Extreme Hearts 第2話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】アイキャッチだけは見逃せない

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アニメ『Extreme Hearts』第2話「譲れないもの」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

Extreme Hearts第2話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『Extreme Hearts』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

Extreme Hearts【第2話】のあらすじとネタバレ感想

「KING AMUSEMENT CREATIVE」公式チャンネルより引用

 

Extreme Hearts【EPISODE 02】「譲れないもの」のあらすじ

Extreme Hearts予選一回戦。苦戦する陽和のもとに現れたのは「RISE」のユニフォームを纏った純華と咲希だった。
純華のパスワークと咲希の突破力と得点力で、大差だった得点差は縮んでいく。
突然参加したメンバー二人をいぶかしむ対戦チームだったが二人は(純華の気遣いと策略によって)正規にチーム参加登録されていた選手であり、純華はリトル・シニアリーグで全国大会出場経験者を持つピッチャー。
咲希は女子サッカーのユースチーム出身で、かつてU12の日本代表候補にも挙がったサッカー選手だった。

陽和は応援に来てくれた二人に感謝を伝え、同じチームで戦っていくことを約束する。
3人の活躍で予選一回戦を突破。

しかし、「Extreme Hearts」はただのスポーツ大会ではなく、音楽会社が主催の「芸能人大会」。
在野のスポーツ自慢や現役スポーツ選手が「試合のためだけの助っ人」として参加することはできない。
そのため、「RISE」は芸能チームとしての活動をしていくことになると陽和が説明し、咲希と純華は困惑しながらも納得する。

陽和は活動のために「葉山芸能事務所」を立ち上げ、一人暮らしの自宅を事務所として開放。
「RISE」の芸能活動と大会勝ち抜きへの挑戦が始まった。

TVアニメ「Extreme Hearts」公式サイトより引用

 

Extreme Hearts【第2話】のネタバレ感想

予選の種目は何個あった?純華と咲希の参戦で優勝を狙うけどステージは3人?!

エクストリームハーツに参加した陽和は神奈川予選で苦戦していたけど純華と咲希が参戦してくれて心強いですね。陽和達のチームRISEが猛反撃してテンション上がるし、ハーフタイムに純華と咲希の紹介がされたのは和みました。純華と咲希は陽和の為に戦うと言い、陽和は二人と一緒に戦えて嬉しいと抱き合った友情がキラキラで眩しかったです。

後半になると敵チームは相手の体にぶつけて吹っ飛ばすプレイをしてきて反則かと思ったけど、技としてあると教えてくれて咲希がお礼を言ったのは強気でビックリしました。咲希は躓いてなんかいられないと次々と点数を決めてあっという間に同点になったのは凄いし、最後は陽和の足の早さで逆転してホッとしました。ハイパースポーツに参加するには芸能関係じゃないといけないルールがあったのは初めて知ったし、純華と咲希が陽和と同じグループで活動するのは楽しそうですね。

 

ビルの屋上にあるプレハブハウスが陽和の家兼事務所になるようでビックリだけど、純華と咲希に鍵を渡しておくとは気が早いですね。カラオケに行って純華と咲希の歌唱力チェックとは言っていたけど普通の学生みたいで微笑ましかったです。歌は陽和が教えて、スポーツは純華と咲希が教えて次の試合に向けて練習するけど2回戦も純華と咲希の大活躍で突破し、3回戦のバドミントンは陽和も活躍したようでホッとしました。

4回戦は野球で勝って、次はフラッグフットボールとは色々な種目が出てきて楽しかったです。あと一つ勝てばブロック代表になれる所まで来たのは奇跡みたいだけど、フードコートの特設ステージでライブが出来るのは楽しみですね。二人に休むように言われたのに陽和はプレイヤーロボットとバスケの練習をして、気づくと朝になっていたのに練習を続けるとは心配だけど優勝して欲しいですね。

40代女性の感想

 

Extreme Hearts【第2話】の口コミ・評判は?

 

▶『Extreme Hearts』第3話の感想はこちら

【Extreme Hearts】の関連記事

【Extreme Hearts】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事


【Extreme Hearts】が無料視聴できる動画配信サービスと見放題先行配信の情報はこちら。

 

【今なら31日間無料で楽しめる♪】

U-NEXTの登録はこちら

U-NEXT