本ページはプロモーションが含まれています。
PR

ダンジョンの中のひと【アニメのあらすじとネタバレ感想】

この記事は約10分で読めます。

アニメ『ダンジョンの中のひと』のあらすじとストーリーの流れに沿った感想を1話~最終回にかけて毎週更新しています。

ダンジョンの中のひとの感想本文にはアニメのネタバレが含まれる場合がありますので、ご了承の上お読みください。

 

スポンサーリンク

ダンジョンの中のひと【第1話】のあらすじとネタバレ感想

ダンジョンの中のひと【第1話】のあらすじ

「ダンジョンの中に、ひと」

アントムルグのダンジョンに消えた父を追い、単独で挑み続けてきたシーフの少女クレイ。
探索の末、ついに前人未踏の地下9階に到達する。
厳しく父に育てられてきた彼女は、新たな階層でも冷静に探索を進めていく。
その矢先、モンスターとの戦闘中にダンジョンの壁が崩落するアクシデントに見舞われてしまう。
崩れた壁の中から現れたのは、居住空間だった!困惑するクレイの前にダンジョンの管理人を名乗る少女が現れるーー

TVアニメ「ダンジョンの中のひと」公式サイトより引用

ダンジョンの中のひと【第1話】のネタバレ感想

消えた父親を探してダンジョンへ行くと?最強の美少女に喋るミノタウロスが怯える?!

クレイは父親からダンジョンで一人という事はミス一つで死ぬから絶対に油断するなと教えられ、ダンジョンで生き残る為に訓練を受けていたのは厳しいけど教えるのが下手だとは笑えました。

 

父親がダンジョンに消えて3年が経ち、クレイは冒険者が到達している地下7階よりも下の地下9階に挑もうとしているとは強くなりましたね。

クレイは気配を感じて身を潜めるとマッチョなゴブリンが来て、知能もあるからチームを組んでいるけど、魔石を転がして注意を逸らし後ろのゴブリンから倒してゴブリンを宝石に変えたのはお見事でした。

 

奥の扉を開けるとミノタウロスがいて冷静に戦うけど、体が固くて傷つけるのが難しく斧を投げられたのはハラハラしました。

斧が刺さった壁が崩れてしまいクレイが驚くと、ミノタウロスがマジかと喋ってガッカリし、クレイが戦闘を再開しようとするとミノタウロスが慌てて凄い問題が起きているから責任者を待とうとは笑えました。

 

ミノタウロスが流暢に喋っているのを驚きながら部屋を見てみろと言われ素直に従い、扉の向こうから強い者が来る気配を感じて怖かったけど、現れたのは美少女だったのはビックリでした。

美少女はクレイに少々お待ちくださいと言うと、ミノタウロスに後は引き継ぐから配置に戻って下さいと言い、ミノタウロスが素直に謝って普段は気を付けているかと質問されると長い沈黙の後に返事をしたのは笑えました。

 

クレイは美少女に居住区へと案内され、ダンジョンの管理をしている通称ベルだと挨拶され、有力な探索者は把握しているとクレイの事を知っていたのは嬉しいですね。

ベルは一緒にダンジョンで働かないか勧誘し、7階で足踏みするような人達には無理だから他の人には頼めないとは厳しいです。

 

クレイはベルと勝負して勝てば帰るし、負ければ働くとは潔いけど、ベルは地下10階の最深部へと連れて行くと自分の足枷が無い場所だとは怖かったです。

クレイはどこまで父親に近づけるか試してみたいと思い、ベルはクレイの強さに想像以上だと本気を出したのはワクワクしました。

 

気が付くとクレイはベルの私室にいてダンジョンで働く事が決定したけど、運営について説明されても理解できなかったのは笑えました。

ダンジョンはちゃんと契約書もあって報酬も良く、部屋も与えられるのは好条件な就職先でした。

40代女性の感想

 

ダンジョンの中のひと【第2話】のあらすじとネタバレ感想

ダンジョンの中のひと【第2話】のあらすじ

「ダンジョンの仕事始め」

ダンジョンで働く事になったクレイは、ベルと共にこれから住むことになる居住区を案内されていた。住居や食堂、倉庫など様々な施設を知っていく中で、迷宮のからくりが明かされてゆく。
そんな中、案内されてばかりでは体がなまってしまうと考えたクレイは、仕事の手伝いを申し出る。現場監督のドワーフ・ランガドにアイテム補充を任されるも、ずば抜けた身体能力を生かした規格外のやり方に周りの反応はーー?

TVアニメ「ダンジョンの中のひと」公式サイトより引用

ダンジョンの中のひと【第2話】のネタバレ感想

ベルと初めてのお友達?ダンジョンで働くクレイにゴーレム達が目を輝かせる?!

アントムルグのダンジョンは偶然通り掛かった旅人が発見して、噂が広まり多くの人がやって来ると町になって、ギルドも出来て冒険者によるダンジョンの情報も増えたとはワクワクしました。

ダンジョンの難易度は高くて最高到達地点は地下7階で、地下5階からモンスターが強くなるので最深部は地下10階ではないかと予想されていたけど正解でしたね。

 

クレイはシーフギルドに登録しているけど冒険者ギルドには未登録で、ダンジョンの管理人の少女ベルと出会い働く事になったとは突拍子も無いけど面白そうでした。

ベルに住居を案内されたクレイは地下なのに窓があるのは何故か質問し、灯りがあるのは暗視能力が無いモンスターから苦情が来たからとは笑えました。

他の部屋も案内してもらうけど制御室は汚部屋でゴミの中を歩くような感じなのは早く片付けた方が良いですね。

 

食堂は意外と狭く元は大きく作っていて半分以上が倉庫になって、3番倉庫はグチャグチャの物置になっていてベルが必死に弁解していたのは可愛かったです。

奥の部屋には大きな水晶があって箱の中には宝石が沢山あり、クレイが殺したモンスターの核の役割だけどダンジョン内では復活して命の保証があるのはホッとしました。

 

クレイが強くなりたいと言うと深層で雇っていうのは修練目的のモンスターが多くて、手合わせには困らないから強くなれるとベルが言ってくれるのは心強いです。

クレイが石を選んで魔法陣の中に入ってベルが複製すると裸でビックリだけど、これで命の保証がされたのは安心ですね。

 

地下1階から4階までを任されているランガドを紹介されて、クレイが「お友達がいないさん」と覚えられていたのは笑えました。

クレイは体がなまるから働きたいと言うと、探索者が多い地下1階で誰にも見つからずに宝箱を補充して凄いけどランガドは納得できず、クレイが目の前で動きを見せたのは身体能力の高さに拍手でした。

 

地下2階の宝箱が空になり3階から持って来る事になったけど、ゴーレムが吹き抜けから落下すると聞くとクレイは壁を走って降りて行き、荷物を持って駆け上がるとゴーレムが憧れの目で見たのは可愛かったです。

クレイはベルと一緒に片付けをして友達がいない同士お友達一人目になれると言われると、嬉しいくせに照れ隠しで仕事の上司だと言ってしまったのは素直じゃないですね。

40代女性の感想

 

ダンジョンの中のひと【第3話】のあらすじとネタバレ感想

ダンジョンの中のひと【第3話】のあらすじ

「氷狼の牙」

クレイとベルは、地下7階で探索を行うパーティー『氷狼の牙』を監視していた。冒険者の中ではトップクラスの実力を持つ彼らだが、7階で死闘を繰り広げていると聞き、9階到達の実力者であるクレイは何か言いたげな様子……。彼らと互角の実力を持つモンスターから「楽しい戦いができる」と評判を聞いてつい惹かれてしまうクレイ。そこでベルはクレイに、スケルトンの中に入らないかと提案する。スケルトンの中に入って戦うとは一体ーー

TVアニメ「ダンジョンの中のひと」公式サイトより引用

ダンジョンの中のひと【第3話】のネタバレ感想

7階担当のクライッツェはどんなモンスター?クレイはモンスターになって探索者と戦うと?!

クレイがベルの部屋を片付けるとランガドがやって来てビックリし、世の中には場を汚さないと生きられない奴がいるとは笑えました。

頼まれていた椅子を持って来て、ダンジョンの武具を手掛けているのを褒めると照れたのは可愛かったです。

 

ベルは椅子にクレイを座らせて3枚の鏡を使ってダンジョンの様子を見ると、氷狼の牙と言う5人パーティーがいるのを見つけて、クレイが勧誘された事があるけど偉そうだったのは嫌な感じです。

モンスターには互角の戦いが出来ると人気で、楽しいと聞いたクレイにベルが7階を担当するクライッツェに部下を借りて、クレイにスケルトンの中に入って戦ってもらうとはワクワクしました。

 

クレイはスケルトンとしてダンジョンに転送されクライッツェに挨拶するけどフレンドリーで、クレイはモンスターが喋る事に慣れろと自分に言い聞かせたのは応援したくなりました。

盾はスケルトンの体にくっついているけど剣は支給されたもので、クライッツェに同胞を殺せるのかと聞かれるとクレイは父親が探索者は会話の出来る敵だと言っていたのを思い出したのは世知辛いです。

クレイは女だと男性探索者に狙われた事があったけど、油断せずに返り討ちにした事があるのは頼もしいです。

 

クレイは気配で先行のシーフが戻ったと気付き、目をキラキラさせて楽しそうで、両者とも戦闘態勢に入ったのはワクワクしました。

クライッツェはクレイの実力を疑っていたけど探索者と戦うクレイは強くて、巨大な炎魔法が来ると盾に魔力を込めて魔法を切ったのはビックリでした。

探索者がナイフを投げたのでクレイが避けるとクライッツェに当たってしまい、クレイが謝っている間に探索者達が逃げたのは笑えました。

 

クレイが元の体に戻ると氷狼の牙がダンジョンから撤退した事を情けないと怒ったけど、スケルトンだったクレイが強かったのが原因とは運が悪かったですね。

クレイはベルをフルネームで呼ぶけど愛称で呼んで欲しいと言い、クレイはセンスが無くて変な呼び方をするとベルと呼んで欲しいとお願いしたのは微笑ましかったです。

 

7階の探索者がいなくなったので仕事が無くなり、クレイはベルにもっと働くべきだと叫んだのは笑えました。

40代女性の感想

 

スポンサーリンク

【ダンジョンの中のひと】の関連情報

【ダンジョンの中のひと】の基本情報

シーズン 2024年夏アニメ
放送スケジュール 2024年7月5日 25:53~
最速配信 毎週金曜 26時30分~
dアニメストア
Hulu
キャスト・声優 クレイ:千本木 彩花
ベル:鈴代 紗弓
ランガド:楠見 尚己
先代:飛田 展男
レンヒリンジ:大塚 芳忠
フーリン:M・A・O
フェン:加藤 渉
ラッタ:榊原 優希
ブランス:大塚 明夫
スタッフ 原作:双見 酔(双葉社「webアクション」連載)
監督:山井 紗也香
シリーズ構成:竹内 利光
キャラクターデザイン:中山 裕美
美術監督:加藤 賢司
色彩設計:佐藤 直
撮影監督:佐藤 敦
編集:後田 良樹
音響監督:立石 弥生
音響制作:ブシロードムーブ
音楽:Pieru、LASTorder
音楽制作:ユーズミュージック
アニメーション制作:OLM
製作:製作委員会の中のひと
オープニングテーマ(OP) TrySail:「マイクロレボリューション」
エンディングテーマ(ED) ナナヲアカリ:「ブループリント」
公式サイト https://dungeon-people.com/
公式X https://x.com/dungeon_people
原作 漫画:双見酔 (著)
Wikipedia Wikipediaへ

 

【ダンジョンの中のひと】の原作漫画

Amebaマンガで『ダンジョンの中のひと』が読めます(50%還元有り)。

 

【ダンジョンの中のひと】が視聴できるおすすめ動画配信サービス

アニメ「ダンジョンの中のひと」は、定額見放題配信サービスのdアニメストアHuluで見放題先行配信が毎週金曜26:30~行われています。

配信でアニメを視聴する方は早めに見ることが出来るのでおすすめです。

 

dアニメストアはアニメだけを徹底的に視聴したい方にオススメ。料金も安くて機能が充実しています。

dアニメストアはこちら

 

Huluは少し料金があがりますが、実写映画やドラマなども楽しむことができます。

Huluはこちら

 

※dアニメストアについて
アプリ内(App Store/Google Play)で月額利用料をご購入する場合は、以下が適用となるため、ご注意下さいませ。
・月額利用料:650円(税込)
・無料期間 :加入日から14日間
※ドコモショップ/Webサイトにてご入会頂いた場合は従来と変わらず、月額利用料550円(税込/初回初月無料)でございます。

※本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

 

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧はこちら

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧
2024年夏に放送が開始されたアニメの中から、当サイト(アニメニアン)にてネタバレ感想を掲載している作品の一覧を50音順に並べています。 各作品のネタバレ感想トップページへリンクを貼っていますので、ご利用いただければと思います。