ありふれた職業で世界最強 2nd season【アニメのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク
この記事は約14分で読めます。

ありふれた職業で世界最強 2nd season INTRODUCTION

かつてのクラスメイトたちと別れた後、主人公ハジメが率いるパーティーは新たな神代魔法を手に入れるため大迷宮へと向かっていた。
様々な試練を突破し、元の世界に帰るために着々と力をつけていく一行。

しかし、その裏では魔人族たちも不穏な動きをみせていた。

王都に忍び寄る影と暗躍する謎の人物。

「敵はすべて倒す――たとえそれが神だとしても」

彼らの前に立ちはだかる真の敵とは一体何者なのか――!?
“最強”異世界ファンタジー、セカンドシーズン開幕!

「ありふれた職業で世界最強」2nd season公式サイトより引用

スポンサーリンク

ありふれた職業で世界最強 2nd season【第7話】のあらすじと感想 ハジメの子離れと戦いの始まり

第七話 新たな誓い

メルジーネ海底遺跡を攻略したハジメたちは、ミュウとの別れを惜しみ、次なる目的地へなかなか出発できずにいた。他のメンバーに見守られながら、ハジメは旅立ちをミュウに伝えようとする。一方、王都にいるリリアーナは王宮の人々の異変に気づき――。

「ありふれた職業で世界最強」2nd season公式サイトより引用

 

海人族の町エリセンに戻って来たハジメはミュウに顔をパチパチされて目が覚め、本当の親子みたいで微笑ましかったけどミュウの教育には良くない事ばかりでイヤラシイです。
女の子達は水着になって隠れんぼして楽しそう。

 

ハジメはミュウに旅立ちの事を何と伝えようかと悩んでいて先生の言葉を思い出すのは男子高校生だった事を思い出します。

 

ミュウがシアの水着を盗んではしゃいで可愛い。

ミュウの母親が気を使って旅立ちを促してくれるのは大人ですね。

二人が話しているとティオがイヤラシイ想像をしてハジメに殴られるのは笑えました。

皆もノリノリで水着をハジメの頭に乗せてアホエロ全開なのは脱力しますね。

 

ハジメはミュウとお別れする事が出来て安心しました。

いつか自分の世界に連れて行くというのは心配だけど夢があって良いですね。

 

王都ではリリーナが街を駆け抜けて逃げ出そうとしているし、神山では畑山先生が捕まったままだし、種族や宗教間の争いに巻き込まれていて何が起こるか分からなくて怖いです。

王宮では兵士達が虚ろな目になってしまいピリピリしていて緊張します。

 

騎士団長はこの状態を考えているけど答えが出なくて遠くを見つめ置き手紙を書いてしまうなんて不吉です。

部下のホセが操られてしまって騎士団長を襲ったのは焦りました。

大介が相談しに来た方が怪しいと思っていたのに怯えて床に転がるとか情けないと思ったのに、やっぱり騎士団長をナイフで刺してしまってクズでしたね。

 

 

ありふれた職業で世界最強 2nd season【第8話】のあらすじと感想 ハジメは敵を見ると過激で悪魔的です

第八話 不穏な影

 

愛子は神山の塔に囚われ、フリード率いる魔人族も大きく動き出していた。そして警備が手薄となった王都では、メルドが虚ろな表情を浮かべたホセと裏切った檜山に襲われ、深手を負わされてしまう。忍び寄る謎の影にハジメたちは気づくことができるのか――。

「ありふれた職業で世界最強」2nd season公式サイトより引用

 

檜山がまた裏切ってメルド団長を刺すとか本当にクズですね。

部下のホセ達をやっつけたのに死んでも動くとか残酷です。

メルドが外に逃げると月をバックにノイントが現れて神と言葉に返事をしたので女神様かもとちょっと期待しました。

メルドは光に包まれてしまったけど無事な事を祈りたいです。

 

檜山と話をしている誰かがいるけど顔が見えないのが残念ですね。

破滅の未来を選ぶなんて狂気的で怖い。

同級生の中村が怪しいけど誰だか気になります。

 

香織が盗賊に襲われている人を助けてとハジメに言うと犯罪者を見たらアクセルを踏めとニタリと笑うハジメの顔が楽しそう。

やるなら皆殺しとか潔いし、香織もそれは承知したので安心しました。

 

リリアーナと再会したハジメが王女様を忘れていて笑えます。

王城での出来事を聞いたハジメが畑山先生を助けに行くと言ってくれて安心しました。

先生が連れ去られた神山はダンジョンの一つらしいので一石二鳥ですね。

新しい神代魔法を手に入れるのは楽しみです。

 

ハジメはあっさりと先生の所へ辿り着いて壁を壊して中に入ってしまうとは凄い。

先生はハジメを思って呟いて勘違いしてトキメクとか女子ですね。

せっかく先生を助け出せたのにハイリヒ王国の結界が破られた音がして魔神族が襲って来たのは緊張しました。

眩しい光の先にノイントが現れて神の使徒と名乗りイレギュラーを排除とは何が起きているのか怖い。

ハジメが不敵に笑っているのは頼もしいですね。

 

 

ありふれた職業で世界最強 2nd season【第9話】のあらすじと感想 ユエとシアの戦闘力が化け物じみていて怖いです

第九話 王都侵攻

 

リリアーナから王都で起きている出来事を聞いたハジメは、神山に囚われている愛子のもとへ急ぐ。そこに現れたのは、神の使徒・ノイントであった。リリアーナとともにユエたちが向かった王都では大結界が破られ、魔人族と魔族の大軍が進軍を始めているところだった。

「ありふれた職業で世界最強」2nd season公式サイトより引用

 

結界が破られてリリアーナは苛立っているし、ユエは怒っているしシアと一緒にボコボコにするとか女性陣が怖いです。

魔神族のフリードが大軍で迫っているけどユエが指を鳴らしただけで倒してしまったのは圧倒的過ぎましたね。

手で来いと煽ったのは味方でもイラッと来る感じでした。

 

ミハイルがカトレアの敵とシアに牙を剥くけどシアは興味ないと見た目からは反する程に冷たく言い放って格好良かったです。

シアは石化する針を刺されて体が石になっていくのに弾き飛ばして恐ろしい。

化け物と言われて喜んでしまうとは強くなった証拠なのは分かるけどまだ成長するかと思うと楽しみですね。

 

ユエは複数のドラコンを出す魔法を使って怒りに任せてフリードの軍に叩きつけるのは威力があって凄いです。

フリードの魔力はもっと大きくて光の大爆発が怒ったのは気持ち良かったです。

ドラゴンに刺されたユエにビックリしたけど次の瞬間には反撃していて強いですね。

フリードがダメージを受けて口から血を流して苦しそうなのは可哀想で思わず応援してしまいました。

フリードが撤退して安心したけどユエは逃げられて怒っているのは怖いし、そんなユエを見てシアが動きを止めてしまって面白かったです。

 

ハジメは畑山先生を抱えているから全力が出せないとは残念。

畑山先生も戦いの最中なのに私の為にとお花畑な感じで緊張感無いですね。

ノイントは王都が魔神族に襲われていても興味が無いとは神様の使徒らしい。

ハジメは衰弱させる魔法を受けて体からキラキラしたものが出ているのは綺麗でした。

 

神様はハジメを殺したいと思っているとは酷い。

不要なら元の世界に帰す優しさも無いどころか苦しみを与えようとは手加減無しで叩き潰せしても許されるほど悪人キャラでハジメの反撃が楽しみです。

 

 

ありふれた職業で世界最強 2nd season【第10話】のあらすじと感想 神の試練と仲間の裏切りに人間の本性が見られます。

第十話 神の使徒

ハジメとノイントの戦いが始まり、彼女から神・エヒトの望みが語られる。人々を駒としか見ていないエヒトは、盤上をかき乱すイレギュラーであるハジメの死を望んでいたのであった。絶大な力を持つ大いなる存在にハジメは抗うことができるのか――?

「ありふれた職業で世界最強」2nd season公式サイトより引用

 

畑山先生が自分の血で手の甲に紋章を書いて決意を見せたのは意外で見直しました。

ハジメはノイントの攻撃を交わすのが精一杯という感じでハラハラしたけど、血を流しても減らず口を叩くので負ける気がしないのは不思議です。

猛攻撃でノイントを墜落させて勝利したようで安心しました。

 

畑山先生が教会の結界を破るつもりが爆発させて命を危険に晒すとはビックリ。

半端はいけないという理由は言い訳にしか聞こえないし、後になって他の人を心配して泣くとかまだまだ子供ですね。

謎の男が現れて付いて行くと魔法陣の所まで案内されてドキドキしました。

神代魔法を手に入れる条件は神になびかない強靭な心とはノイントが現れたのも試練だったのかもと思えます。

 

王宮でも大きな音がして八重樫が何かを察知したのは流石です。

勇者の天之河が王宮だからと警戒心が無いのが心配だし、クラスメイト全員を集めて調査開始なんてハラハラしました。

中村の助言でメルドたち騎士団と連携した方が良いなんて上手い事言うけど結界が破られた事を伝えに来たメイドも騎士団のホセたちも目がおかしくて怪しかったです。

 

ホセは水晶を取り出して光を放つと騎士団がクラスメイト達を次々と襲ってビックリ。

八重樫に駆け寄って来たメイドもナイフで刺して拘束具を付けたのは完璧で大ピンチだけど事件が起こってワクワクしました。

 

中村が本性を現して高笑いしているのは怖かったけど何をしてくれるのか楽しみです。

40代女性の感想

 

 

『王都兵士を操り、勇者一行の暗殺を企てる意図とは?』

聖教協会の悪党共がハジメの邪魔しない様にティオ・クラルスと畑山愛子先生が向かいます。

その頃、ハジメVS神の使徒の本当の闘いが始まろうとしています。

神の使徒は、ハジメの攻撃すら難なく交わし、反撃を繰り返します。

ハジメはこのままじゃ埒が明かないので、身体強化のスキル『限界突破』を使い反撃を行っていきます。

ハジメは持てる武器を駆使しながら、神の使徒に攻撃するも効果が見出せずにいましたが、剣を義手で防いだ時に何か思い付いた様に攻撃を仕掛けます。

お互い接近している時にクロスビットで、吹き飛ばした処に円月輪を投げつけドンナ―&シュラークを撃ち飛ばして、剣を粉砕した瞬間にパイルバンカーを使い神の使徒を撃退します。

 

決着がついた後、聖教協会が大爆発します。

聖教協会は、粉々になっています。

原因はティオ・クラルスと畑山愛子先生が、ブレスの威力を高めた威力は想像以上の破壊力に成り、教会の結界を破壊するどころか教会その物を崩壊します。

ハジメ達は神代魔法を捜す為に大迷宮攻略します。

王都では、何やら怪しげな雰囲気が漂っています。

勇者一行はメルド&王都兵士達と合流する為、王宮内広場に集まりますが勇者一行は檜山大介と中村恵理が居ない事を誰一人気付いていない様子です。

王都兵士達は勇者一行を囲む様に配置するや否や辺り一面が発光し、兵士達が勇者一行を斬りつける所業に出ます。

黒幕は、勇者一行の中にいた中村恵理の様です。

何故この様な所業を企てたのか、次回に続きます。

 

・ハジメVS神の使徒の闘いでは、攻防戦の素早さはチョットした油断で生死の現実が直ぐそばに近付く感じが出ていて色々な面で面白い場面が盛り沢山です。

ハジメ自身で錬成を駆使して作り上げた武器には、電磁パルスを用いたモノが多く作らていて強力な武器程、大きくカッコイイ感じに成っていてハジメがこれから改良や新作を作り上げる武器が楽しみです。

また、ハジメの闘いが終わった後の教会を崩壊させた畑山愛子先生のコミカルな言い訳が笑いを誘います。

王都の異変では、兵士達の生気がない様子に誰も気付かない事が、不自然な気がします。

檜山大介と中村恵理は、魔族と契約交わしているのではないかと思われます。

それは何故かと言うとシーズン1の時に一人魔族と契約を交わした奴がいたからです。

40代女性の感想

 

 

ありふれた職業で世界最強 2nd season【第11話】のあらすじと感想 恵里の狂気が炸裂!ハジメの強さでスッキリです!

第十一話 裏切り

神山でのノイントとの戦いを終え、大迷宮の攻略を果たしたハジメは、魔人族の侵攻を受ける王都へと向かう。その王都では、すでに恵里の降霊術によって操られた人々にクラスメイト達が包囲されていた。恵里が裏切った真相とは――。

「ありふれた職業で世界最強」2nd season公式サイトより引用

 

クラスメイトを動けなくした恵里は光輝にキスしてビックリ。

光輝を手に入れる為に周りにいる女子をゴミ呼ばわりして掃除しただけとは発想が怖い。

異世界でずっと一緒に暮らすと高笑いして異常ですね。

恵里はクラスメイトの一人を躊躇無く殺して人形にしてしまった力は凄いですね。

親友だと思っていた谷口鈴も利用していただけとは酷い奴です。

雫にも友達ごっこは反吐が出そうだったと悪態付いて自分の手で殺そうとするなんて今まで大人しかった分だけ怖さが倍増です。

 

香織が助けに来てくれて危機一髪だったのは安心しました。

リリアーナも駆けつけてくれたけど裏切り者の檜山が襲って来てコロコロ変わる展開は面白かったです。

檜山は香織を刺して南雲より自分の方が良いとは気持ち悪いですね。

香織が諦めないで力を使ったのは見直しました。

檜山が二度も香織を刺して酷い。

光輝が立ち上がって他のクラスメイトの拘束も解けたので逆転のチャンスかと思ったけど簡単じゃ無かったですね。

光輝の前にメルドが立ちはだかって気持ちは通じているのに倒せないのは残念です。

恵里が光輝にキスしたのは毒を飲ませる為だったとは好きなのに殺そうとするなんて狂ってますね。

クラスメイトが騒いでいるのを楽しみながら香織を操ろうとして変に気分上がりますね。

 

ハジメがやっと到着して素早い動きで檜山を殴ったのはスカッとしました。

メルドの思いを見抜いて止めを刺して優しいし、マシンガンで操られた人達を解放して潔いです。

檜山を攻めて来る魔物達の群れに放り込んだのはいい気味です。

恵里が檜山のせいで助かってしまったのは残念ですね。

フリードまでやって来てややこしくなったけどハジメが一瞬にして魔物を殲滅したのは凄かったです。

フリードが恵里を連れて撤退したのは何かやらかしそうで危険ですね。

香織の容態が心配だけど雫も立ち直れそうだし恵里とフリードと決着を付けるのが楽しみです。

 

 

ありふれた職業で世界最強 2nd season【第12話(最終話)】のあらすじと感想 香織が復活したけど姿が?!ハジメはクラスメイトと仲良くなった?

第十二話 新たな旅立ち

王都での一連の騒動は、光輝を手に入れるために魔人族と手を組んだ恵里の仕業であった。王都に侵攻した魔人族を退けたハジメは、香織を蘇生させるべく神山に向かい――。

「ありふれた職業で世界最強」2nd season公式サイトより引用

 

魔人族との戦いは終結したようで良かったです。

お姫様であるリリアーナは後始末に大変そうだけど王族として頑張って欲しいです。

香織を蘇生させようと仲間達が交代で治療しているのは微笑ましいですね。

畑山先生が色々と後悔しているようだしハジメが檜山を殺した事を割り切れていなくて苦しんでいるのは同情します。

ハジメが先生には罪悪感を抱いて人間らしくいて欲しいとは優しいですね。

苦しくてしょうが無い時は背中を貸すなんてお人好しです。

早速背中を借りた畑山先生は甘え上手ですね。

 

雫と光輝は訓練に励んでいているけど雫はハジメ達を思って空を見上げているのは切ない。

光輝はハジメを信用出来ないなんて助けて貰ったのに酷いです。

リリアーナが空から降ってくるハジメ達を発見して嬉しくなりました。

香織が後から来ると言う言葉に雫が動揺しているのが面白かった。

香織が受け止めてと言っているのにスルーして笑える。

香織の姿が変わってしまったけど可愛いくて人間離れして見えます。

香織はハジメ達のおかげで生き返ったけど強くなりたいからと体を変えたとはハジメの為だと思うとキュンとしますね。

元の体は冷凍保存してあるのは安心です。

 

リリアーナが帝国まで一緒に行きたいと言い出し、光輝が神代魔法を手に入れたいとハジメに付いて行くと言い出して面倒くさい。

断るとハジメが悪いみたいな空気になって都合の良い時だけ頼ってくるのにハジメは了承してビックリだけど肉壁にするとは良い案です。

宴会ではハジメを囲んでハーレム状態だったけどティオの変態ぶりにハジメがキレてやり返したのは笑えました。

ハジメ達はクラスメイトを引き連れて新しい旅に出発したようなので続きも放送されると良いですね。

40代女性の感想

 

 

ここまで感想をご覧いただきありがとうございました。

アニメ『ありふれた職業で世界最強 2nd season』は動画配信サービスのお試し期間を使えば全て無料で見ることができます。無料期間中の解約もできますよ(^^)♪

おすすめ2社の無料登録はこちらからできます。
どちらもアニメ配信数が最大級のサービスです。


\31日間お試し無料/

 

『ありふれた職業で世界最強 2nd season』を配信している動画見放題サービスはこちらから確認できます。

>>2022年冬アニメ見放題配信サービスの配信状況一覧

 

他のアニメにも興味があればこちらもどうぞ。

>>2022年冬アニメの感想一覧