本ページはプロモーションが含まれています。
PR

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第11話のネタバレ感想【フラグいただきました】

この記事は約6分で読めます。

アニメ『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』第11話「MAGICAL DESTROYERS」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴前後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

魔法少女マジカルデストロイヤーズ第11話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

▶『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』第10話の感想はこちら【敢えてフラグを立てて生き残る】

 

\感想を第1話から読む方はこちら/

感想を初めから見る

 

スポンサーリンク

魔法少女マジカルデストロイヤーズ【第11話】のあらすじとネタバレ感想

「KING AMUSEMENT CREATIVE」公式チャンネルより引用

魔法少女マジカルデストロイヤーズ【#11】「MAGICAL DESTROYERS」のあらすじ

SSC本拠地の最深部で見つかったSHOBONの手帳には、
スレイヤーと死闘を繰り広げるアナーキーたちに迫る重大な危機が記されていた。
それは同時に、この戦いの真相へとつながるもの。
オタクを憎悪し、根絶を企んだSHOBONの意図が、その過去とともに明かされる。
すべての終わりを食い止め、塞がれた未来を変えるべく、オタクヒーローは無人の東京の街を疾走する。

TVアニメ「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」公式サイトより引用

魔法少女マジカルデストロイヤーズ【第11話】のネタバレ感想

薬はやっぱり毒だった?シナリオ通りになった魔法少女達に待ち受けていたのは?

ゲームを作っている男がネットでボロクソに批判されていたけど、自画自賛して反論していて突然現れた巨大な少女の顔に面白いと言われたのは怖かったです。

少女がもっと面白く出来ると呟くと目から七色に光る水の玉を男に渡し、私の為に世界を作り上げろとは不気味でした。

男は口からコードを出してパソコンに繋ぐと、吸い込まれてSHOBONの姿になったのはビックリでした。

今まで好き放題ほざいていた連中を好きなだけ好きに出来る世界を作るとは復讐劇のようで恐いです。

 

ブルーとピンクは自分の顔とそっくりな敵と戦いになり、アナーキーも自分とそっくりなスレイヤーと戦って、3人の戦いの衝撃はオタク達にも伝わっていてハラハラしまし。

ブルーとピンクが戦っている敵に止めを刺そうとすると、風船みたいに膨らんで光ったかと思うと扉が現れ、オタクヒーローが絶対に開けちゃいけないと叫んだのはドキドキしました。

扉の先から自分と同じ顔が無数に向かって来るのは恐いし、腕が伸びて来てブルーとピンクを引き込んだのはショックでした。

 

ニックからの報告でオタク達はSHOBONの掌で踊らされていたと知るけど、仲間が殺された悔しさで最後までやらせて欲しいとは胸が熱くなりました。

スレイヤーはアナーキーと同じ事を思っていて同一人物のようだけど、スレイヤーはアナーキーを痛め付ける時だけが生きた心地がするとは狂っていますね。

SHOBONは全ての者を道具としてしか見ていなくて、この世界を単一色にするとは恐いし、魔法少女達をオタクという害毒を滅ぼし世界を浄化する解毒剤とは最低です。

 

ブルーとピンクの記憶からオタクヒーローとの思い出が消えていき、泣きながら止めてと叫ぶのは胸が痛くなりました。

アナーキーはオタクヒーローと一緒に先に進み好きなだけ好きと言うとスレイヤーに攻撃して、SHOBONがフラグいただきましたと余裕なのがイラッとしました。

中野で手に入れた薬はやっぱりSHOBONが裏で糸を引いていて、スレイヤーも使い捨てにするなんて酷いです。

スレイヤーは抗って見せるけどSHOBONのシナリオ通りになって、隣には狂太郎がいてオリジンと呼ばれたのは衝撃でした。

 

魔法少女達がヘビメタみたいな姿に変身して、マジカルデストロイヤーズになったのはドキドキしました。

40代女性の感想

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ【第11話】の口コミ・評判は?

 

▶『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』第12話(最終話)の感想はこちら【SHOBONの作ったゲームは嫌いで出来ている】

 

スポンサーリンク

【魔法少女マジカルデストロイヤーズ】の関連情報

【魔法少女マジカルデストロイヤーズ】の感想一覧

\感想一覧ページはこちらから/

感想一覧はこちら

 

【魔法少女マジカルデストロイヤーズ】が視聴できるおすすめ動画配信サービス

アニメ「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」は動画配信サービスのDMM TVで1話から最新話まで視聴できるのに加え、地上波放送終了直後から配信が開始されます。

DMM TVではアニメの他にも国内ドラマ・海外ドラマ・バラエティ・映画・ライブ配信に加えて、DMM TVのオリジナル作品も多数あるので安い料金で色々観たい方にオススメです。

 

動画配信サービス(VOD)にはメリットがたくさん!

メリット 録画派 非録画派 TV未所持
いつでも好きなときにサクッと視聴できる
深夜に起きている必要がない
録画の手間がかからない
予約失敗のリスクがない
連続視聴でイッキ見できる満足感
視聴速度を自由に変えられる柔軟さ
未放送のOVAや劇場版作品が視聴できる
過去の名作アニメを漁れる喜び
テレビやワンセグがなくても視聴できる
無料体験できるので得はあっても損がない

 

時間に縛られない、のびのび自由で満足できるアニメライフが待っています(^^)

 

▶【DMM TV】を30日間無料トライアルで楽しむならこちら

\3分で簡単登録♪/

※本ページの情報は2023年6月時点のものです。最新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。