本ページはプロモーションが含まれています。
PR

俺は全てを【パリイ】する【アニメのあらすじとネタバレ感想】

この記事は約12分で読めます。

アニメ『俺は全てを【パリイ】する〜逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい〜』のあらすじとストーリーの流れに沿った感想を1話~最終回にかけて毎週更新しています。

俺は全てを【パリイ】するの感想本文にはアニメのネタバレが含まれる場合がありますので、ご了承の上お読みください。

 

スポンサーリンク

俺は全てを【パリイ】する【第1話】のあらすじとネタバレ感想

俺は全てを【パリイ】する【第1話】のあらすじ

「俺は牛をパリイする」

冒険者に憧れる少年・ノールは、王都の養成所で才能なしと判定されてしまう。それから攻撃を弾くスキル【パリイ】を磨き続けること十数年。ノールは千の木剣を弾くまでに成長したものの、最低ランクで冒険者ギルドに登録し、雑用をこなす日々を送っていた。そんなある日、町はずれで魔物に襲われる少女と遭遇する。彼女との出会いで、ノールの人生は大きく動き出す――。

TVアニメ「俺は全てを【パリイ】する〜逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい〜」公式サイトより引用

俺は全てを【パリイ】する【第1話】のネタバレ感想

冒険者を夢見る少年は諦めない?訓練を続けて大人になった結果パリィしたのは牛?!

体中が傷だらけの男ノールはお婆さんに頼まれてドブ掃除をすると感謝され、工事現場で働くと工期に余裕が出来たと褒められ、助けてと女の子の声が聞こえて駆けつけると化け物がいて大きな牛と呟いたのは笑えました。

 

15年前のクレイス王国北西にノールは病弱な母親と暮らしていて、ノールは甲斐甲斐しく母親の看病をしていたけど亡くなって一人になったのは可哀想でした。

ノールは一人でも必死に生きていて、棚の上にある本を見つけて子供の頃に父親から冒険者の話を聞き、母親から好きな生き方をして欲しいとの言葉に背中を押されて冒険者になる為に街へ行く事にしたのはワクワクしました。

結界の外へ踏み出すのは勇気がいるだろうけど崖から見下ろした街は大きく、街の中で冒険者を見つけると目をキラキラさせたのは可愛かったです。

 

冒険者ギルドへ行くと受付の男が最初は子供の来る所じゃないと追い返そうとしたけど、親がいないと知ると職業訓練所がありスキルを身につけるように教えてくれたのは親切でした。

ノールは剣の訓練を受けるけど攻撃を防ぐパリィしか得られず、教官のシグから別の道に進んだ方がいいと言われたのは残念でした。

 

次は戦士の養成所に行くけど身体能力をわずかに上げる事だけで、次は狩人の養成所へ行き、盗賊と魔術師に僧侶と全てのスキルがダメで冒険者登録が出来なかったのは可哀想でした。

家に戻ると才能が無かったと両親の墓に報告すると、もっと訓練するしか無いと剣を自分で作り唯一身に付けたパリィを磨く事にしたのは前向きで応援したくなりました。

 

14年後、1日も欠かすこと無く鍛錬をしたおかげで千本の木剣を弾けるようになったとは凄いです。

ノールは再度、冒険者登録が出来るかギルドに行くけどダメで、子供の頃に会ったオジサンが街の中での雑務しか受けられないFランクがあると教えてくれて登録できたのは良かったですね。

手に入れた能力は小さなものだったけど人の役に立つ仕事が出来て幸せとは良い奴です。

 

巨大な牛に衛兵が次々と倒され、ノールは剣を拾って座り込む女の子を助けようとすると、振り下ろされた斧をパリィで弾いて首を切り倒してしまったのはお見事でした。

ノールは街中の牛一頭に手が震えて、まだ鍛錬が必要だと思ったのはビックリでした。

40代女性の感想

 

俺は全てを【パリイ】する【第2話】のあらすじとネタバレ感想

俺は全てを【パリイ】する【第2話】のあらすじ

「俺は謝礼をパリイする」

ノールが助けた少女は、クレイス王国の王女・リーンだった。恩人にお礼がしたいと申し出るリーンに、「気持ちだけで十分」と断るノール。しかし、譲らないリーンに押し切られ、ついには王城を訪れることに。ノールはクレイス王に謁見することになるも、その事実に気づいていない。国王にも飾らない物腰を崩さないノールに対して、王城には険しい視線を送る者もいて……。

TVアニメ「俺は全てを【パリイ】する〜逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい〜」公式サイトより引用

俺は全てを【パリイ】する【第2話】のネタバレ感想

ミノタウロスの出現の裏に不穏な影が?ノールはリーンの父親から謝礼に大剣を貰ったけど使い道は?!

ノールがミノタウロスを倒した後、王女リーンは部下達と後始末をしていたけど王位継承権の儀式の最中だったとはビックリでした。

第一王子のレインはミノタウロスが出現したのは被害者の一人が付けていた指輪が原因だと知り、高純度の魔石から魔導皇国デリダスではと疑い、王女の暗殺を計画して戦争を仕掛けるのを待っているとは不穏でした。

ミノタウロスを倒した男についても有り得ないと報告書を投げ、諸問題に頭を悩ますのは大変そうでした。

 

冒険者ギルドに顔を出したノールはミノタウロスの事件を他人事のように聞いて、朝からドブ掃除をして来たとは真面目です。

王女リーンがノールを探しに来てマスターがビックリしていたけど、ノールは彼女が何者なのか分かっていないのは笑えました。

リーンはお礼を言って謝礼がしたいと言うけどノールは何もいらないと断り、リーンは泣いてお礼を受け取るまで動かないと脅しのように言うと、ノールは子供の頃に必死に訓練をお願いした事を思い出したのは切なかったです。

 

王宮に連れて来られてリーンが名乗ったのにノールはまだ分かっていなくて、騎士のイネスに会って先導すると言うのにメイドだと思ったのは世の中の事を知らなさ過ぎです。

ノールはリーンの父親が王様だとも知らずに挨拶してヒヤヒヤしたけど、王様が気さくな人でホッとしました。

 

ノールは早く帰りたいのに王様はお礼がしたいと言い、ノールが何もいらないと言うと王様が飾ってある黒い大剣を自分のお古だと言って渡したのは太っ腹です。

大剣は重くて頑丈だけどノールは片手で振って見せて、風が巻き起こりノールの凄さが証明されたのは嬉しかったです。

 

王様はリーンを鍛えて欲しいと言うと、ノールは娘に干渉し過ぎるのは良くないと苦言を呈して、後ろに控えるイネスがイラッとしていたのは笑えました。

帰る時にノールは大剣の幅がドブ掃除にピッタリだと思ったのはビックリでした。

 

イネスに呼び止められてノールは改めて感謝され、ノール達の前での振る舞いを窘められ、何かあったら力になると言ってくれたのは嬉しいです。

今度はギルバートに実力を見せて欲しいと言われ、ノールは帰れないと困った顔をしたのは笑えました。

40代女性の感想

 

俺は全てを【パリイ】する【第3話】のあらすじとネタバレ感想

俺は全てを【パリイ】する【第3話】のあらすじ

「俺は弟子入りをパリイする」

ノールは王家直属の槍使い槍聖・ギルバートに模擬戦を挑まれる。すぐに決着がつくかと思われたが、二人の戦いは意外な結末を迎える。その後、王城から戻り雑用をこなすノールの元にリーンが現れ、弟子入りを志願する。自身のスキルを披露するリーンだったが、ノールはその申し出を断り、最低位のスキル【プチファイア】を見せる。リーンは改めて彼の「真の実力」を悟る。

TVアニメ「俺は全てを【パリイ】する〜逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい〜」公式サイトより引用

俺は全てを【パリイ】する【第3話】のネタバレ感想

ノールの実力は想像以上?ギルバートとの模擬戦は勘違いからお互いを認める?!

ノールは早く帰りたかったけどギルバートに模擬戦をしようと訓練場に連れて行かれ、ノールは強い相手と戦えると喜んだのは意外でした。

ノールはギルバートの動きが遅く見えて気を使ってくれていると思い、中断して手を抜かなくていいと言ったのはビックリでした。

ギルバートも無意識に手を抜いていたと思い本気を出すけど、ノールはそれでも攻撃した後が無防備で本気なのか疑ったのは笑えました。

 

ノールは早くしてもらってもいいと言うとギルバートは強力な一撃を放ってハラハラしたけど、ノールは回避して攻撃をしないまま負けを認めたのは残念でした。

ギルバートは槍の才能があると気付いて強者を求めて旅をしていたけど、王都に帰ると魔物や剣士兵団に強い奴が入ると戦ったのに退屈だと感じていたとは強者ならではの悩みですね。

 

ギルバートはノールに強者の凄みを感じなかったけど、自分の槍は届かず部下の前だから気を遣って負けを認め、床に残る亀裂にノールがどうやって躱したのか分からなくて悔しそうでした。

ノールは全力の身体強化としのび足で回避してスキルが無いから攻撃できず、ギリギリ回避できる速度に調整してもらったと思ったのは謙虚すぎるし、名前をピヨバードとおぼえていたのは笑えました。

 

大剣でドブ掃除をして汚れが簡単に落ちると喜んだけど、魔物のせいで土運びの仕事が無くなったのは残念でした。

リーンが従者にして欲しいと会いに来たけど、ノールは何もいらないと断り、リーンは自分の実力を見せつけスキルを6つも持っているとは凄いです。

ノールは自分のスキルを見せて才能が無い事を分かってもらい、リーンは子供が過酷な養成所を6つも満期までやり遂げた事は知っていたけどリーンだったと納得したのは諦めてくれそうですね。

 

ノールが見せたプチファイアは高位の魔術師よりも大きいものを作り出す事が出来るようになっていて、リーンに6系統全てが規格外の実力だと思われてノールの強さを学ぼうとは前向きだけど、クレイス王家が求めた強さがノールの中にあるとは大事になりました。

ノールは何でこうなったのか困った顔をしていたけど、強さを認められたのは嬉しいし次は何をしてくれるのか楽しみです。

40代女性の感想

 

スポンサーリンク

【俺は全てを【パリイ】する】の関連情報

【俺は全てを【パリイ】する】の基本情報

シーズン 2024年夏アニメ
放送スケジュール 2024年7月4日 24:00~
最速配信 毎週木曜 24時00分~
ABEMA
dアニメストア
キャスト・声優 ノール:濱野大輝
リーン:前川涼子
イネス:森なな子
ロロ:村瀬 歩
ギルバート:武内駿輔
クレイス王:山野井仁
レイン:寺島惇太
シグ:三木眞一郎
ダンダルグ:三宅健太
ミアンヌ:豊口めぐみ
カルー:関 俊彦
オーケン:宇垣秀成
セイン:羽多野渉
スタッフ 原作:鍋敷(アース・スターノベル アース・スター エンターテイメント刊)
キャラクター原案:カワグチ
コミカライズ:KRSG
監督:福山 大
シリーズ構成:村越 繁
キャラクターデザイン:野間 千賀子
サブキャラクターデザイン:大橋 俊明
プロップデザイン:橋本 治奈
モンスターデザイン:小田 裕康(スタジオもがな)
メインアニメーター:堀澤 聡志
美術監督 美術設定:原部 幹大
色彩設計:岡崎 菜々子
撮影監督:福世 晋吾(J.C.STAFF)
編集:定松 剛
音響監督:田中 亮
音楽:斎木 達彦、ボウ・デミアン
アニメーション制作:OLM
オープニングテーマ(OP) 桜木舞華 【ウタヒメドリーム】 (CV:鈴木杏奈):「AMBITION」
エンディングテーマ(ED) ウタヒメドリーム オールスターズ:「ノーギフテッド」
公式サイト https://parry-anime.com/
公式X https://x.com/parry_anime_pr
原作 ライトノベル:鍋敷(著)
Wikipedia Wikipediaへ

【俺は全てを【パリイ】する】の原作

「俺は全てを【パリイ】する」の原作はライトノベルです。

 

コミックスも出版されています。

Amebaマンガで『俺は全てを【パリイ】する』が試し読みできます!

会員登録無しですぐ読めます。

 

【俺は全てを【パリイ】する】が視聴できるおすすめ動画配信サービス

アニメ「俺は全てを【パリイ】する」は、ABEMAプレミアムdアニメストアにて見放題最速で地上波放送と同時刻(毎週木曜24:00)から配信がスタートします。

 

ABEMAプレミアムはこちら

dアニメストアはこちら

 

※dアニメストアについて
アプリ内(App Store/Google Play)で月額利用料をご購入する場合は、以下が適用となるため、ご注意下さいませ。
・月額利用料:650円(税込)
・無料期間 :加入日から14日間
※ドコモショップ/Webサイトにてご入会頂いた場合は従来と変わらず、月額利用料550円(税込/初回初月無料)でございます。

※本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧はこちら

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧
2024年夏に放送が開始されたアニメの中から、当サイト(アニメニアン)にてネタバレ感想を掲載している作品の一覧を50音順に並べています。 各作品のネタバレ感想トップページへリンクを貼っていますので、ご利用いただければと思います。