本ページはプロモーションが含まれています。
PR

デッドマウント・デスプレイ 第3話のネタバレ感想【殺された経験に恍惚となる】

この記事は約5分で読めます。

アニメ『デッドマウント・デスプレイ』第3話「The Necromancer-死霊術士-」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴前後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

デッドマウント・デスプレイ第3話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

▶『デッドマウント・デスプレイ』第2話の感想はこちら【百年の時間を掛けて復讐】

 

\感想を第1話から読む方はこちら/

感想を初めから見る

 

スポンサーリンク

デッドマウント・デスプレイ【第3話】のあらすじとネタバレ感想

デッドマウント・デスプレイ【#03】「The Necromancer-死霊術士-」のあらすじ

「拷問ビル」に住むことになったポルカは、仲間となった繰屋匠と崎宮ミサキとともに、どうすれば平穏に日々を過ごすことができるか模索する。
そこへ「殺し屋殺し」のミサキへ仕事を依頼したいという男が訪れる。
依頼人は以前ミサキが消した殺し屋の陣場の仲間たちを始末してほしいと言うが、それは陣場の仲間の仕掛けた罠だった。
突如として待ち伏せしていた男たちの襲撃を受けるミサキ。
なんなく襲撃をかわしたミサキだったが、背後から依頼人の男の放った銃弾に身体を撃ち抜かれてしまう……。
一方、ポルカの引き起こした異常な事件を捜査するため、新宿署生活安全課第三資料編纂係――通称「三纂」の刑事たちが動き始めていた。

TVアニメ「デッドマウント・デスプレイ」公式サイトより引用

デッドマウント・デスプレイ【第3話】のネタバレ感想

警察が動き始めた?ミサキに来た依頼をポルカが引き受けたのは誰のため?!

火事現場で骸骨が動いている動画を見てミサキがお化けは本当にいたと大興奮していたけど、側でポルカが骸骨に荷物運びをさせていて、匠が思っていたより側にいると呟いたのは笑えました。

ミサキは殺された経験に恍惚となってポルカと一緒にいるのは大丈夫とは狂っているけど、拷問ビルにポルカとミサキが一緒に住む事になったのはラッキーですね。

 

ポルカの家族へ定期的にハガキを送る事になったのは面白かったし、屍神殿という名前をミサキが格好良いと言ってくれたのは嬉しくなりました。

ポルカを殺そうとした奴を説得したいと思っているようだけど、クラリッサには聞かなかったようだし、殺し屋は他にもいるので危険ですね。

ポルカ本人の魂はドローンに憑依させていて驚いたけど、人の魂を玩具と同じと何でも無い事のように話すのは不気味でした。

 

ポルカが平穏の為に仕事を探す事にするとタイミング良くミサキに仕事が舞い込んでラッキーでしたね。

ミサキは最初渋っていたけど、ポルカが依頼人の男の側にしゃがんで依頼を受けると言ったのは違和感があったけど、ミサキが掌返しして笑えました。

ミサキが前に殺した陣場という殺し屋の仲間を始末して欲しいという依頼だったけど、待ち伏せされていたのはハラハラしました。

 

ミサキが騙し討ちされたけどゾンビになっていたので死なないし前より頑丈とは頼もしいし、ポルカは依頼して来た男に取り憑いている子供達の依頼を受けたとはビックリです。

ポルカが子供の依頼を引き受けたのは、半分は腹いせだけど子供が大好きで願いを叶えてあげたいとは優しいですね。

 

暗いビルの中で男が急に消えて怖いし、クラリッサは嫌いな客が一人減ったと喜んでいるけど面倒事の予感もして怪しいです。

ミツキは唾液に麻痺作用があると教えて貰うと、ポルカで試したのはお茶目だし、匠がヲタクみたいな事を言い出したのは笑えました。

 

ポルカが始末した男達は死んでなくて二度と人殺しが出来ないようにしてあるとは不気味だし、人間の体を固結びしていたとは衝撃でした。

バーで女の子にお触りしている男とぼったくりバーで絡まれて逆に血塗れにした男は刑事だったとはビックリです。

40代女性の感想

 

デッドマウント・デスプレイ【第3話】の口コミ・評判は?

 

▶『デッドマウント・デスプレイ』第4話の感想はこちら【友達の命より大切な秘密は無い】

 

スポンサーリンク

【デッドマウント・デスプレイ】の関連情報

【デッドマウント・デスプレイ】の感想一覧

\感想一覧ページはこちらから/

感想一覧はこちら

 

【デッドマウント・デスプレイ】の原作漫画

Amebaマンガで『デッドマウント・デスプレイ』が試し読みできます!

※2023年4月7日~2023年5月11日までの期間限定無料お試し版。

続きが気になって次週まで待てない方や、視聴継続の判断材料として活用できます。

会員登録無しですぐ読めます。