異世界薬局 第5話【アニメのあらすじとネタバレ感想まとめ】貴族は平民の商いを踏みにじってはならない

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

アニメ『異世界薬局』第5話「異世界薬局の日常と化粧品」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。視聴後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

異世界薬局第5話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

▶『異世界薬局』の感想を第1話から読みたい方はこちら

スポンサーリンク

異世界薬局【第5話】のあらすじとネタバレ感想

KADOKAWAanime公式チャンネルより引用

異世界薬局【第5話】「異世界薬局の日常と化粧品」のあらすじ

異世界薬局の存在は市民の間に広まり注目されるが、依然として客足は鈍いまま。ロッテのとった市民アンケートで、貴族の経営する店に平民が気後れすることを知る。どうしたら客が増えるか悩んでいると、腕に傷跡が何本も見える貴族のお嬢様が薬局へ運ばれてくる-

TVアニメ『異世界薬局』公式サイトより引用

【Blu-ray】TV 異世界薬局 第1巻 2022/09/28 発売 アニメイト特典:アニメ描き下ろしイラスト使用アクリルキーホルダー2個セット(全巻購入)※特典は無くなり次第終了

異世界薬局【第5話】のネタバレ感想

ファルマの薬局が盤石すぎて驚いた

結構商業のバランスが難しいなと思いました。案の定大活躍なファルマの薬局なんですが、あんまりにも売れ行きが凄いと、客足が遠のく店もあるため、ある意味で犠牲が出る状況になるのだと思いますね。いい思いをする人がいれば、悪い思いをする人がいる、まさにこの天秤のように一定量に収束する状況がなんとも難しいと感じつつも、バランスが必要だなと思いました。またそういったバランスをとったりするのも大きな力が必要になると思うのですが、ファルマは陛下という最強のサポート先があるのでそういった部分も盤石だなと思いましたね。

ファルマの製品は革新的なのでみんなが一つ便利性を手に入れたなと思います。これを損する人が極限的に減るような手腕も合わせることで、普通に起きうる天秤のようならバランスを無視した、最早無敵ともいえる状況をファルマが作り出せたなと思いましたね。ファルマが薬師として、誰も文句も言えないくらいに飛びぬけた活躍を見せているこの状況は正に無双であり、爽快だなと思ったのでした。

しかし薬師の多様的な薬の知識は本当に汎用性が高いなと思いました。世の中のものは物質でかたどられていて、薬師はその物質の知識を網羅しているわけですから、あらゆる部分に応用出来るのだと思いました。病気に対する適正な対処法はこれまでもそうでしたが、日用品のありとあらゆるものにまで、応用して、その知識が磨かれるほど、より真価を発揮するのだと思いました。

まさにトップクラスで規格外の知識を持つファルマはそういった意味で薬師の極限に達した状態であり、まさに神の啓示を受けたかのように、次から次と凄い製品を作ってしまってまるで魔法のようでしたね。どんどん認められて活躍が止まりませんがどうなっちゃうのでしょうか。

20代男性の感想

『TVアニメ「異世界薬局」オリジナル・サウンドトラック』
予約期間:2022年7月14日 0:00:00 ~ 2022年8月9日 23:59:00 まで

詳細はこちら


帝都市民アンケートの結果は?白い肌を求める女性達の思いが凄い?!

開業してから一ヶ月が経ったけど異世界薬局は閑古鳥が鳴いていてお客さんの姿が無いのは寂しいですね。ファルマはエレオノールとセドリックと3人でどうしたらお客が来るか考えていると、ロッテが街の人にアンケートを取って来てくれたのは出来る子ですね。帝都市民100人に聞きましたとは笑えるし、予想通り貴族だと言う事が引っ掛かっていたけど値段とか字が読めないとかは改善できそうでワクワクしてきました。

常連のジャンおじいさんは船乗りの飴を買ってファルマの水を飲むのが日課のようだけど、船乗りかと聞くと慌てて帰って行くのは怪しいですね。ファルマが外に出ると父親ブリュノと母親ベアトリスが変装して来店したのは笑えるけど、店の中を案内してくれたのは色々見られて楽しかったです。

ベアトリスの提案で化粧品を扱う事に興味を持ったけど、ブリュノが白粉は早死するから止めろとは流石だし、ベアトリスにそんな事をしなくても綺麗だと言ってイチャイチャし始めたのは笑えました。急患の知らせに慌てて駆け付けると、貴族の女性クロエが白い肌を求めて瀉血を繰り返したせいで体調を崩してしまったようで可哀想でした。クロエはお慕いした人の望む姿になりたいから白粉を止められないと泣いていたのは可哀想でした。

ファルマが試作品の化粧品を顔に付けて真っ白になっているのは笑えたけど、クロエが日焼けしやすいタイプだと見抜いて化粧品を作ったのは凄いです。店頭で化粧品のミニセットを発売すると大評判になってお客さんが増えたのは嬉しいし、字が読めない人用に絵の説明書も付いていてビックリでした。人気になりすぎて化粧品の生産が追いつかないとは嬉しい悲鳴で、クロエが出資して化粧品専門店を開業できたのは嬉しいですね。

ファルマは陛下に化粧品を渡すと開発した物は一番に持って来いと怒られてしまい、新商品のリップグロスを持って来ていて良かったですね。従来の白粉は陛下が廃止してくれたし、ファルマの店の価格を上げて貴族は平民の商いを踏みにじってはならないとは格好良かったです。

40代女性の感想

 

開業したのに思うようにいかない?ロッテがアンケートを!

まず、主人公のファルマが薬局を開業したのに思うようにいかないのは、劇中でも描かれていたとおり、原因がわかっていないと思われます。その点、ファルマのお世話係のロッテがアンケートを取ったのは現在にもあって、よくやることです。書いてある字がわからないとか、店のマークが威圧感があるなど、色々挙がっていたので、これから改善していくと予想されます。

ちなみにロッテ役は声優の本渡楓さんで、2019年、第13回声優アワードで、新人女優賞を受賞しました。本渡さんは現在放送されているアニメの「惑星のさみだれ」にも主人公の子供の頃の役に出ていました。最近はバラエティ番組の「踊る!さんま御殿!!」に出ていて、明るい女性で、元気がいっぱいな感じで、よいイメージでした。

次に薬局の常連のチャンが怪しい人と話していて、チャンの持っているバッグに何か書いてあるのは、チャンはもしかしたらファルマの作った飴を買っていて、それをどこかに売るのか、偽物を作っている可能性もあります。ファルマがバッグに書いてある字を見たのは、ファルマの店のマークと似ているのではないかと思います。

3番目にファルマの父のブリュノと母のベアトリスが見に来たのは、親心で、ちゃんと薬局の経営が上手くいっているのかが気になったと推測されます。ブリュノらは経営が上手くいっていないことを見通していたのかもしれません。ベアトリスが言っていた化粧品を売るのは現在とよく似ていると思いました。ベアトリス役は声優の遠藤綾さんで、2009年、第3回声優アワードで助演女優賞を受賞しています。特に威張ったお姫様役は上手です。

最後に、ドシャテオン公爵家のクロエが瀉血が原因で貧血状態になり、感染症も起こしているのは、いつの時代にも女性はきれいになりたいという願望があるのだと思いました。

50代女性の感想

異世界薬局【第5話】の口コミ・評判は?

 

『異世界薬局』第6話の感想はこちら

 

★Amebaマンガで『異世界薬局』が試し読みできます!

【異世界薬局】の関連記事

【異世界薬局】の関連記事一覧はこちらから。

関連記事

 


【異世界薬局】が無料視聴できる動画配信サービスと独占先行配信の情報はこちら。
早く楽しみたい方は配信で。

 

【今なら初回初月無料で楽しめる♪】

dアニメストアの登録はこちら

dアニメストア