本ページはプロモーションが含まれています。
PR

青のオーケストラ 第12話のネタバレ感想【口も演奏も軽くて合格させたくなかった】

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アニメ『青のオーケストラ』第12話「オーディション」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴前後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

青のオーケストラ第12話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

▶『青のオーケストラ』第11話の感想はこちら【魂の籠もった演奏を聴かせて】

 

\感想を第1話から読む方はこちら/

感想を初めから見る

 

スポンサーリンク
※当サイトの内容を引用リンク無しで無断転載するのはお控え願います。Twitter感想キャンペーンなどで無断転載されているのを確認しております。

青のオーケストラ【第12話】のあらすじとネタバレ感想

青のオーケストラ【第12話】「オーディション」のあらすじ

定期演奏会のメイン曲となるドヴォルザーク「交響曲第9番『新世界より』」演奏メンバーのオーディションが始まった。廊下に漏れるヴァイオリンに、順番を待つ部員たちの緊張が高まる。佐伯とどちらがよい席を勝ち取るのか?青野は注目されていた。ライバルに勝ちたい、そして鮎川先生に自分を認めさせたい―。青野の番が訪れる。奏者に背を向けて座る審査員の3年生。しかし音が響いたその瞬間、全員が誰の演奏なのかを理解した。

アニメ『青のオーケストラ』公式サイトより引用

青のオーケストラ【第12話】のネタバレ感想

オーディションの結果は?青野のヴァイオリンは鮎川先生にどう聴こえた?!

武田先生と鮎川先生が仲良しだったとはビックリだけど、武田先生は青野の事をお願いしていたなんて良い先生ですね。

武田先生は青野と佐伯と良いライバルになると楽しみにしていて、鮎川先生と同じオケ部で昔を懐かしがっていたのは和みました。

 

オーディションが始まって鮎川先生の前で演奏するのは緊張するし、途中で止められた人はダメだったのかと不安になりますね。

裾野が緊張し過ぎで青野に話しかけ、トイレに行き、吐きそうになっても負けたくないとは熱いです。

青野は鮎川先生が父親に似ているから苦手だけど、名前を覚えられていないのは悔しいとは負けず嫌いですね。

審査員をしている生徒達は青野の音を聞いて誰が弾いているのか瞬時に分かったとは嬉しいし、原田が弦楽器の審査員をやりたかったと言うほど興味を持たれたのも誇らしくなりました。

 

青野は演奏しながら幼い頃に公園のブランコが乗りたかったのに貸してと言えず、父親からヴァイオリンを弾いている時に本当の青野が見られると言われたのを思い出して切なかったです。

青野は俺を見ろと演奏を楽しんでいて、鮎川先生に指揮をやらせる程とは勝ちましたね。

 

オーディションの結果は座席として発表されて、青野は2年生よりも前の原田の後ろだし、佐伯よりも前で凄いですね。

律はダメだったけど青野が落ち込むから逆に励まして、自分の力量を真っ直ぐに受け止めたのは偉いです。

青野は羽鳥と一緒に鮎川先生に呼ばれて、羽鳥は鮎川先生から口も演奏も軽くて合格させたくなかったとは厳しいです。

これからは今後の自分の立場を考えて演奏するようにアドバイスして、部活にもっと来るようにとは優しいです。

 

青野は演奏を褒められたけどソロとしてで、青野自身の音色が見えないとは厳しいです。

昔の音色と比べられたのは父親を思い出して可哀想だけど、コンサートマスターの候補だと言われたのは嬉しいですね。

佐伯も候補の一人だけどオーディションでは高熱で碌な演奏が出来なかったらしく、青野は勝った訳では無かったとは残念でした。

 

鮎川先生は一ヶ月後にどちらがオーケストラに相応しい演奏をするか見極めると言い、青野もやる気を出したので2人が競い合うのが楽しみです。

40代女性の感想

 

青のオーケストラ【第12話】の口コミ・評判は?

 

▶『青のオーケストラ』第13話の感想はこちら【全力の演奏だったのか】

 

スポンサーリンク

【青のオーケストラ】の関連情報

【青のオーケストラ】の感想一覧

\感想一覧ページはこちらから/

感想一覧はこちら

 

【青のオーケストラ】の原作漫画

Amebaマンガで『青のオーケストラ』が試し読みできます!

会員登録無しですぐ読めます。

 

【青のオーケストラ】が視聴できるおすすめ動画配信サービス

アニメ「青のオーケストラ」は動画配信サービスのDMM TVで1話から最新話まで視聴でき、最新話は毎週水曜日12:00から配信が開始されます。

DMM TVではアニメの他にも国内ドラマ・海外ドラマ・バラエティ・映画・ライブ配信に加えて、DMM TVのオリジナル作品も多数あるので安い料金で色々観たい方にオススメです。

 

動画配信サービス(VOD)にはメリットがたくさん!

メリット 録画派 非録画派 TV未所持
いつでも好きなときにサクッと視聴できる
深夜に起きている必要がない
録画の手間がかからない
予約失敗のリスクがない
連続視聴でイッキ見できる満足感
視聴速度を自由に変えられる柔軟さ
未放送のOVAや劇場版作品が視聴できる
過去の名作アニメを漁れる喜び
テレビやワンセグがなくても視聴できる
無料体験できるので得はあっても損がない

 

時間に縛られない、のびのび自由で満足できるアニメライフが待っています(^^)

 

▶【DMM TV】を30日間無料トライアルで楽しむならこちら

\3分で簡単登録♪/

※本ページの情報は2023年6月時点のものです。最新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。