賢者の弟子を名乗る賢者【アニメのあらすじと感想まとめ】

スポンサーリンク
この記事は約22分で読めます。

賢者の弟子を名乗る賢者 INTRODUCTION

無限の可能性が広がるVRMMO-RPG『アーク・アースオンライン』。
プレイヤーによって建国されたアルカイト王国の九賢者が一人、威厳あふれる老齢の召喚術師ダンブルフもまたプレイヤーの一人だった。
ある日、彼は世界の異変に気づく。

ゲームでは無かった味覚や嗅覚が生まれ、ログアウトもできない。
さらに、NPCが実に人間くさい反応を見せる。
―それはゲームが紛れもない現実となった証であった。
しかもこの世界では、30年もの月日が経っているというのだ。

そして何ということか、ダンブルフは諸事情により幼くも美しい少女の姿になっていた!

急変した世界の謎を解き明かすため、ダンブルフは賢者の弟子ミラを名乗り旅立つのであった。
冒険の果てに待ち受けているものとは――。

 

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

スポンサーリンク

賢者の弟子を名乗る賢者【第3話】のあらすじと感想 ありがとうと言いたかった

第3話 『わし……こういうのに弱いんじゃよなぁ』

アルカイト王国と周辺国との不戦条約の期限が近づいていた。国を守るためには、九賢者をできる限り集めなくてはならない。ソロモンから九賢者を探し出す依頼を受けたミラは、九賢者の一人と関わりの深い古代神殿ネブラポリスへ向かう。道中で出会った冒険者たちとともに、ダンジョンを攻略することになるのだが……。

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

賢者の弟子を名乗る賢者、3話にもなると主人公のミラが賢者のダンブルフから容姿が変わったのにも慣れてきました。

ゲームの中から出られないことにも違和感なく見られています。

 

今回は登場人物が増えてきましたが、それぞれ個性があって、特にゼフの格好が特徴があって、覚えやすいです。

ゼフの妹との話も感動的で良かったです。

 

それから、少年のタクトの両親が生きていたのも安心しました。

もし、死んでいたらかわいそうな話になるからです。

 

しばらくはこのメンバーで行動するのだと思いました。

また、この後もそれぞれの話が聞けるのだろうと予測しました。

今回は国王のソロモンから依頼された9人の賢者は見つかりませんでしたが、その人たちもこれから見つかるのだろうと思いました。

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第4話】のあらすじと感想 ミラちゃんの秘密

第4話 『わし、もう限界!』

暗丞の間の用事を済ませ、ミラたちはダンジョンの奥深くを目指すことに。白亜の城へたどり着くと、ミラは秘密の用事があると言って一人で奥へと進んでいく。実は、何かが限界に達しようとしていて……!? そして、ミラは王の間でソウルハウルの秘密に触れるのだが……そこへ大きな脅威が近づこうとしていた。

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

まず、主人公のミラ達がダンジョンの奥深くを目指す話は賢者のソウルハウルが残した死体が王の間にたくさんあり、生きている者もいて、見た目はあまり良くないと思いました。

でも、ミラにとってはソウルハウルの秘密がわかって良かったのではないかと思いました。

また、生きている者はそのまま置いておいて良かったのだろうかと思いました。

 

その後の、ミラが仲間達にミラの秘密を説明する話では賢者の弟子と言って、結局、嘘を言ってしまうので、正直に自分が召喚術士のダンブルフだと言えなかったのだと思いました。

そうでも言わないと仲間達も信じてくれないと思いました。

 

最後に見た町が燃えていて、謎の怪物が来ていたのはどうしてだろうと思いました。

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第5話】のあらすじと感想 お話ししたいことがあるので

第5話 『わし、再・誕!』

カラナックは黒煙を上げて燃えさかり、街にはゾンビがあふれ出していた。ミラはヴァルキリーシスターズを召喚し、ゾンビたちに対抗しようとする。だが、そこへ黒い霧に包まれた人影が現れる。かつてダンブルフですら苦戦したという半魔族が復活を遂げようとしていたのだ。アルフィナはミラに新技の使用許可を求めるが……。

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

前半の、カラナックでゾンビを倒す話はゾンビを倒すのに主人公のミラの召喚術のヴァルキリーシスターズが出てきましたが、その声を声優の戸松遥さんが7人ともやっていたのがすごかったです。

また、何か対処するのにミラがヴァルキリーシスターズを召喚できるのがさすがに賢者だと思いました。

それから、後半のエカルラートカリヨンの団長のセロとの話はミラが召喚術士のダンブルフでないかと疑ったのはセロの能力が高いからだと思いました。

また、セロが自分のギルドにミラに入って欲しいと言ったのもミラの能力が高いことを知っているからだと思いました。

でも、ミラは国王のソロモンから9賢者を探してくるように言われていたので、それどころではなかったのだと思いました。

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第6話】のあらすじと感想 かわいいとかっこいい!

第6話 『わし、着せ替えっ!』

アルカイト王国へ帰還する途中、ミラは人間に襲われたという風の精霊に出会う。その傍らにいた猫の式神には思い当たる節があった。アルカイト王国へ帰還してからも、ミラには多くの難題が残っていた。ソウルハウルの研究資料の解読、悪魔の暗躍について……。さらには侍女たちに新しい服を何度も着せられることになって……!?

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

今回の作品のタイトルは、『わし、着せ替えっ!』ということで主人公ミラの色々なコスチュームが見られます

主人公が可愛らしい服を無理やり着せられて『こんなもの着させるな!』と仲間に訴えかけるシーンはまさに萌えの極みと言えます。

白髪の少女がかわいい服を着ているところを見たい、自作でコスプレしていて白髪にはどういう服が似合うのか分からなくて困っているという方は必見の作品となっています。

 

カッコいいと思える部分もありました。

主人公たちのおつきの人が洞窟へ物資の調達に行った帰り道、突然大きな魔物が現れます。

その魔物にミラが召喚したダークナイトが勇敢に立ち向かっていきます。

しかし、大きな魔物の一撃は凄まじくダークナイトも苦戦してしまいます。

 

おつきの人が危ないとおもった時、突如現れる謎の少女、軽い足取りで魔物の攻撃をかわし、多彩な技を使って大きな敵をあっという間に倒してしまいます

 

その少女は武者始業の旅に出ており、これからも各地で覚えた新技を主人公たちの前で披露してくれるのではないでしょうか。

次回以降彼女が出てくる話の時は、彼女の新技で主人公たちの手助けをし彼女が活躍してくれると期待に胸を膨らませるばかりです。

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第7話】のあらすじと感想 ミラの召喚術は美しくて最強です

第7話 『わし、最強!』

ソウルハウルに繋がる手がかりを探るため、ミラはアルカイト学園の地下にある「愚者の脅威の部屋(フール・ザ・ヴンダーカンマー)」を目指す。だが、召喚科の教師ヒナタに出会ったことで、学科対抗の術技審査会に出場することになってしまう。万年最下位の召喚科の名誉を回復しようと意気込むが……術のエンタメ化と超優秀な生徒に対応できるのか!?

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

ソウルハウルが欲しがっていた神命光輝の聖杯の説明にケットシーが登場して可愛い。

ダンジョンみたいな資料庫が学園の地下にあるのは怖いし、地下に入るのに蛍燃鉱石が必要とは厳重で興味が湧きます。

 

ミラが学園を覗いて生徒をキラキラだと表現してジジ臭い

出会った召喚術の先生ヒナタが驚いたり青くなったりと顔色を変えて面白い。

生徒が少ないと聞いて協力したいと思うミラは優しいです。

その言葉を聞き逃さず技術審査会に誘うとはヒナタも抜け目ない。

万年最下位なら必死になるのも当然ですね。

 

ヒナタが泣きながら話すのは可哀想だったし魔術科にバカにされて悔しいですね。

ミラは未熟者だと呆れていた発言をしてくれて超越者の余裕が格好良いです。

ミラは会場を見て小さいとガッカリして力がある証拠ですね。

 

何を呼ぼうかダジャレを言うなんて中身がおっさんなのは苦笑いですね。

魔術科のカイロスは炎を出して的を攻撃するけどミラは大雑把だと指摘。

派手な術が良いと聞いてディーヴァを召喚すると綺麗なお姉さんが登場して気分上がります。

性格は天然らしくギャップ萌えしますね。

美しい歌声に魅了され、声を使って的を破壊して満点を叩き出して凄い。

学園長が涙を流して感動していたのは笑えます。

 

カイロスが意義を唱えたのは面倒くさいですね。

試合をする事になりダークナイトを6体も召喚して一瞬で決まってしまって呆気なかったですね。

文句を言われるともっと出して「わし、最強」とは気持ち良かったです。

 

クレオスが勝負を挑んで来たのはハラハラしたけど久々に蒼井翔太さんの声が聴けて気分上がりました。

ミラをダンブルフだと見抜いて師弟に戻ったのは微笑ましかったです。

クレオスのおかげですんなり地下へ行く許可が貰えたし、ヒナタ先生も一緒に行く事になって地下がどんな所なのか楽しみです。

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第8話】のあらすじと感想 新しい召喚獣たちが登場してダンブルフとの再会に泣けました

第8話 『わし、ダンブルフ』

「愚者の脅威の部屋(フール・ザ・ヴンダーカンマー)」にヒナタもついてくることになった。ヒナタはミラとクレオスに自分の召喚術を見てもらおうと、自ら魔物に立ち向かっていく。一方、ミラとクレオスはそんなヒナタに手本を見せながら、その極意をレクチャーするのだが……。この迷宮には力業では切り抜けられない、複雑なギミックが待ち構えていた!

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

ダンジョンに入った3人は資材倉庫になっている場所を通ると魔物が現れヒナタが召喚術を見て欲しいと熱くて応援したくなりました。

サラマンダーを召喚すると可愛らしい見た目で褒められたヒナタがテンション上がって説明を始めて親子のような関係に和みました。

ミラはヒナタの手本としてクレオスにもサラマンダーを召喚させると、いかにも強そうで炎も大きな子で実力差を見せ付けてくれました。

ミラからはまあまあとは格の違いが大き過ぎます。

 

現れたテーブルに石を置くと目の前が光ったので入り口かとテンション上がったらフェイクだったとはミラとヒナタが怒ったのが笑えます。

次は騎士が現れてミラがサラマンダーを召喚すると眩しさで騎士を倒すとは強い力を見ると気分が上がりますね。

更に進むと無数の本があって探すのが大変そうだったけど案内図があるとは拍子抜けです。

目的のものは一番奥で飛んでいこうとするとクレオスが必死に止めたのはイケメンなのに笑えました。

 

行き当たった通路にはルービックキューブがあってビックリ!

ヒナタが全面制覇で連れて来て良かったですね。

 

ミラは召喚術で小さな女の子パムを呼び出したけど長い詠唱とのギャップに驚きです。

全ての知識を持っているけど甘えん坊とは可愛いですね。

パムが本を持って来てしまって魔法が発動された時はハラハラしたけどパムが楽しそうで可愛さに負けましたね。

 

戻ったミラはソロモンから次の仕事を頼まれて忙しそう。

草原でドラゴンのアイゼンファルドを呼び出すと父上から母上になったとは爆笑です。

人間の姿にもなれて抱きつくとは親子の再会みたいで泣けますね。

 

アイゼンファルドがスピードを出し過ぎてミラを落としたのはヒヤヒヤしたけど空の旅を楽しんでいたようで良かったです。

ミラはマリアナに会ってダンブルフだと打ち明けようとしたのにドギマギして伝わらないのはコントみたいでした。

マリアナの涙を見てやっと言えたのは偉い。

泣いて喜んでくれたマリアナに泣けるし一緒に過ごした時間は微笑ましかったです。

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第9話】のあらすじと感想 謎が増えたけどミラ先生の指導は完璧です

第9話 『わし、こういう展開嫌いではないのぅ』

マリアナとの楽しいひとときも束の間、再び冒険の旅に出るミラ。次なる目的地は、「祈り子の森」の御神木。道中の砦でひと休みしようとするが、砦は半壊状態だった。この地域には存在しないはずの魔物が出現したといい、重傷者も出ていた。ミラはここでも世界の異変を感じ取り、魔物を追いかけようとするのだが……。

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

ミラはペガサスを召喚して綺麗だったけどドラゴンのアイゼンファルドも見たかったです。

冒険に行くのは楽しいし、ソロモンのお使いとは仲良しぶりが見られてほのぼのします。

巨大な木を目印に進むけど一向に辿り着かなくて暇でペガサスの上でゴロゴロとは余裕ですね。

 

砦が見えたけどボロボロで珍しい強い魔物が出たとはイベント開始の合図のようでテンション上がります。

ミラは病人を運んで欲しいと頼まれたけど、ミラの見立てで薬も効かないとは可哀想だけど蛇を召喚して助けてあげて安心しました。

 

ミラが戦うと言うとベテラン冒険者と熱い青年は一緒に行くと言って気持ち良いですね。

若者達は召喚術を知らないから不安になるのは仕方ないけど残念です。

ミラはホーリーナイトを出して若者の士気を上げたのは老人のダンブルフのようで大賢者だという事を思い出せてくれます。

 

森に入るとミラが魔物を引き付けたけど数が多くてビックリ。

ミラは適当な数を残して冒険者達に経験を積ませるとは良い先生です。

魔物が反撃してきた時は焦ったけど何体ものホーリーナイトがいるので心配無用でした。

冒険者達に力を合わせて倒させて達成感を味あわせたのは素晴らしいです。

 

物凄い早さで修復作業をしていた男は元プレイヤーだとは納得です。

魔物が発生した原因は分からなかったけど軽いノリに安心感を覚えます。

大樹に話しかけると妖精達が現れてソウルハウルが来た事が分かったのは収穫ですね。

菓子折りを喜んこんでくれたけどミラから排出する供物が欲しいとはミラのドギマギする姿が笑わせてくれます。

40代女性の感想

 

 

『大事なものは団結力』

ミラちゃんアマラッテに絡まれて大変でした。

何がどうなってスカートの中から出てくることになったのか。

下着の付け方レクチャー、マリアナも参戦してくるとは。

クレオスは動揺も、助けもしないのもすごいなと思うところから始まりました。

 

毎度のソロモンの無茶ぶりに文句を言いながら引き受けるミラちゃん可愛いです。

ペガサスに乗っていくなんて可愛すぎました。

ペガサスはしゃべらないのが意外でした。

御神木に着かない、御神木はどれだけ遠いのか、健気に飛び続けるペガサス、しゃべれたら文句を言ってるかもしれませんね。

 

御神木ではなく、半壊の砦に到着。

この辺りでは見ない魔獣に襲われたと。

ミラちゃんがサクッと倒してしまうのかなと思いましたが、そうではなかった。

徹底的にサポート役。

心折れそうな人たちを救世主のように救うよりも、士気を取り戻すようなやり方をとったのかなと思いました。

 

さりげなく召喚術のすごさをアピールしつつ決定打を任せたところが大事だと思いました。

やっぱり団結して成し遂げることは重要です。

すごい速さで修復作業していたのもプレイヤーとわかりすっきりしました。

色んな特化型あるんですね。

 

そんなこんなで目的地に着いたミラちゃん。

長老から情報も聞けて任務完了。

供物も渡して一件落着と思いきや、捧げもの(排泄)を要求される。

すごい要求に屈しそうになるミラちゃん。

最初と最後はインパクトアリでした。

30代女性の感想

 

 

『ミラの召喚術はやっぱりすごい!』

賢者の弟子を名乗る賢者 第9話「わし、こういう展開嫌いではないのぅ」の感想です。

アイゼンファルドもいいけれど、ミラがペガサスに乗って空中移動するシーンはとても気持ちよさそうでした。

祈り子の森に着く手前の砦でまず最初のミラの活躍がありました。

それは重症者メリッサの治療。

なんでも魔物にやられたとかで、今にも死にそうです。

ミラは得意の召喚術で出した白蛇を使った治療を行います。

というか、ただメリッサの首に噛み付かせて毒を吸い出しただけだと思うのですが、効果は抜群!

初めて見た人には異様に思えたかもしれませんが、治りゃいいですよね!

 

2回目の活躍シーンは魔物討伐の時で、ミラのホーリーナイトがみんなを守っているところです。

ミラはやっぱり頼りになる賢者です。

でも最後は神々たちとのトークで、笑わしてもらいました。

せっかく神々にお菓子を持っていったのに、お菓子よりもミラの排泄物を欲しがる神々に絶叫して嫌がるミラはやっぱり可愛いです。

 

でも中身は28歳の青年なんですよね~。

最近中身が男の美少女ものアニメが多くなったような気がします。

幼女戦記しかり...。

でも、ストーリーが面白いのとキャラが可愛いことはアニメ最大の武器だと思うので、私は中の人のことは考えないようにいつも見ております。

50代男性の感想

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第10話】のあらすじと感想 ケットシーとの大冒険は笑いの宝庫で楽しさ倍増です!

第10話 『わしっ、全裸っ!』

「天魔迷宮プライマルフォレスト」に通じる湖畔にやってきたミラ。召喚したペガサスに動物たちが集まり、初めて出会う超絶かわいい生き物に大興奮! しかし、いつまでも遊んでいるわけにはいかず……。目的地の密林でソロモンから依頼された素材を集めていると、複数の魔物が出現。さらに、不審な人物に遭遇する。

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

湖畔に降り立ったミラはペガサスに集まる小動物に大喜びで可愛いランキング1位のピュアラビットに大興奮とは美少女だから似合いますね。

小動物達が帰らないのでネゴシエーターとして召喚したケットシーが自分で10点を出すとか可愛い、いつもプラカードを持っていて小笑いさせてくれるのは面白いです。

ケットシーも一緒に行く事になって洞窟では目がサーチライトになるとは便利ですね。

帰らせようとすると一生付き纏うとは言い方が悪いけど笑顔が可愛いです。

 

更に小さな洞窟を滑って行くのは楽しそう。

ケットシーはミラに乗っかられてしまったけど女の尻に敷かれるのも男の甲斐性とは小ネタで笑わせてくれます。

ケットシーが猫なのに豚の鼻に取り替えて実を探すのは便利ですね。

魔物が出て来てもミラは最強なので何の心配もありませんね。

 

帰り道には宝箱が吊るされているのは素敵です。

ケットシーは鑑定も出来るようで進化が止まらないと誇っているのも可愛いです。

大きな花に途中まで送って貰ったけど雑で笑える

全裸で川下りとは気持ちよさそうだしスリルがあって楽しそうでした。

 

ミラを精霊と間違えて姿を現した武装した男は如何にも怪しい。

全裸の美少女を前に堂々としているなんて最低です。

ミラが後をつけると妖精を狙っていてやっぱり悪人でしたね。

陰陽師のような男が助けてくれたけどミアの戦いも激しくて格好良かったです。

もう一人現れた女の子は山伏の格好で話を聞くと以前出会った精霊が関係しているようで新たな九賢者に出会えるのを楽しみにしています。

40代女性の感想

 

 

『かわいいものずき』

 

今回もペガサス登場。素敵です。

ペガサスの嫉妬かわいかったです。

ピュアラビットもかわいかったです。

かわいがるミラちゃんもかわいかったです。

 

まさかかわいいものでテンションが上がるなんて、ミラちゃん可愛いもの好きだったのは意外です。

これがダンブルフの姿だったらと思うと、ちょっと想像したくないです。

そしてかわいい動物たちがミラちゃんについてくるのもかわいかったです。

 

困って何を召喚するのかと思えば、ケットシ―。

しゃべれるので、通訳はばっちりですよね。

お供についていくのはさらに意外。

 

その後は、ケットシ―と愉快な冒険の始まりです。

一生ついていくではなく、付きまとうというケットシ―の言葉は、妙に納得です。

冒険はミラちゃんも楽しそうでした。

予想外にお役立ち猫でした。

送ってくれた青い花は、ミラちゃんが怒っても気にせず帰ってしまいました。

花だから、仕方ないのかな。

 

水の中の移動だからと全部脱ぐなんてタイトルはここのことですね。

ケットシ―の服を脱いだ時の猫感半端なかったです。

ミラちゃんも何で服を脱ぐのか、何か魔法で、召喚獣いなかったのかな。

全裸で話さないでほしいなとちょっと思いました。

しかも、敵だったので、なおさらです。

 

陰陽使いなのに、ホワイトとブルーという名前もびっくりでした。

にゃんまるのご主人に会えるか気になります。

30代女性の感想

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第11話】のあらすじと感想 謎の石版と白フードの男がミステリアスで波乱の予感です!

第11話 『わし……褒められてなくないか?』

ハンターズビレッジに立ち寄ったミラは、そこでセロ、エメラ、フリッカに再会。キャラバンの護衛をしている彼らと情報交換をすることになった。九賢者の一人に関係する、とある街の話を聞いていると、後続のキャラバンが魔物に襲われたとの報せが届く。ミラも救出に加わるが……深い霧に包まれた森に迷い込んでしまう。

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

途中で寄ったキャラバンでセロ達に会ったのは嬉しいですね。

ミラを見て大興奮するフリッカにエメラがジャーマンスープレックスを綺麗に決めて素晴らしいです。

皆でご飯を食べているのは和むし、ケットシーがカウンターでカクテルを作ってくれるなんて最高です。

懐かしい人達や冒険の話を聞いて盛り上がるのは癒やされますね。

 

魔物に襲われたとの報告に出向くと石の欠片を積んでいた馬車が奪わたのは波乱の予感です。

森の様子を聞く為に召喚したコロポックルのエテノアがギャルでノリの軽さに笑える。

そんちょーと呼んで親しげなのは微笑ましかったです。

魔物が出て来てミラとセロがどっちを倒すかじゃんけんとは余裕ですね。

ミラは体術と盾と剣で倒して格好良かった。

セロも強いし仲間達も戦えるのは頼もしいです。

 

積荷の残骸に悪魔の紋章が描かれた石版を見つけて触れると光に包まれたのは不思議です。

気がつくと草原にいて白いフードを被った男に出会ったのは敵か味方か分からなくてドキドキしました。

天魔族と名乗った男はまた会えると意味深な事を言ってゾクゾクしました。

男達が向かっている黒い門をミラは知っているようなので教えて欲しかったです。

国に帰ったミラは街が魔物の群れに襲われている状況に白フードの男の言葉を思い出し戦闘態勢に入るのはワクワクしました。

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者【第12話(最終話)】のあらすじと感想 魔物の軍勢に皆で戦います!最後はミラとソロモンが大活躍です!

第12話 『わし、参上!』

アルカイト王国内にかつてない規模の魔物の群れが発生。30年前のクエストの記憶が甦るソロモンだが、今回は九賢者が揃っていないという絶体絶命の危機にあった。休暇中のルミナリアも戦場に立ち、ソロモンも出撃を考える中、さらなる魔物の群れが出現する。窮地に陥るアルカイト王国。果たしてミラは間に合うのか!?

TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』公式サイトより引用

 

魔物の群れが進軍を開始してアルカイト王国が危ないのに九賢者達が出払っているとは笑えます。

ルミナリアがショッピングで着せ替えを楽しんでいて気楽な感じが素晴らしいです。

ソロモンは王様らしく他国との協定とかで頭を悩ませていて大変ですね。

ミラが早く戻って来て欲しい気持ちは凄く分かります。

久しぶりの休みを台無しにされたとルミナリアの口が悪い。

従者には優しい対応でギャップが笑えます。

中身は男性だと分かっているけど面白いですね。

 

ソロモンは自分が戦いに行くと言うとスレイマンが何度もダメだと止めて笑えます。

新たな敵の出現に心の中で叫んでいたのも面白かったです。

クレオスとアマラッテが仮面を付けて決めポーズで登場してノリノリですね。

魔法少女みたいな活躍だけど外交的に問題があるから変装しているとは賢いです。

ミラが到着すると魔物を殲滅してしまってあっという間でしたね。

あまり活躍が見られないのも寂しいです。

 

ソロモンがミラとルミナリアを出迎えに行くと巨大竜が登場して焦ったけどソロモンが戦うのは始めて見ました。

ミラも参戦しようとするとケットシーが登場して可愛いです。

ミラはヴァルキリーシスターズやナイトフレームを複数配備して圧巻です。

ミラとソロモンが一緒に戦うのは楽しいとはゲーム感覚で頼もしいです。

トゥインクルパムが登場してミラに抱きついて可愛いし、アイゼンファルドを召喚して竜同士の戦いは迫力ありました

 

ミラはクレオスとマリアナと一緒にお茶を楽しむのは和みます。

九賢者を探す旅は続くようで楽しみだし、駅でケットシーが京都行こうのプラカード持って笑える。

ミラも最後に自分を可愛いと言ってしまって上手い事締めたつもりだけど第二期を期待しています。

40代女性の感想

 

 

『あっさり過るけれど、すんなり終わって、すっきりです』

王国のピンチにミラちゃんは、ペガサスに乗っている、というかわいらしい現状にほっこりしました。

ルミナリアのお買い物もかわいかったです。

ルミナリアと、謎の召喚術師と死霊術師、そしてミラちゃんの到着によって見事王国は勝利しました。

苦労はしたけれどけれど、あっさりと勝利。

謎の二人に扮したアマラッテとクレオスもかわいすぎました。

正体バレバレで意味があるのかなと少し思いました。

ルミナリアのお風呂入りたいとソロモンに報告するのは、可愛いし、それでいいのかと思う反面、それでソロモンはよくわかるなと思いました。

 

無事に終わったと思った時のレイド登場。

ソロモン、ルミナリア、ミラちゃんの3人でのバトルはワクワクでした。

ソロモンが戦うなんてレアだし、強くてよかったです。

仲良し3人組感があって、強敵なのにもかかわらず安心してみていられました。

ミラちゃんがソロモンを頼るところが凄く好きでした。

ルミナリア一人力尽きて、重労働感がありましたが、二人は楽しんでいて余裕のようでした。

勝てない相手はいないのではないかなと思いました。

 

キメラクローゼン、天魔族、九賢者のことも気になるままあっさり終わってしまいました。

あっさり過ぎて、なんだかこれでいいような気もしました。

でも、やっぱり続きが気になります。2期を期待したいです。

30代女性の感想

 

 

ここまで感想をご覧いただきありがとうございました。

アニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』は動画配信サービスのお試し期間を使えば全て無料で見ることができます。無料期間中の解約もできますよ(^^)♪

おすすめ2社の無料登録はこちらからできます。
どちらもアニメ配信数が最大級のサービスです。


\31日間お試し無料/

 

『賢者の弟子を名乗る賢者』を配信している動画見放題サービスはこちらから確認できます。

>>2022年冬アニメ見放題配信サービスの配信状況一覧

 

他のアニメにも興味があればこちらもどうぞ。

>>2022年冬アニメの感想一覧