本ページはプロモーションが含まれています。
PR

NieR:Automata Ver1.1a 第2クール【アニメのあらすじとネタバレ感想】

この記事は約13分で読めます。

アニメ『NieR:Automata Ver1.1a』第2クールのあらすじとストーリーの流れに沿った感想を13話~最終回にかけて毎週更新しています。

NieR:Automata Ver1.1a 第2クールの感想本文にはアニメのネタバレが含まれる場合がありますので、ご了承の上お読みください。

 

\感想を1話から読む方はこちら/

感想を初めから見る

 

スポンサーリンク

NieR:Automata Ver1.1a【第13話】のあらすじとネタバレ感想

NieR:Automata Ver1.1a【第13話】のあらすじ

「reckless bra[V]ery」

▶▶ポッド042より報告

西暦5012年。
外宇宙より突如飛来してきた<エイリアン>が、地球侵略を開始。
人類は月へと逃れ、地上では永きに亘り<機械生命体>と<アンドロイド>による戦闘が続くこととなる。

西暦11945年。
「第243次降下作戦」が開始された。
以降、<ヨルハ>部隊の<2B>と<9S>は、地上の奪還作戦に従事。

廃墟都市付近での任務中、レジスタンスより行方不明となったアンドロイドの捜索依頼が発生。
2B・9S両名は司令部からの調査任務とも関連がある可能性を考慮。当該機体の捜索を開始する。

TVアニメ「NieR:Automata Ver1.1a」公式サイトより引用

NieR:Automata Ver1.1a【第13話】のネタバレ感想

処刑モデルのアンドロイドが意味するのは?2Bと9Sが再びペアで地球を調査すると?!

西暦5012年の第十三衛生軌道基地バンカーから説明があり、大宇宙からエイリアンが侵略して人類に突如終わりが来て、機械生命体に地球が乗っ取られ生き延びた者は月へ逃げたのは本当なのか怪しいです。

西暦5204年衛生軌道上に敷設された基地郡よりアンドロイドを使った反攻作戦が開始されたけど膠着状態が続き、最終決戦兵器としてヨルハ部隊が作られたとは悲しかったです。

 

2Bと9Sは地球の廃墟都市で巨大化した植物を見ながら冗談を言っていたけど、多数の機械生命体が迫っていたのはハラハラしました。

2Bと9Sが戦っている間に月面人類会議から地球の奪還は人類の悲願だと「人類に栄光あれ」とは虚しいです。

9Sはこの任務が終わったら次に2Bと組めるのはいつか聞いて、誰かと一緒なのは楽しいと言うけど、2Bは感情を持つのは禁止されていると冷静でした。

 

レジスタンスの女性から友達を探して欲しいと頼まれるけど、女性は機械生命体と戦った時に記憶領域に不具合が出て詳しい事が分からず、壊れたポッドデータなら分かるはずだけど敵が多い場所にあって倒して欲しいとは調子良いですね。

教えてもらった場所にはヨルハ部隊の一人が倒れていて、ポッドには先程の女性が殺している映像が残っていたのはビックリでした。

女性はヨルハE型の部隊からの脱走者や内通者を破壊する処刑モデルで、何人も殺したけど天国に行けるように祈るしか出来ないとビルから飛び降りたのは可哀想でした。

 

砂漠の中にある神殿の調査では2Bが何かを隠している素振りがあり、9Sも気付いて探っているのは緊張しました。

中に入ると2Bが9Sを殺そうとしたのはビックリだし、9Sが投げた物が転がった先にアンドロイドが死んでいたのは怖かったです。

商業施設跡に来ると2Bが9Sを攻撃してビックリだけど、9Sがメインサーバーの極秘ファイルにアクセスした事がバレて処分対象となり、9Sは抵抗するけど殺されてしまったのは衝撃だし、2Bが9Sに寄り添ったのは可哀想でした。

 

司令官がようやく終わると2Bに呟き、二号も同じだとは意味深だし、部隊を集結させて最後の戦いを始めようとは何をするのかドキドキしました。

40代女性の感想

 

NieR:Automata Ver1.1a【第14話】のあらすじとネタバレ感想

NieR:Automata Ver1.1a【第14話】のあらすじ

「mission [F]ailed」

▶▶ポッド153より報告

ヨルハ部隊所属2B・9Sの両名が、敵機械生命体の基幹ユニット<アダム>及び<イヴ>の撃破に成功。
現在、機械生命体は一時的な混乱状態に陥っている。
この状況を敵殲滅の好機と捉えた<人類軍>は、全ヨルハ部隊に向け、機械生命体への総攻撃命令を発令。

当機は随行支援対象である9Sと共に、本作戦参加のS型モデル統括任務を開始する。

TVアニメ「NieR:Automata Ver1.1a」公式サイトより引用

NieR:Automata Ver1.1a【第14話】のネタバレ感想

皆がイチャイチャして9Sは羨ましい?大規模降下作戦に赤い少女が現れて戦況が変わる?!

敵ネットワーク基幹ユニットであるアダムとイヴの撃破が確認されたとは衝撃だし、指揮系統は一時的に混乱状態にあるから総攻撃作戦が決定したのは緊張しました。

故郷を思い出せとはアンドロイドで住んだ事も無いのに変な話だけど、人間のように地球を取り戻せとは滑稽です。

 

大規模降下作戦が開始されて多くの宇宙船が地球へと飛び立ったのはワクワクしたし、ヨルハ部隊が敵を発見して攻撃を開始すると4Sから9Sにハッキング成功の報告が来て緊張感があるのに、32Sも担当分のハッキングに成功したけど12Bが気付くと頭を撫でて来るとは微笑ましかったです。

10Sからも連絡があったけどペアの8Bが私の事どう思っているのと聞いてくるから僕困っちゃうとは皆ラブラブですね。

9SはS型をまとめる任務のようだったけど緊張感の無い報告に頭を抱えて、データ同期を忘れていたけど自分だけペアがいない事を悔しがっていたのは笑えました。

 

本部では機械生命体の生産工場を衛生レーダーで次々と撃破して、彼らの主人であるエイリアンは既に全滅しているとは衝撃でした。

レジスタンスへの武器の貸出が許可されホワイト司令官は疑問に思うけど、上官に強く言われたら逆らう事は出来ないし、地球ではレジスタンスが喜んでいたので結果OKですね。

リリィは複雑な思いでいたけど敵の物量に対しては有効な武器で、更に敵が迫って焦ったけど9Sが助けに来てくれたのはヒーローでした。

 

赤い少女2人がヨルハ部隊の基地であるバンカーに現れ、男性の声で楽しませてくれと言うと少女達が笑ったのは不気味でした。

倒したはずの超大型の機械生命体が再起動して、ヨルハ部隊が逆ハッキングされ、12Bがウィルス感染して32Sを抱きしめて体を刀で突き刺したのはショックでした。

他の場所で戦っているヨルハ部隊も仲間を攻撃して最悪だし、9Sは無事だったけどレジスタンスの中にも汚染された者がいて仲間を殺そうとしたのでリリィが対処したのは切なかったです。

 

11Sが落下して9Sが救助に向かうけどウィルス汚染は深部まで達していて、バンカーと同期していた事が原因だと分かり2Bを心配したので無事なのか早く確認して欲しいです。

40代女性の感想

 

NieR:Automata Ver1.1a【第15話】のあらすじとネタバレ感想

NieR:Automata Ver1.1a【第15話】のあらすじ

「no [I] in team」

▶▶ポッド042より報告

機械生命体の殲滅に向け、地上ではヨルハ部隊とレジスタンスの共闘による大規模侵攻作戦が開始。

しかし想定以上の機械生命体ユニット数を確認。各エリアから支援要請が寄せられている。
当機は随行支援対象である2Bと共に、地上にてアンドロイド達の援護にあたる。

―― 警告:敵からのEMP攻撃及びウイルスの侵入を確認 ――

―― 通信エラー ――

TVアニメ「NieR:Automata Ver1.1a」公式サイトより引用

NieR:Automata Ver1.1a【第15話】のネタバレ感想

人類は滅亡していた?地上ではヨルハ部隊がウイルスに汚染され2Bと9Sに危機が迫る?!

月に人類は逃げ延びていないとハッキリ宣言したのはビックリだし、遺伝子情報が保管されているだけで、異星人が来る前に蔓延した病で絶滅していたとは本当に有り得そうで恐ろしいです。

残されたアンドロイドは人類絶滅を知らないまま異星人と戦い、真実に気付いて戦意喪失を恐れた軍司令部がヨルハ計画を作り、月面人類会議が人類を装って新型のアンドロイドに司令を出しているとは物語の秘密が明らかになってスッキリです。

 

2Bの本当の機体名はヨルハ2号E型で、脱走者や内通者に計画の秘密に気付いた者を破壊する為に作られた処刑モデルとはショックだし、9Sは機密情報に気付きやすく何度も処分して記憶を書き直しているとは残酷です。

今回の作戦が成功したら機械生命体との戦いが終わるので、2Bは9Sと一緒にと呟いたので人間らしい暮らしが出来るといいですね。

 

レジスタンスとヨルハ部隊の共闘作戦が開始された頃、3Bから応援要請を受け2Bが援護に向かい、9Sが超大型機械生命体の群れをハッキングにて制圧したけど逆ハッキングされたのはショックでした。

2Bが向かった部隊でも超大型機械生命体が近づいてハラハラしたけど、2Bがバッサリと斬ったのは格好良かったです。

 

2Bは近距離でウイルス攻撃を受けて仲間に殺されそうになったけど、9Sが助けに来てくれてホッとしました。

バンカーと通信が出来なくなってヨルハ部隊が敵と一緒に向かって来るとポッドは撤退を推奨し、9Sと2Bのパーソナルデータのアップロードを開始するけど敵に囲まれて自爆したのはドキドキしました。

 

バンカーで目覚めて司令部に行くともぬけの殻で、司令官が倒れているのを発見すると機械生命体に乗っ取られて偽の情報を与えられていて、オペレーター達もウイルス感染して攻撃してくると、ポッドまで感染していてバンカーが破壊されたのはビックリでした。

司令官が緊急時の脱出経路へ逃げると6Oが襲って来て司令官が倒すけど、6Oの呟きが聞こえて2Bが後ろ髪を引かれる思いなのは切なかったです。

 

司令官も汚染されていて最後まで司令官らしくいたいとバンカーに残り、2Bと9Sが脱出した後にバンカーが爆発して消滅したのは今後どうなるのか心配です。

40代女性の感想

 

スポンサーリンク

【NieR:Automata Ver1.1a】の関連情報

【NieR:Automata Ver1.1a 第2クール】の基本情報

シーズン 2024年夏アニメ
放送スケジュール 2024年7月5日 23:30~
最速配信 毎週金曜 24時00分~
DMM TV
dアニメストア
dアニメストア for Prime Video
キャスト・声優 2B:石川由依
9S:花江夏樹
A2:諏訪彩花
ポッド042:安元洋貴
ポッド153:あきやまかおる
パスカル:悠木 碧
司令官:加納千秋
オペレーター6O:磯部恵子
オペレーター21O:初美メアリ
リリィ:種﨑敦美
デボル/ポポル:白石涼子
スタッフ 原作:「NieR:Automata」(スクウェア・エニックス)
監督:益山亮司
シリーズ構成:ヨコオタロウ/益山亮司
キャラクターデザイン・総作画監督:中井 準
CGアクション監修・Blender監修:稲田正輝
2Dワークス:平賀みえ
軍事考証:金子賢一
美術監修:加藤 浩(ととにゃん)
美術監督:坂上裕文(ととにゃん)
美術:ととにゃん
美術設定:高橋武之
色彩設計:茂木孝浩
CGディレクター:野間裕介
撮影監督:青嶋俊明
編集:三嶋章紀(三嶋編集室)
音楽:MONACA
音響監督:長崎行男
制作:A-1 Pictures
製作:人類会議
オープニングテーマ(OP) LiSA:「ブラックボックス」
エンディングテーマ(ED) GEMS COMPANY:「灰ト祈リ」
公式サイト https://nierautomata-anime.com
公式X https://x.com/nier_a_anime
原作 ゲーム(アクションRPG)
Wikipedia Wikipediaへ

 

【NieR:Automata Ver1.1a】の関連商品

「NieR:Automata」の小説が出版されています。

 

コミックスも出版されています。

Amebaマンガで『ヨルハ 真珠湾降下作戦記録』が試し読みできます!

会員登録無しですぐ読めます。

 

【NieR:Automata Ver1.1a】が視聴できるおすすめ動画配信サービス

アニメ「NieR:Automata Ver1.1a」は動画配信サービスのDMM TVdアニメストアで定額見放題先行配信が毎週金曜24:00~行われています。

配信でアニメを視聴する方は早めに見ることが出来るのでおすすめです。

 

DMM TVは実写映画やドラマなども楽しむことができます。

DMM TVはこちら

 

dアニメストアはアニメだけを徹底的に視聴したい方にオススメ。料金も安くて機能が充実しています。

dアニメストアはこちら

 

※dアニメストアについて
アプリ内(App Store/Google Play)で月額利用料をご購入する場合は、以下が適用となるため、ご注意下さいませ。
・月額利用料:650円(税込)
・無料期間 :加入日から14日間
※ドコモショップ/Webサイトにてご入会頂いた場合は従来と変わらず、月額利用料550円(税込/初回初月無料)でございます。

※本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧はこちら

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧
2024年夏に放送が開始されたアニメの中から、当サイト(アニメニアン)にてネタバレ感想を掲載している作品の一覧を50音順に並べています。 各作品のネタバレ感想トップページへリンクを貼っていますので、ご利用いただければと思います。