シャドーハウス-2nd Season- 第1話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】ケイト様は相変わらずすぐに頭から煤を出す

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

アニメ『シャドーハウス-2nd Season-第1話「新成人たち」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

シャドーハウス-2nd Season-第1話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

シャドーハウス-2nd Season-【第1話】のあらすじとネタバレ感想

アニプレックス YouTube チャンネルより引用

 

シャドーハウス-2nd Season-【第1話】「新成人たち」のあらすじ

エドワードがエミリコを攫った事件からしばらくしたある日。
夜中に星つきに呼び出された生き人形たちは、バービーからローブをまとった怪しい影が大広間に現れたという話を聞かされる。真っ先にバービーから疑われたエミリコは経緯をケイトに話すことに。

TVアニメ「シャドーハウス」-2nd Season- 公式サイトより引用

 

シャドーハウス-2nd Season-【第1話】のネタバレ感想

謎のローブ様が出現?成人した子供達の新しい生活が始まったけどケイトの計画は上手くいくのか?!

バーバラとバービーはこどもたちの棟の廊下と玄関の扉が開いている事に不信を持ち捜索していると、こびりつきがいてバービーが戦うけど予想以上の量がいて怖かったです。星付きのバービーは生き人形達を集めてローブを着た侵入者があったが何か知らないかと問い、何かあったら報告するようにと言うけど怠ると厳罰とは厳しいですね。バービーはエミリコをお花畑と呼んで、今回の事件もエミリコが絡んでいると疑って敵意剥き出しなのは恐いですね。

エミリコがケイトにローブ様の話をするとエドワードが諦めていないのかと心配して、夜中に呼び出しておいてエミリコに酷い事を言ったとすすを出したのは嬉しいですね。マリーローズから成人した子供達は教育を受けるけど、生き人形とダンスを踊りながら説明するのは笑えました。それぞれの部屋で滞在時間を記さなくてはならず、あまり少ないと成長する気が無いとみなされ一人にしないための策だとは賢いですね。

ケイトはジョンとパトリックと話がしたいけど態度が余所余所しいし、監視するように顔の見えない人形達もいて緊張します。ジョンがケイトに婚姻の話をして来てパトリックやルイーズも話に入って来たのは前と同じで安心しました。星付きのシャドーであるスザンナが現れて特別授業をすると皆を撫で回し、ジョンが赤子じゃないと怒ったのは笑えました。

修練の場は生き人形達と別にされ他の者に内緒にするとは怪しいけど、おじい様が言ったからと言う理由だけなのは恐いです。ジョンはスザンナの説明を聞いてテンションを上げたけど説明文を見ると寝てしまうとは笑えます。スザンナはジョンに実践だと壁を壊すように言うと出来なくて場が和んだし、ケイトは遠隔操作の能力が使えてジョンに手紙を渡す事が出来たのは嬉しかったです。スザンナにバレて中身を見られたけどスザンナの能力を見抜くためだったと誤魔化せたのは安心しました。

エミリコはルウに話しかけるけど洗脳されていたのは残念、ショーンは大丈夫なようで安心しました。バービーがバーバラを連れて入って来たけど、バーバラが苦しそうにすすを出していたのは心配です。膝を抱えて座っているバーバラにバービーが笑顔でバーバラの顔になった時は別人のようでビックリしました。

40代女性の感想

 

すすに関してとても気になった

シャドーハウスの本質が明らかになったということで、二期ではその真相に迫りそうな予感がします。まずはということで、すす能力についてより綿密になった気がしましたね。シャドーには固有のすす能力があるというのはかなりこれからの展開を面白いものにするなと思います。シャドーハウスに住み着く黒いすすへの対処も、このすす能力の熟知があるからこそ、より効率的に行えるのだと思います。

やっぱりシャドーの中でもケイトはひと際分析力に長けているなと思ってしまいますね。物事を俯瞰的に見れるといいますか、だからこそ物事の本質に気付きやすいのだと思います。しかしシャドーハウスにいる限り、基本的には生き人形含めてシャドーにも余計なことは考えて欲しくないと思いますね。なので結構ケイトの特性は目の敵にされやすそうな予感がします。ケイトの今後がどうなるか気になるところです。

しかしやはり質が悪いといいますか、すすが混じったようなあの黒い目は何回見ても酷いなと思いますね。思想を染め上げるといいますか、まさにシャドーハウスにとって理想的な存在を作り上げるのには最高の手だと思いました。しかしすすの目を解除したエミリコ達にとっては本当に違和感が凄そうで見ていて可哀そうでしたね。せっかく絆が深まっていたのに、あれでは本当に初期の頃に戻ってしまったかのようです。

とはいえシャドーハウス内で下手なことをすれば、まず無事では済まないと思うので、本当に難しいところですね。エミリコ達はシャドーハウスの方針に乗りながらこのまま過ごしていくのか、今後の展開が非常に気になるところでした。久しぶりのあのすすの不気味さを堪能出来て、スリルを感じれて良かったです。

20代男性の感想

 

真夜中に現れた「ローブ様」?こどもたちの隠し持つすすの秘密とは?

テレビアニメ「シャドーハウス」の2nd seasonが始まりました。前回はケイトがシャドーハウスの秘密に迫ろうとしたところで、エミリコが攫われてしまい、助け出したところで終わってしまっため、続きが早く見たい!と2期を待ち望んでいました。1話では「新成人たち」ということで、お披露目を終えたケイト達の新成人としての生活がスタートした様子が描かれています。

物語は、こどもたちの棟のリーダーである星つき、バーバラとその生き人形バービーが、夜の見回り中に、何者かが侵入した痕跡を見つけるところから始まります。すぐさまバービーは生き人形達を呼び出し、そのローブを被った何者かについて情報提供を求めます。バービーは、前回のエドワードの件もあり、今回もエミリコが関与しているのではと疑いますが、それを聞いたケイトは激怒。頭のてっぺんからすすを立ち上らせます。怒っていてもどこか可愛らしいですね。

エミリコは「ローブ様」などと名前を付け、能天気な様子。その何者かはお陰様かもしれないから、「様」を付けるとのこと。想像力豊かで、心の優しいエミリコらしいですね。ケイトは以前、自分が反乱を企てていることをエドワードに知られたので、今回は慎重に動こうと考え、洗脳が解けていそうなジョンに協力を得るべく、ジョンのシャドーであるショーンに手紙を渡す方法を画策。

転機はすぐに訪れます。それは、星つきに呼び出された「訓練の間」でのこと。ケイトはすすを使って上手くショーンのポケットに手紙を入れることに成功します。しかし、さすがの星つき、ケイトの動きはバレてしまいます。賢いケイトはすかさず機転をきかせ、その場をしのぎます。口数少なく、いつもエミリコのことや周りをよく見ていて、頭が回るケイトには、いつも感心させられますね。

すると、訓練の間に突然、すすを嵐のように巻き上げ稲妻を走らせるバーバラとそれを支えながらバービーがやってきました。星つきに誘導されるまま訓練の間を後にするケイト達は呆気に取られてしまいます。いつも偉そうにしているバーバラとバービーですが、彼女達なりに苦労している事情がありそうです。

シャドーハウスでは、すすをたくさん出せることも高く評価されるようですが、バーバラのようにすすをコントロールできず苦しむシャドーもいるとは・・・。シャドー達の「すす能力」にもまだまだ秘密がありそうです。次回も楽しみです!

20代女性の感想

 

シャドーハウス-2nd Season-【第1話】の口コミ・評判は?

 

管理人
管理人

昔のバービーいいね。

 

▶『シャドーハウス-2nd Season-』第2話の感想はこちら

★Amebaマンガで試し読みができます

【シャドーハウス-2nd Season-】の関連記事

【シャドーハウス-2nd Season-】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事

 


【シャドーハウス-2nd Season-】が無料視聴できる動画配信サービスと見放題先行配信の情報はこちら。

 

【今なら30日間無料体験可能♪】

Amazon Prime Videoの登録はこちら

Amazon Prime Video