新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP 第2話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】雄叫びを上げて服を破る

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP第2話「プレW杯(ワールドカップ)開幕!」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP第2話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第2話】のあらすじとネタバレ感想

アニメ 新テニスの王子様 オフィシャルチャンネルより引用

 

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第2話】「プレW杯(ワールドカップ)開幕!」のあらすじ

プレW杯(ワールドカップ)としてエキシビションマッチが開催され、日本はいきなり強豪ドイツと戦うことになる。第1試合に挑むのは不二とデュークのペア。不二は、今や王者ドイツの代表となった、かつての盟友・手塚の目の前で、彼が日本との決別を決意した日の知られざる戦いに想いを馳せ、また1つの進化を遂げてゆく。
続く第2試合。跡部が、入江と共に手塚との試合に挑む――!手塚が組むのはドイツ代表の参謀・QP(キューピー)――。

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP公式サイトより引用

 

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第2話】のネタバレ感想

いよいよ手塚が登場?強豪ドイツを相手に日本は誰が挑み勝つことは出来るのか?!

リョーマは自分が日本代表に選ばれていた事を気にして元気が無かったのは心配だけど、アメリカ代表として試合に出る事が決まったのはワクワクしました。日本チームも盛り上がっていたけど相手は強豪のドイツで手塚もいるので期待が膨らみます。

第一試合はビスマルクとジークフリートだけど、手塚に日本の情報を聞いておけと言うアドバイスにジークフリートが手塚の顔を鷲掴みにしたのはビックリしました。対する日本は不二とデュークだけど、どう見てもデュークがU-17に見えなくて外国人と日本人の体格差を感じますね。

ジークフリートが試合開始早々に手塚に嫌味を言っているとデュークにホームランと顔にボールを当てられて吹っ飛ばされたのは笑えました。ビスマルクが最初からジークフリートを当てにしていないと発言したのはビックリだけど、日本チームがデータと違って成長していたので試合が楽しくなってきました。不二は手塚を道しるべに練習して来たけど、手塚がドイツに渡ってから道しるべは自分で作るものと頑張ったのは切なかったです。

デュークが雄叫びを上げて服を筋肉で破ってしまって、デストロイヤーの異名を持ってジークフリートのラケットを吹っ飛ばしたのは凄かったです。ドイツも難しいボールを打って流石は強豪だけど、デュークが元は優しいテニスをするとは驚きだし、不二が奇抜な技でボールを返したのは成長しましたね。

 

リョーマは試合に勝って相手が弱かったから当然という感じだし、日本がドイツに勝ったと聞くとドイツも大したことないとはいつも通りで安心しました。日本とドイツの第二試合は、QPと会場が盛り上がり手塚も登場して跡部と入江が挑むけど跡部が膝をついてしまって実力差がありすぎましたね。

跡部は自分に足りないものが見つかったと試合が終わるとすぐに帰ってしまって心配です。次の試合にドイツはプロ選手であるボルクが登場し、日本は徳川と幸村が名乗りを上げたけど勝てるのかドキドキしました。

40代女性の感想

 

ドイツの本気が底知れない

不二がかなりかっこよかったですね。手塚との再戦に向けて凄い燃えてると思いました。相手はエキシビジョンとはいえドイツですから成長した自分を見せるのには不足はないと思いますね。

対応力が広がったといいますか、とにかくディフェンス能力が凄い上がっていたと思います。必殺ショットである球を上に打ち上げてラインぎりぎりで落としていくカウンターも精度が凄い上がっていたと思いましたね。手塚も不二の思いをしっかりと受け取ったと思いまして、しっかりとお互いに視線を向けあう光景は本当に強力なライバル同士であるなと実感させられます。

かつて同じ学校の仲間でありながら、今は互いに違うチームのライバル同士というのが凄いいいですね。本当にドイツ相手にこんな試合を見せるなんて、チームジャパンの力を周囲へ見せつけられたと思いますね。

 

しかしながら絶対王者の威厳をドイツは持っているわけですから、その力は底知れないなと思いました。エキシビジョンマッチ初戦は本当に小手調べといいますか、本来は挨拶代わりの遊びのような感覚だったと思いますね。まさかチームジャパンにここまでされるとは思っていなかったのか、二戦目からのメンバー選抜の本気度が凄かったです。

驚きなのがあの手塚でもドイツのメンバーの一人といった扱いであり、それだけドイツ主要メンバーの実力が全体して高すぎるのだと思いました。かつて日本で渡りあってきた、強敵たちが今のチームジャパンに所属しているわけで、凄く強い印象があるのですが、ドイツ主要メンバーに通用していないというのを見ると、凄まじいインフレとドイツの本気を実感させられました。

やはり今のチームジャパンの実力は世界トップには届かない感じなので、どれだけ短期で成長するかにかかっているのだと思いましたね。

20代男性の感想

 

新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP【第2話】の口コミ・評判は?

 

▶『新テニU17W杯』第3話の感想はこちら

 

★Amebaマンガで試し読みができます

【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】の関連記事

【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


【新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP】が無料視聴できる動画配信サービスと見放題先行配信の情報はこちら。

 

【今なら31日間無料で楽しめる♪】

U-NEXTの登録はこちら

U-NEXT