本ページはプロモーションが含まれています。
PR

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん【アニメのあらすじとネタバレ感想】

この記事は約12分で読めます。

アニメ『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』のあらすじとストーリーの流れに沿った感想を1話~最終回にかけて毎週更新しています。

ロシデレの感想本文にはアニメのネタバレが含まれる場合がありますので、ご了承の上お読みください。

 

スポンサーリンク

ロシデレ【第1話】のあらすじとネタバレ感想

ロシデレ【第1話】のあらすじ

「ロシア語でデレるアーリャさん」

アーリャは今日も、先輩からの告白を玉砕し、完璧超人と噂されていた。そんな彼女が普段と違う顔を見せるのは、とある一瞬、隣の席でだらけている政近に対してだけ。授業中に居眠りをしていたり、休み時間に禁止されているスマホを使ってソシャゲをしていたり。そんな政近に日本語では注意しながらも、時々ボソッとロシア語でデレた言葉を呟くのだった。しかし、そのロシア語の意味が実は政近に伝わっていて……!?

TVアニメ「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」公式サイトより引用

ロシデレ【第1話】のネタバレ感想

政近がロシア語を知っていた理由は?ロシアハーフ美少女はロシア語でデレる?!

私立征嶺学園に通う1年生のアリサ・ミハイロヴナ・九条は生徒達から綺麗と噂されていたけど、彼女の説明がバックにびっしりと文字で埋め尽くされていたのは面白いです。

2年生の安藤が愛称アーリャに昼食を一緒にと誘うけど速攻で断られ、連絡先を交換しようと言うと興味が無いとバッサリ切り校則違反とは気持ち良かったです。

 

アーリャが教室へ行くと隣の席の政近が寝ていて椅子を蹴って起こし、他愛もない話をするけどアーリャは政近に厳しい口調で喋るのは仲良しですね。

授業中に政近が寝てしまいアーリャにペンで刺されて叫び声を上げ、先生に答えるように言われるとアーリャが間違えた答えを教えたのは意地悪でした。

 

アーリャはロシア人の父親と日本人の母とのハーフで、時々ロシア語でバレていないと思って呟くけど政近には全て分かっていたのはドキドキしました。

政近は小学生の時に祖父の家の近所に住むロシア人の女の子と遊んでいたのでロシア語を覚えたけど、ロシア語でデレられる羞恥プレイに今更ロシア語が分かると言えないとは笑えました。

 

昼食の時間に政近の友達の丸山がモテたいと叫び、清宮が無視して政近と喋りだしたのは笑えました。

生徒会の高嶺の花である周防が相席を希望し、政近と周防が幼馴染だと分かり、アーリャが政近に女友達がいたと不服そうだけど自分も友達と言われて喜んでいたのはチョロいです。

 

政近は小学生の時に遊んだロシア人の女の子の夢を見たけど名前を忘れてしまったとは残念です。

 

日直で朝早くに学校へ行くとアーリャがやってくれたご褒美だと靴下を履かせてあげるとは女王様みたいだし、政近はロシア語が理解できるから素直に了承したけどこの態度は何か考え込んだのは笑えます。

政近は意気地なしと言われて靴下を履かせると、アーリャが触られて恥ずかしがり政近は足で蹴られて災難でした。

 

政近は妹に自分は足フェチだったかもとメセージを送ったのはアホだし、アーリャに謝ろうとしたら良いもの見せてもらったと口走って怒られたのは笑えました。

アーリャが恥ずかしがって逃げると10分も追いかけっこして、政近がお詫びにお汁粉缶を差し出すと飲むかとロシア語で聞かれ、間接キスのチャンスだったのに分からないフリをして何も分かっていないと言われると悔しそうなのは微笑ましかったです。

40代女性の感想

 

ロシデレ【第2話】のあらすじとネタバレ感想

ロシデレ【第2話】のあらすじ

「幼馴染とは?」

政近の幼馴染みである有希の手伝いで、学園の備品整理をすることになった政近とアーリャ。使用用途の分からない備品に呆れつつ作業を進める中、生徒会長の統也がやってくる。彼は政近の仕事を認め、生徒会へ勧誘してきた。政近はその誘いを断るものの、同時にアーリャが生徒会長選挙への出馬を考えていることを知り……。そしてその夜、とある女の子が政近のマンションにやってきて……!? ドキドキのデートが始まる!

TVアニメ「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」公式サイトより引用

ロシデレ【第2話】のネタバレ感想

政近と有希は幼馴染じゃない?アーリャが有希に負けず嫌いを発揮して地獄を見る?!

政近が幼馴染の有希に呼び出されて戯れ合っているとアーリャが仲良しだと嫉妬して出て来たのは可愛かったです。

備品整理を手伝いながら政近が有希と仲良く喋っているとアーリャがロシア語で「私にもかまって」と言ったのはドキッとしました。

気付かれていないと思って「かまって」と歌いながら何度も言うのは笑えたし、耐える政近が辛そうでした。

 

カリスマ生徒会長の統也が来てお礼にご飯を奢らせて欲しいと言うと、皆でファミレスへ行く事になったのはワクワクしました。

有希が政近を褒めると統也が生徒会に誘うけど、政近は中学生の時にやっていたけどやりたくないとハッキリ断ったのは勿体ないですね。

次期生徒会長に有希が立候補する予定だけどアーリャも目指していたとはビックリで、空気が冷たくなったけど食事が運ばれて来てホッとしました。

 

政近が家に帰るとさっき別れたはずの有希が寛いでいてビックリだし、有希が政近の実の妹で学校では幼馴染設定にしているとは衝撃でした。

有希は寝ている政近の上に乗って無理やり起こし、一緒に出掛けるといつの間にかアーリャが物陰から見ていたのは笑えました。

有希がアーリャに偶然だと声を掛けるとアーリャが挙動不審で、激辛ラーメンを食べようとする2人に負けず嫌いを発揮するけど店名の地獄の釜に驚いたのは可愛かったです。

 

有希が今日は政近と一緒にベッドにいて服を借りたと説明したけど、アーリャに当てつけるようにわざと言ったのは意地悪ですね。

ラーメンを食べたアーリャが箸を落とすほど激辛に苦しんでいるのに有希は分かった上で辛さを追加するよう勧めたのは性格が悪いです。

アーリャも素直じゃなくて挑戦すると地獄を見て、政近がアイスを食べようと言ったのは優しいです。

 

アーリャは生徒会に立候補する時は政近に副会長をやって欲しいとロシア語で呟いたのは切なかったです。

アーリャは全力のファッションショーで政近をドギマギさせると意気込むと、素直に褒められたのが予想外で試着室で四つん這いになって照れて、政近も恥ずかしいと四つん這いになって同じ事をしているのは息ぴったりですね。

タンクトップで挑発するようなポーズで出ると有希がいてロシア語で消えたいとは笑えたし、恥ずかしさで政近と有希が同じ駅で降りた事を後になって気付いたのは可愛かったです。

40代女性の感想

 

ロシデレ【第3話】のあらすじとネタバレ感想

ロシデレ【第3話】のあらすじ

「そして二人は出会った」

数年前、グループで地域の仕事について調査することになったとき、アーリャは本気で課題に取り組んだ。しかし、グループの仲間たちは課題を適当に捉えていたことで、大喧嘩に。それからアーリャは他人に期待せずに生きていくようになる。しかし、昨年の学園祭で起きたとある出来事によって政近から諭され、その日をきっかけに考えを改めることとなるのだった。これは、アーリャが政近にデレるようになった、きっかけのお話。

TVアニメ「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」公式サイトより引用

ロシデレ【第3話】のネタバレ感想

姉のマーシャは自由人で謎?アーリャが政近と出会ったのは子供時代に関係が?!

アーリャが家に帰ると姉のマーシャから抱きついてキスをする熱烈な出迎えを受け、マーシャはアーリャが落ち込んでいるのを見抜いて根掘り葉掘り聞くのはワクワクしました。

アーリャは政近と有希が仲良しでモヤモヤしていたけど姉には友達と言い張り、マーシャはニヤけた顔で不真面目な人は嫌いなのに何で友達になったのか聞いたのは良い質問でした。

 

アーリャは6年前のウラジオストクで学校から近所のお店を調べる課題が出たけど、アーリャは一番になりたくて真剣に調べたのに同じグループのクラスメイトは適当で喧嘩になったのは可哀想でした。

アーリャは他人に期待したのが間違いだったと全部一人でやるようになったとは淋しいし、日本に転校してからも文化祭の衣装を一人で作って手がバンドエイドだらけになったのは可哀想でした。

 

隣の席になった政近は休み時間も授業でも寝ていて不真面目だけど、アーリャが残って作業していると皆にも手伝ってもらえるように合宿を企画したのはデキる男ですね。

アーリャが妥協はしたくないけど皆が自分くらい本気になっていないのは分かっているから努力していると言うと、政近は努力の方向性が間違っていて良い出し物にするなら皆をやる気にさせる事を考えろとは正論ですね。

 

合宿は男子が笑えるくらい盛り上がって、アーリャも女子と楽しそうにしていたのはホッとしたし、お化け屋敷はクラス企画で優秀賞を受賞してビックリです。

夜は校庭で火を囲みながらフォークダンスとはロマンチックだけど、アーリャは政近とお喋りして自分が姫と呼ばれるのは苦労知らずの夢の住人みたい言われて努力を否定されるのは嫌だとは子供の頃のトラウマを引き摺っていますね。

アーリャは政近に八つ当たりをしてごめんなさいと謝りお礼がしたいと言うと、政近が愛称呼びの権利が欲しいと言って男子から誘われて困っているアーリャの手を取って連れ出したのはキュンとしました。

 

政近が生徒会に行くとマーシャが生徒会の書紀をしていたとはビックリだし、マーシャが政近を見てハッとして下の名前を聞いたのはドキッとしました。

マーシャは自由な人で政近が振り回されていたけど、紅茶の店に入ると両親が離婚した時を思い出して暗い気持ちになり、マーシャが抱きしめてくれたけど試飲中の紅茶が当たって熱いと騒いだのは笑えました。

40代女性の感想

 

スポンサーリンク

【ロシデレ】の関連情報

【ロシデレ】の基本情報

シーズン 2024年夏アニメ
放送スケジュール 2024年7月3日 23:30~
最速配信 毎週水曜 23時30分~
複数配信サイトにて同時配信
キャスト・声優 久世政近:天﨑滉平
アリサ・ミハイロヴナ・九条:上坂すみれ
周防有希:丸岡和佳奈
マリヤ・ミハイロヴナ・九条:藤井ゆきよ
君嶋綾乃:会沢紗弥
更科茅咲:河瀬茉希
剣崎統也:石川界人
谷山沙也加:長谷川育美
宮前乃々亜:青山吉能
丸山 毅:酒井広大
清宮光瑠:市川太一
スタッフ 原作:燦々SUN(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)
原作イラスト:ももこ
監督・シリーズ構成:伊藤良太
キャラクターデザイン・総作画監督:室田雄平
プロップデザイン:成瀬 藍、 永田 杏子
総作画監督:室田雄平、 渥美智也、 熊谷勝弘、 菊池愛、 迫由里香、 板倉健、 まじろ 、 勝又聖人 、 おさしみ丸
美術監督:若林里紗
美術設定:石原 由光、 松本 浩樹
色彩設計:伊藤裕香
撮影監督:杉浦誠一
音響効果:櫻井陽子
編集:木村佳史子(MADBOX)
音響監督:高寺たけし
音楽:堤 博明
OPディレクター:猫富ちゃお
EDディレクター:桒野貴文
制作プロデューサー:小林涼
アニメーション制作:動画工房
オープニングテーマ(OP) アーリャ(CV:上坂すみれ):「1番輝く星」
エンディングテーマ(ED) 毎話異なるカバー楽曲を使用(Wikipediaで参照可
公式サイト https://roshidere.com/
公式X https://x.com/roshidere
原作 ライトノベル:燦々SUN(著)
Wikipedia Wikipediaへ

 

【ロシデレの原作】

「ロシデレ」の原作はライトノベルです。

 

コミックスも出版されています。

Amebaマンガで『ロシデレ』が試し読みできます!

会員登録無しですぐ読めます。

※本ページの情報は2024年7月時点のものです。

 

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧はこちら

2024年夏アニメのネタバレ感想一覧
2024年夏に放送が開始されたアニメの中から、当サイト(アニメニアン)にてネタバレ感想を掲載している作品の一覧を50音順に並べています。 各作品のネタバレ感想トップページへリンクを貼っていますので、ご利用いただければと思います。