのは素直でしたね。

一時は気にしないと味噌ラーメンを食べるのかと思ったら結局は忍めしにして紅雪と戯れ合うのは微笑ましいし、涼子と輝麗も相席してモテモテなのは甲賀に勝ちましたね。

 

時貞がたばこ屋のおばちゃんに生きてるかとは失礼だけど、甲賀に潜入せよとの司令にはドキドキしました。

40代女性の感想

 

忍の一時【第3話】の口コミ・評判は?

 

▶『忍の一時』第4話の感想はこちら

【忍の一時】の関連記事

【忍の一時】の感想一覧

【忍の一時】の感想一覧ページはこちらから。

感想一覧はこちら