異世界美少女受肉おじさんと【アニメのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク
この記事は約21分で読めます。

異世界美少女受肉おじさんと INTRODUCTION

「行くぞ神宮寺」
「あぁ、俺たちで魔王を倒す」
「「俺たちが、互いに惚れる前に!!」」

平凡なサラリーマン生活を送っていた幼馴染の橘日向(32)と神宮寺司(32)。
二人はとある合コンの帰り道に、女神を名乗る謎の存在によって異世界に飛ばされてしまう。

そこで神宮寺が目にしたのは、金髪碧眼美少女の姿に変わり果てた親友の姿だった…!?

美少女の姿になった橘を見て、あまりの可愛さに戸惑う神宮寺。
女性の身体になったことで、神宮寺のかっこよさにグッと来てしまう橘。
しかし元は親友同士。この関係を壊さないためにも、一刻も早く魔王を打倒して元の姿に戻らなければならない。

そう、お互いがお互いを好きになる前に――。

これは、おっさんと元おっさん美少女の、絶対に惚れてはいけない異世界ラブコメディー

 

TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」公式サイトより引用

スポンサーリンク

異世界美少女受肉おじさんと【第7話】のあらすじと感想 エルフの乱れっぷりが勝利を掴む

第7話 「ファ美肉おじさんとイカファイヤー」

巨大なイカを神と崇める奇妙な村で、生贄として誘拐された橘を探す神宮寺は、同じく生贄候補として捕らえられていたエルフの頭目ルーを発見する。

村の豊作のため美少女の生贄を要求する巨大イカを倒すため、ルーと協定を結んだ神宮寺はある大胆な作戦を提案する。

TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」公式サイトより引用

 

美少女のルーを買って来た男が橘の美しさに村も家族も捨てると魅了に掛かっているけど最低な発言をしたのは男の橘から見てもクズ決定とか面白いです。

橘に負けたルーが男に簡単に諦めるなとブチ切れして笑える

このセリフ、CV藤井ゆきよさんの言い方がものすごく面白い!

 

縄が解けるなら最初から逃げれば良かったのに自惚れているから勝負しろとかややこしい。

勝ったら生贄なのをすっかり忘れているほどプライドが高いのがアホらしくて良いですね。

 

商人のシェンが登場したけど声が諏訪部順一さんなのでテンション上がります。

神宮寺の発言に都合良く勘違いして愛と言うお声に惚れ惚れします。

簡単にルーを見つけたけど何か食べている姿は怪しい。

歯をガチガチさせるグロテスクなイカ料理も美味しそうに食べて食いしん坊キャラだったとは苦笑いですね。

 

ルーは神宮寺と橘に会ってから悲惨な目に遭っていたのは自業自得です

神宮寺に協定を結ぼうと悪い顔をして美しいエルフの顔が台無しです。

俺に任せろと言った神宮寺にキュンとなったルーが身を任せるイカを釣る餌にされてビックリ!

シェンまで神宮寺にときめいてあれこれ世話を焼くなんてBL的展開も盛り込むとは最高です。

 

高校時代にも神宮寺と喧嘩して一週間話しかけて来なかった事を思い出し、橘は自分で何とかしようと檻を壊すとか意外と力ありましたね

ティアラを外して魅了で逃げようとしたのに男からは求婚され、女達から罵倒されて修羅場になって橘が支離滅裂の悪口を言っていたのは爽快でした。

 

神宮寺が勢い任せにイカを釣り上げると塔に刺さってナイスです。

しぶとく橘を食べようとして気持ち悪いけど中からルーが真っ黒で出てきて道連れにしようとするなんて怖いです。

神宮寺がルーにナイフを渡すとキレッキレの動きで橘を助けてイカを丸焼きにしたのは格好良い。

 

村人もダジャレを言いながら次の村長はルーとは簡単ですね。

星空の下でイカを食べながらお互いを思う神宮寺と橘が良い雰囲気でプロポーズと言いたくなる気持ち分かります。

離れ離れになると出力が落ちる事を魔族に知られてしまって何か企んでいるのは楽しみです。

 

 

異世界美少女受肉おじさんと【第8話】のあらすじと感想 橘の可愛さは人によって違うようです

第8話 「ファ美肉おじさんと選択」

イカを崇拝する村を後にした橘と神宮寺は、そこで出会った怪しげな商人シェンと共に王都へ向かう。

その道中、神宮寺につきまとうシェンの目的が明かされる。シェンの案内で王都イシュルナに到着した一行は、魔王についての情報を集めるため愛の女神の神殿に向かうが、そこにはまさかの光景が広がっていた……。

TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」公式サイトより引用

 

橘にウサギを殺させてレベル上げをする神宮寺は賢いですね。

見た目は美少女の橘だけど中身がおっさんだと知っているので怖がっているとヘタレにしか見えないです。

商人のシェンが王都まで同行する事になり、橘の魅了が効かないのは男好きだから安心です。

 

神宮寺がシェンのスキルに暗殺の文字を見つけて問いただすけど橘の事ばかり考えていて優しいですね。

シチューに薬を入れられて自分の不覚を反省するとは真面目です。

シェンが上着を脱いだ神宮寺に泣きながら拍手して男好き決定ですね。

 

橘が出て来てシェンに橘は可愛く無いとハッキリ言ってちょっとスッキリしました。

怒った橘が服を脱ぐとシェンの顔が般若みたいになって笑える。

橘の体をぷにぷにとは言い草が酷い。

更に服を脱ごうとするけど神宮寺がやられそうでアホですね。

 

勝負は神宮寺がどっちを選ぶかになったけど予想通りどっちも選ばないのが必死で笑える。

橘が男だと知ったシェンが無いわと呟いたのは橘が可哀想でした。

神宮寺にシェンが近づいた時はハラハラしたけどマッサージだとは色気が無くて残念。

橘には下剤を盛ったとか本当に女子には興味無いようですね。

 

王都の神殿に清楚系美女がいて想像と違った事に神宮寺がショックを受けていて美女が気にならないとは男として残念。

橘は美少女だから入信を勧められて美女に喜ぶとは神宮寺と逆なら良かったですね。

修道服が超ビキニで神宮寺も着ているのはちょっと引きます。

修道女のお姉さんは大人のビキニで慣れだと爽やかな笑顔をしたのは怖いです。

 

神聖な場所のはずがナイトプールでパリピとかやっぱり駄女神でしたね。

橘の首に女神の紋章があるのは大罪で最悪だと監獄島行きとは酷いです。

神宮寺がキレてクソ女神と大声だしてボロクソ言ったのはスッキリしました。

魔法で縛られた神宮寺だけど簡単にやっつけで爽快です。

王命と叫ぶ女の子が現れて助かったけど橘と神宮寺の事が王国にバレているのは心配です。

40代女性の感想

 

 

神宮司はつよーい

シェンとのやり取りは面白かったです。

シェンのゆる~い感じがよかったです。

CV諏訪部さんの声も素敵で見ていて飽きませんでした。

シェンに橘の魅了が通じないのがなぜなのか気になるところです。

ターゲットが神宮司だからなのか、ぷにぷにはだめでムキムキが好きだからなのか気になるところです。

 

神宮司にどちらか選べというのはすごい二択だと思いました。

神宮司のどちらを選んでも男という言葉を素直に信じたのは不思議でした。

目的は結局ツボ押し?だったのかな。

目的は果たせたのに付きまとうのは、なぜかまだわからないし、つかめないところがいいなと思うキャラです。

頭目はどうなったのかなとちょっと思う前半でした。

 

 

後半は、王都に女神の神殿、しかも、愛と美の女神の神殿があるのが意外でした。

魔王の手がかりがあるのか、胡散臭さしかなかったです。

それよりもすごい想像をしていた神宮司が凄かったです。

そんなのあるかなと半信半疑でしたが、マイクロビキニのあたりから雲行きが怪しくなってきました。

着れないし、着たくない。(ちょっと違うアニメがよぎりました。)

 

橘が無理やり着たのに対して、神宮司がそのままスーツだったのは想定内でしたが、神官のローブの下も話も凄いことになってて、もうダメだと思いました。

 

結果、神宮司の予想は的中のすごいところが。

崇拝者もすごい人たちです。

流石愛と美の女神を崇拝するだけあります。

橘の印は、罪になるのはびっくりです。

崇められるのかと思いました。

 

それにしても、神宮司は強すぎると思いました。

一生女神を素晴らしいということはないだろうと思います。

30代女性の感想

 

異世界美少女受肉おじさんと【第9話】のあらすじと感想 王と皇女は友好的だけど自由人で怖いです

第9話 「ファ美肉おじさんと美少女」

イシュルナ諜報部のムリアに案内され、ついに王に謁見することとなった橘と神宮寺。

橘の魅力で王の支援を取り付けた二人だったが、晩餐会の最中に仲違いしてしまう。パーティーを抜け出した橘は、そこで自分の理想を体現したような美少女に出会うが、それにより橘は大きな騒動に巻き込まれていく……。

TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」公式サイトより引用

 

ムリアに案内された城に飾ってあった世界地図が女性が膝を抱えた姿になっていて美少女好きなアニメなのが良く分かりますね。

シェンが二人の動向を監視していたのは何となく分かっていたけど廊下の下から登場してビックリ。

上司のムリアの話を無視して喋り続けてマイペースだけど簡単に黙らされてスッキリしました。

 

王様に謁見すると腰布一枚巻いているだけとはドン引きです。

サウナにいるオッサンとはなるほどでした。

神託の内容を話すのに琴を弾き出した王様が美声なのにふざけた内容で面白くて聞き入ってしまいました。

晩餐会で橘がドレスアップすると神宮寺がウエディングからお墓まで想像して発狂したのは笑える。

 

シェンに気付け薬を頼むと直ぐ出て来て便利ですね。

橘の魅了に群がる男達のせいで橘が会場に入れないのは可哀想。

神宮寺が照れ隠しのように説教を始めて不器用な事で二人がすれ違うなんてキュンとしました。

 

橘が自分の理想を考えていると眼の前に美少女が現れて隠れてしまうなんてヘタレですね。

美少女が飛び降りしようとして逆ギレして顔が崩れて残念美少女でした

美少女に悩み相談すると一般的なよくある話で片付けられて上から目線なのはイラッとしますね。

 

橘は神宮寺に褒められた事が無く実は褒められたいと思っているとは可愛いです。

橘が心奪われた美少女が姫様で旅に同行したいなんて面白そう。

神宮寺が全力で否定して会社の宴会芸を中止に追い込んだ火吹き芸を披露したのは笑えました。

 

王様に相談すると恥ずかしい話が次から次へと出てきて姫様にグサグサ刺さるのはスカッとしました。

橘は姫様を庇ったつもりなのに神宮寺が勘違いして心を折りにいくとか爽やかなのが良いです。

姫様が逆ギレして口悪く捨て台詞を吐いて出ていくとか怖い。

部屋でぬいぐるみを殴っていて本性が見えたけど民衆に訴えかけて王を断罪するとか極端なお姫様ですね。

 

神宮寺が橘の気持ちを考えてモヤモヤしているは恋しているみたいでキュンとします、神宮寺が何をしてくれるのか楽しみです。

40代女性の感想

 

『過保護の行く末~王の女神の歌とは?~』

ムリアに助けられ?王に謁見できることに。

ずいぶんすんなりな展開に不審がる神宮司の予感は的中でした。。。

シェンが通じていました。

ムリアが上司なのは、ちょっと心配ですが、シェンも似たようなものなので、いいかなと思いました。

 

そんなことよりも、王と側近の格好が、女神崇拝者の格好は神殿と同じなのかなと思いました。

国王様の琴を持て~からの謎な歌。

女神の歌って何?内容は全く入ってこないです。CV速水さんの無駄遣いです。

素敵な声だけど、よくわからない展開と歌、さらに、これを解釈するなんて何が起こっているのか理解ができませんでした。

橘の魅了で、支援してもらえてよかったです。

インパクトが凄すぎてここで終わりでもいいくらいでした。

 

その後の宴で、神宮司の衣装が素敵だったので、橘の衣装が楽しみであり心配でした。

案の定、とてもキュートで、神宮司崩壊。

未来が見えすぎでした。

 

シェンを呼ぶなんて意外過ぎました。

橘とユグレインの出会いも突っ込み所が満載でした。

神宮司とユグレインの相性は最悪なように思いました。

ユグレインが橘のドストライクだとわかるあたりすごいと思いました。

が、橘の考えと真逆で、ユグレインを刺激しすぎて、もうどうなるかと心配でした。

 

神宮司が橘を大切に思っての厳しさ、これは橘も理解しているからもどかしいです。

頭が固めの神宮司は過保護すぎることが、橘を苦しめていると気づいてほしいです。

がんじがらめで息苦しいのがわかるから、ユグレインの気持ちがよくわかるのだと思いました。

 

国王も過保護。

不満が爆発してしまい、ついに橘が背中を押してしまい反乱を起こしてしまいました。

あー予想の斜め上行き過ぎです。

収束を祈るばかりです。

30代女性の感想

 

異世界美少女受肉おじさんと【第10話】のあらすじと感想 橘の危機とシュバルツ大活躍なのに笑いが止まらない!

第7話 「ファ美肉おじさんと反乱」

イシュルナ王の娘、ユグレインの先導で暴徒と化した民衆。ユグレインに巻き込まれ反乱軍に参加していた橘だったが、そこには魔王軍の影が忍び寄っていた。

一方反乱軍制圧のため王に呼び出されたシュバルツとルシウスは、王都に攻め入ろうとする暴徒たちの迎撃に向かうが……。

TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」公式サイトより引用

 

ユグレインが父親である王様と喧嘩して反乱を起こしたのは呆れるけどスケールが大きくて笑えます。

民衆は巻き込まれる事に怒っていたけど姫と橘の笑顔に男性たちがチョロくてビックリです。

メイド長が作戦を考えたらしくユグレインは誘導されているようで怪しい。

ムリアが縛られていたので裏付け出来ます。

 

橘はムリアを解放しようとしたのに変な格好になってしまってエロ怪しいです。

橘はここから脱出する事も出来なくて神宮寺がいないと駄目な自分に落ち込んで可愛い。

メイド長にマッサージされながら慰められるけど本当は女神を狙っていたとは怖いです。

その頃の女神が可愛子ちゃん見ながら晩酌とはオッサンで笑えます。

 

橘が子供の頃に神宮寺に助けられた話は微笑ましかったのに嫉妬と言う感情に書き換えられてしまったのは心配です。

橘が何も気づいて無くて能天気に寝てしまって笑えるし。

メイド長の不敵な笑みが怖いけど何者なのか気になりますね。

 

王様は勇者を呼び寄せるとシュバルツが恐る恐る入って来て気が小さいのは丸分かりです。

神宮寺を見つけて気が緩んではしゃぐとか気持ちは分かります。

入る所からやり直させてくれた王様は優しいけどルシウスが殴って二人して土下座したのは笑えました。

 

シュバルツの人を助けたいという純粋な思いにルシウスが感動して戦う事を許可したのは師弟愛を感じるけど、ルシウスは反乱軍に威圧的でやれとはハラハラしたのにシュバルツの剣はハチマキと服を破り全裸にしてしまうとは笑えます。

民衆も我に返って散っていったとはビックリですね。

シュバルツは王様に褒められて異世界転生の春が来たとは堂々と喋ってしまったけどアホの子にしか見えないのが残念です。

 

シュバルツが神宮寺に橘が浮気と言っただけで強力な殺気を放って凄い。

シュバルツも耐えて偉いけど橘に置いて行かれて落ち込んでいると直球なのは空気読めないですね。

シュバルツが神宮寺を怒らせて仲良しなのが微笑ましかったです。

大きな揺れが起きて次は何が出てくるのかワクワクしました。

40代女性の感想

 

 

『それは嫉妬です』

 

いきなり姫様、勇者様で魅了しまくりです。

反乱軍は魅了された人たちばかり。

ばっちりアイドルですね。

反乱軍と言うより、ファンクラブなのではないかと。

メイド長の知識すごいのでは?

メイド長が何者か気になります。

 

橘の自分の無力さを悔いているところ、最近多いなと思います。

それだけ自分で何かしようとしているってことかなとも思います。

スライムエステは勇気がいりますが、効果はてきめんなようです。

ただ、橘は何をされたのか、女神は何に気づいたのか気になるところです。

 

そのころ、国王側には、援軍が、まさかのシュバルツ。

国王様、何気に器が大きいところがあります。

シュバルツは騒がしい、単純と言うか、無垢なのかもしれない。

CV石川界人の楽しそうに演じているところが見えてきそうでした。

 

なんだかんだで大活躍。

反乱軍?(むしろファンクラブ)を壊滅というか、正気に戻し、国王様に褒められるシュバルツ。

褒められることがないので、喜びようが凄かったです。

国王様になんと褒められたのか気になります。

正気に戻したのは、聖剣の力なのかな?(聖剣が無事で何よりです)

 

シュバルツの指摘で神宮司は、置いていかれてへこんでいると気づいた様子でした。

嫉妬をこじらせて、無気力だったのかなと察します。

今まで何をしていたのか、シェンがずっとそばにいたのが気になりすぎました。

そういえばムリアはどうなってしまったのでしょうか。

 

 

異世界美少女受肉おじさんと【第11話】のあらすじと感想 魔族により復活した古代兵器で橘が暴走します!

第11話 「ファ美肉おじさんと決戦兵器」

シュバルツの活躍により反乱軍は壊滅。裏で手を引いていた魔王軍幹部のカームは、作戦続行のためユグレインと橘の力を利用し古代兵器メーポンを起動させる。

その圧倒的戦力に怯みながらも討伐に向かった神宮寺とシュバルツだったが、魔王軍に操られメーポンを動かしていた橘から攻撃を受けることに……。

TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」公式サイトより引用

 

メイドに化けた魔王軍幹部のカームがユグレイン姫と橘を利用したのは賢いですね。

何故か決起させた民衆が全裸で畑を耕しているとかアホですね。

カームは悪賢い感じなのにメイドとしてコツコツ頑張ってきたなんて同情します。

側で仲間のヴィズドが騒いでいるけど樽の中に隠れながら暴れるとは笑えました。

ユグレインがカームに頼り切りなのに言い草が悪い。

カームも極端で面倒だからと国ごと吹っ飛ばすとか過激ですね。

 

隠してあった古代兵器を復活させようとユグレインと橘を利用するのは怖い。

マニュアルがあるのは親切だし、カームがユグレインにストレス溜まっていたのもリアルな感じで面白いです。

橘は朦朧としていて訳が分からない内に動力源にされた動きが早いですね。

古代兵器は守り神の姿をしたロボットだけど神宮寺が倒した奴にそっくりで懐かしいです。

古代兵器の口からエネルギーが発射されて神宮寺とシュバルツの顔が白くなって笑えます。

神宮寺が一人立ち向かおうとして格好良かったのにシュバルツ頼りだったのは策士ですね。

シュバルツは言われるがまま刀を奮って泣き喚いたのは可愛い。

 

古代兵器を操っているヴィズドが小躍りして御猪口ってくるけど神宮寺が煽り返して流石です。

橘が目を覚まして小学校の頃に神宮寺が表彰されていた思い出は寂しかったように見えて可哀想でした。

カームとヴィズドが喧嘩を始めてヴィズドがキレて古代兵器の力を最大にしていしまったのは楽しかった。

動かなくなったのを嘆いていてダメな子全開なのが可愛いです。

橘が暴走して何でも出来る神宮寺に八つ当たりして呆れます。

神宮寺が反論するとシュバルツがツッコミを入れて笑えるし、褒められたいという橘に適当に言うとヤラれてしまったのは当然ですね。

橘は何もない人間だと自分を卑下していたけど神宮寺の友達なのは自慢出来る事なんてサラッと感動する事言ったのは嬉しくなりました。

40代女性の感想

 

 

『絶賛こじらせ中~勇者の扱いよ~』

ヴィズドが樽の中でケーキを食べているのはあんまり意味がないような気もしました。

橘もユーちゃんも完全に利用されているようです。

メイド長のコツコツっと努力して積み上げた作戦がようやく実ったようです。

それにしても1年もかけて雑用からメイド長として上り詰めるのはすごいです。

 

ユーちゃんと橘を使って古代兵器メーポンを起動させます。

そのフォルムのすごいこと。

何であんな形なのでしょう。

守り神様を模したと王様は言うけれど、ルシウスはかっわいいと言うけれど、すごいものとも、可愛いとも思えませんでした。

実際守り神様と同じようなビームがでて、破壊力すごかったです。

神宮司がシュバルツを言いくるめて?いいように使って?どうにか防げました。

聖剣ってすごいなと思いました。

神宮司の無力さが、開き直り具合が凄いなと思いました。

シュバルツの扱い雑すぎるけど、勇者らしい活躍しているのに、誰もたたえないのかわいそうです。

シェンのぬかりなさもすごいなと思いました。

 

動力源だった橘がまさかのメーポンを奪い、神宮司に向かってくる展開は、絶賛関係をこじらせ中の二人にはあり得ることでした。

橘は結局神宮司に褒めてもらいたいという結論が出たのはすっきりしたかなと思います。

神宮司と橘のこじらせがすっきり解決できるといいなと思いますが、解決すると終わってしまうのが少し悲しいです。頭目はどうなったんだろうな

50代女性の感想

 

 

異世界美少女受肉おじさんと【第12話(最終話)】のあらすじと感想 神宮寺を作り上げた過去が判明!橘と神宮寺はやっぱり仲良しでした!

第12話 「異世界美少女受肉おじさんと」
魔王軍に操られた橘は、古代兵器メーポンを動かしながら長年に溜め込んできた神宮寺への思いを吐露する。

一方橘に対してずっと素直になれなかった神宮寺は、シュバルツの助言を受けてある決意をし、橘操るメーポンに立ち向かう。

TVアニメ「異世界美少女受肉おじさんと」公式サイトより引用

 

橘が思い詰めているのを知った神宮寺だったけど生まれてから人を褒めた事が無いとは何でも優秀な人は違いますね。

シュバルツからクソ野郎とツッコまれて笑えました。

橘の攻撃がパワーアップしてシュバルツが防御しているのに神宮寺は落ち込んでブツブツ言っているのが空気読めて無くて面白いです。

神宮寺は橘から離れようとするけどシュバルツに説教されて褒めて上げろと言うのにモジモジしている神宮寺をシュバルツが面倒くさいと殴ったのはスッキリですね。

シュバルツは痴話喧嘩に巻き込まれたとキレて笑える。

 

神宮寺がクールなのは家の教育だからなのは納得しました。

男同士でも嫉妬すると教えて貰った神宮寺が本心を言って橘の心に響いたのにカームが邪魔してイラッとしました。

橘が妬んでいると言うけど全部褒め言葉でヒーローだと思っていたと自分で操られていたのを解いたのは頑張りましたね。

 

古代兵器メーポンがエラーを起こして可愛い声で殲滅するとは笑えました。

追尾型の攻撃が発動しようとして神宮寺が助けに行って格好良かったです。

橘は素直に謝って見た目も含めて可愛い。

神宮寺も橘を沢山褒めて微笑ましいけど長い。

止まらない神宮寺に橘が照れて仲直りしたのは安心しました。

 

橘と王様が謝り合戦しているのに当事者のユグレインが他人事のように話をしてこの国の未来が心配です。

橘がユグレインに友達は出来ると励ましているのに神宮寺が橘を褒めだして良い傾向ですね。

魔王を退治しに行くと決めて居場所はシュバルツが知っていたとは簡単でしたね。

そもそも女神が知っていたとか残念女神に呆れる。

 

久々に家に帰った橘が神宮寺の裸を見て魅了されてしまって壁に頭を叩きつけるとか動揺しているのは笑えました。

それぞれの旅が始まって橘と神宮寺が微笑み合うと魅了されてお互いを好きになる前に何とかしたいとは既に好きだと思うので結婚して欲しいです。

魔王を倒すまでは笑わせて欲しいので続きが見られるのを期待します。

40代女性の感想

 

 

『素直な気持ちの末の魅了』

絶賛こじらせ中はなかなかめんどくさいです。

神宮司のフォローをしながら諭すシュバ君がかっこいいと思いました。

守りながら愚痴を聞き、アドバイスするという高度なことができるなんてすごいです。

勇者だから強いのだなと思いました。

今まで雑な扱いかわいいそうなくらいしっかりしていました。

 

シュバ君のアドバイスで吹っ切れた神宮司は強かったです。

橘も自分の言いたいこと言いきれてすっきりできてそうでした。

神宮司の長々橘談は、要するに気が利くポジティブな人ということで、大好きだということですよね。

二人ともお互い大事な存在だと再認識できたのではないでしょうか。

 

落ち込む橘もかわいかったです。

そして国王様と謝りあうのも面白かったです。

国王様もっと威厳を持ってほしいな。

張本人のユーちゃんはもう、罪悪感も自分のせいだという気は全くないようです。

流石です。

ユーちゃんと橘がお友達になれたのは素敵です。

 

そして、すぐに旅立つというのは意外でした。

シュバ君と、一緒に魔王城を目指さないのはある意味正解だと思います。

最後に魔王城で合流というのは最高のおぜん立てだと思います。

橘と神宮司が素直に思ったことを伝えられるようになったところはすてきでしたが、無自覚神宮司は少し怖いところもありそうです。

しかし、素直になったことで、魅了度が増すような気もしました。

 

最後はサイコーでした。

初心に返った感じでした。

ある意味正気に戻ったということだと思います。

急ぐ旅の理由を思い出しました。

魔王までの道のりまだまだ気になります。

30代女性の感想

 

 

ここまで感想をご覧いただきありがとうございました。

アニメ『異世界美少女受肉おじさんと』は動画配信サービスのお試し期間を使えば全て無料で見ることができます。無料期間中の解約もできますよ(^^)♪

おすすめ2社の無料登録はこちらからできます。
どちらもアニメ配信数が最大級のサービスです。


\31日間お試し無料/

 

『異世界美少女受肉おじさんと』を配信している動画見放題サービスはこちらから確認できます。

>>2022年冬アニメ見放題配信サービスの配信状況一覧

 

他のアニメにも興味があればこちらもどうぞ。

>>2022年冬アニメの感想一覧