もののがたり 第1話のネタバレ感想【憎い付喪神達と一緒に暮らす】

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

アニメ『もののがたり』第1話「兵馬」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴前後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

もののがたり第1話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク
※当サイトの内容を引用リンク無しで無断転載するのはお控え願います。Twitter感想キャンペーンなどで無断転載されているのを確認しております。

もののがたり【第1話】のあらすじとネタバレ感想

SHOPRO公式チャンネルより引用

もののがたり【#01】「兵馬」のあらすじ

付喪神を、常世へ還す生業──“塞眼”。塞眼御三家の一つ・岐家の次期当主である兵馬は、付喪神を手当たり次第に封じてしまう問題児。見かねた現当主であり祖父の造兵に、荒療治として付喪神と共棲する長月家への居候を命じられる。「一年間の居候を果たさなければ塞眼の資格を剥奪する」と告げられ、しぶしぶ長月家のある京都に向かうことになった兵馬。付喪神に兄姉を奪われた過去から付喪神を強く恨む兵馬は、長月家の付喪神"婚礼調度"と初日から衝突してしまう──

TVアニメ『もののがたり』公式サイトより引用

もののがたり【第1話】のネタバレ感想

色々な付喪神が登場して楽しい!真面目な頑固者は付喪神と同居できるのか!?

神社の境内で兵馬の兄と姉が付喪神に殺され、自分も狙われて目の下に傷が出来たけど、二人に助けられたのは悲しかったですね。

路地裏に古銭の付喪神が現れ、岐造兵対話で器物に戻して常世へ還すとは流れるような作業でお見事でした。

孫の兵馬も同じ古銭の付喪神を追って行ったけど、いきなり殴って器物にしてしまって笑えます。

 

兵馬はいたって真面目で理路整然と殴った事を説明して、いつ牙を向くか分からない相手は全て払うとハッキリ宣言したのは兄と姉の事が思い出されて可哀想でした。

造兵がいくらお説教をしても心に響かないようで、兵馬を変えようと特例で長月家に仕える付喪神達と一緒に暮らすように命令したのはワクワクしました。

兵馬は付喪神に憎悪の念を持っていたけど、このままだと塞眼の資格も剥奪されるし、岐家を継ぐ事も出来ないので仕方なしに言う事を聞き、兄と姉の写真を持って行ったのは切なくなりました。

 

京都に到着した兵馬は造兵に人と暮らしている付喪神たちと人との関係に触れて見定めろと言われたので心境の変化があるのか楽しみです。

付喪神たちの主であるぼたんは大学生のようで不在だったけど、付喪神は全員で出迎えてくれたのに兵馬が敵対心を剥き出しにしているのはハラハラしました。

兵馬は付喪神が嫌いだとハッキリ宣言してビックリだけど、羽織は素直に話してくれて良い子だとは大人ですね。

とはお互いを煽ってわざと喧嘩に持ち込んだようにしか見えないけど、戦いが始まって互角なのは楽しかったです。

 

ぼたんが帰って来ると連絡があって付喪神たちが焦って兵馬を取り押さえたけど気絶させたのは笑えました。

兵馬はぼたんに会って挨拶だけはちゃんとしたのは真面目だけど、すぐにダウンしたのは面白かったし、ぼたんに事情を聞かれた付喪神たちがだんまりを決め込んだのは調子良いですね。

40代女性の感想

 

 

もののがたり【第1話】の口コミ・評判は?

 

▶『もののがたり』第2話の感想はこちら

 

スポンサーリンク

【もののがたり】の関連情報

【もののがたり】の感想一覧

\感想一覧ページはこちらから/

感想一覧はこちら

 

【PR】アニメ商品に特化した宅配買取【いーすとえんど!】

【もののがたり】の原作漫画

Amebaマンガで『もののがたり』が試し読みできます!

会員登録無しですぐ読めます。

 

【もののがたり】が視聴できるおすすめ動画配信サービス

アニメ「もののがたり」は動画配信サービスのABEMAで視聴できるのに加え、動画配信サービスの中では唯一地上波放送と同時刻に配信が開始されます(他の配信サービスは全て5日遅れ)。

他にも最新アニメが何本も先行配信されているのでおすすめです。

有料サービスのABEMAプレミアムの方は1週間の視聴期限もなくなり、1話から最新話までいつでも作品を楽しめます。

▶【もののがたり】を14日間無料で楽しむならこちら(ABEMAプレミアム)

  • 最新アニメの先行配信が多い動画配信サービスです。
  • ABEMAプレミアムの14日間無料体験期間中は、いろいろなアニメが見放題♪
  • 無料体験期間内に解約でき、解約金もかからないので思う存分お試しできます。
  • 過去エピソードに視聴期限が無くなるのも嬉しいポイントです。

※本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はABEMAプレミアムサイトにてご確認ください。