シャドーハウス 2期 第10話のネタバレ感想【衣装交換は一体化後の姿という見方もできる】

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アニメ『シャドーハウス-2nd Season-』第10話「仲間の価値」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

シャドーハウス 2期 第10話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『シャドーハウス-2nd Season-』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

シャドーハウス-2nd Season-【第10話】のあらすじとネタバレ感想

アニプレックス YouTube チャンネルより引用

シャドーハウス-2nd Season-【第10話】「仲間の価値」のあらすじ

大量のこびりつきと亡霊を操るマリ―ローズに敵わず、館から逃げ出したケイトとジョン。巧みな作戦により徐々に追いつめられる彼女たちだったが、逆転の秘策を思いつく。

TVアニメ「シャドーハウス」-2nd Season- 公式サイトより引用

シャドーハウス-2nd Season-【第10話】のネタバレ感想

秘密兵器はパン?マリーローズとローズマリーからケイトとジョンは逃げられるのか?!

マリーローズとローズマリーの意志は固く、自分達の最後は自分達で決めるとは格好良かったです。

ケイトとジョンは逃げ出す事が出来たと思ったのに、こびりつきが数を増やして追って来てハラハラするし、ジョンがお腹を鳴らしたのは笑ったけどすす能力を使ったせいだとは納得しました。

エミリコとショーンはすす病になったフリをしていただけとは安心したけど、目が痛いのは可哀想でした。

マリーローズはすすの扱いが上手くエミリコ達がすす病になっても軽症で済むようにと調整が出来るなんて優しいです。

 

ジョンがショーンの心配した通りになっていて主人を理解しているのは心温かくなるし、夕飯をおかわりしてもらえばとは笑えます。

エミリコがケイトには秘密兵器があると言うので期待するとパンだったのはビックリだけど、体験談だったとは笑えるし、ジョンがケイトからの初めてのプレゼントだからだと宝物にしようとしてキュンとしました。

ジョンが元気になって調子に乗って大声だしてヒヤヒヤしたし、水路まで辿り着けたけどこびりつきが来てしまってジョンがダメな作戦ばかり思いつくのは笑えました。

ケイトが悩んでいるとジョンに頭を冷やせと言われて水路に飛び込んでしまったのはビックリしました。

 

エミリコとショーンはケイトとジョンの後を追って水路まで来るとパンが置いてあって二人が水路に入った事が分かり、エミリコが靴から地図を取り出したのはスパイみたいですね。

エミリコはケイトが風邪を引かないか心配していて、ショーンはそっちかと温かく見守っていて和みました。

いつの間にかケイトとジョンがエミリコとショーンに入れ替わっていたのは驚いたし、ジョンパンチでマリーローズとローズマリーを捕える事が出来てホッとしました。

ジョンが噴水の中で力尽きているしショーンに膝枕されていて笑えるけど、大活躍して見直したのにお腹を鳴らすとはやっぱりジョンでしたね。

マリーローズを星つきに差し出すのは気が引けるけど、ケイトが犯人にされると迷っていたらマリーローズが自分の罪を認めたのは切なかったです。

40代女性の感想

 

シャドーハウス-2nd Season-【第10話】の口コミ・評判は?

 

『シャドーハウス-2nd Season-』第11話の感想はこちら

【シャドーハウス-2nd Season-】の関連記事

【シャドーハウス-2nd Season-】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事

 


【シャドーハウス-2nd Season-】が無料視聴できる動画配信サービスと見放題先行配信の情報はこちら。

アニメ【シャドーハウス-2nd Season-】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD)は?

 

【シャドーハウス】の関連サービス・グッズ

【動画配信サービスの登録はこちらがおすすめ】

【今なら30日間無料体験可能♪】

Amazon Prime Videoの登録はこちら

Amazon Prime Video


 

【特典付きブルーレイの情報はこちら】

【Blu-ray】TV シャドーハウス 2nd Season 1 完全生産限定版

アニメイト特典(全巻購入):こびりつき缶マグネット2個セット・アニメ描き下ろしB2マルチクロス(ルウ&ルイーズ)※特典は無くなり次第終了。


 

【マンガを読むならこちら】
会員登録無しですぐ読めます。

★Amebaマンガで『シャドーハウス』が試し読みできます!