本ページはプロモーションが含まれています。
PR

Opus.COLORs 第11話のネタバレ感想【響の急所を刺してしまった】

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

アニメ『Opus.COLORs』第11話「青く濁る陽炎/#C44303」のあらすじと感想をネタバレ有りでまとめています。

視聴前後にエピソードの内容を確認したい人、あらすじを知りたい人、見逃した人向けの内容になっています。

Opus.COLORs第11話の感想本文には多少のネタバレが含まれている場合がありますのでご注意ください。

 

▶『Opus.COLORs』第10話の感想はこちら【描いた人の思いが見えるのは両親からのギフト】

 

\感想を第1話から読む方はこちら/

感想を初めから見る

 

スポンサーリンク
※当サイトの内容を引用リンク無しで無断転載するのはお控え願います。Twitter感想キャンペーンなどで無断転載されているのを確認しております。

Opus.COLORs【第11話】のあらすじとネタバレ感想

Opus.COLORs【Op.11】「青く濁る陽炎/#C44303」のあらすじ

思いがけず再浮上した、謎のスクリブルアーティスト=灰島伊織説。
和哉は拓海を伴い、伊織に話を聞きに行く。
伊織の口から語られる2年前の出来事。まだ青く、苛立ちを自制できなかったあの頃、伊織は激しく憤り、静かにそれを爆発させたのだった。

一方、10年前の事故についてある不可解な点が浮かび上がる。純と道臣は響に話を聞こうとするが、響の姿はなく……。

TVアニメ「Opus.COLORs」公式サイトより引用

Opus.COLORs【第11話】のネタバレ感想

ついに謎のスクリブルの犯人が明らかに!伊織から響の思いを聞いた和哉は?!

和哉は大樹から両親が車から脱出していた事を聞かされると、父親に声を掛けられた事を思い出したのはドキドキしました。

 

和哉は拓海と一緒に灰島伊織に会いに行き、謎のスクリブルに似た絵を見せると自分の作品だと認めたのは素直でしたね。

伊織は1年生だった頃に響と組むことになり、静かだけど何処に地雷があるか分からなくて合わないと思ったとは意外でした。

作品は評価されたけど2人の価値観は合わなくて、響は攻撃的すぎると批判されて危険だと言うけど、伊織は覚悟を持って描いているから見ている方が何を感じても自由だとは格好良かったです。

 

響は和哉の両親の事を気に病んでいたようだけど、伊織はド正論でアーティストとしての誇りを語ったけど、響の急所を刺してしまったと後悔していたのは切なかったです。

伊織が謎のスクリブルを見てくれて描いた犯人は響だと告げ、似た作品も響が描いたものだとは驚いたけど、響が苛立ちをぶつけていたとは可哀想でした。

響は和哉の両親にパーセプションアートを教わって楽しそうだったのに、2人が亡くなったのが悔しくてお葬式の時に父親にアーティストを守れるグレーダーになると宣言していたのは切なかったです。

 

響は和哉と純を避けるようになって一人で抱え込んでいたのはもどかしかったし、和哉が謎のスクリブルに触れて響が想像異常に苦しみを背負っていたのは胸が痛くなりました。

響が寮からいなくなってしまったのは心配だけど、響の苦しみを知ったので救えるのは和哉だけだから皆が幸せになれるように解決して欲しいです。

 

響はバス停に座り込んで和哉の両親を思い、幼い頃に和哉と一緒だった頃だけが居場所だったけど、もう消えるとは何をしようとしているのか心配です。

40代女性の感想

 

Opus.COLORs【第11話】の口コミ・評判は?

 

▶『Opus.COLORs』第12話(最終話)の感想はこちら【和哉から両親を奪った罪は消えない】

 

スポンサーリンク

【Opus.COLORs】の関連情報

【Opus.COLORs】の感想一覧

\感想一覧ページはこちらから/

感想一覧はこちら

 

【Opus.COLORs】が視聴できるおすすめ動画配信サービス

アニメ「Opus.COLORs」は動画配信サービスのDMM TVで1話から最新話まで視聴できるのに加え、地上波放送と同時刻に独占配信がされています。

最新話は期間限定で会員登録なし&無料で視聴することもできます。

DMM TVではアニメの他にも国内ドラマ・海外ドラマ・バラエティ・映画・ライブ配信に加えて、DMM TVのオリジナル作品も多数あるので安い料金で色々観たい方にオススメです。

 

動画配信サービス(VOD)にはメリットがたくさん!

メリット 録画派 非録画派 TV未所持
いつでも好きなときにサクッと視聴できる
深夜に起きている必要がない
録画の手間がかからない
予約失敗のリスクがない
連続視聴でイッキ見できる満足感
視聴速度を自由に変えられる柔軟さ
未放送のOVAや劇場版作品が視聴できる
過去の名作アニメを漁れる喜び
テレビやワンセグがなくても視聴できる
無料体験できるので得はあっても損がない

 

時間に縛られない、のびのび自由で満足できるアニメライフが待っています(^^)

 

▶【DMM TV】を30日間無料トライアルで楽しむならこちら

\3分で簡単登録♪/

※本ページの情報は2023年6月時点のものです。最新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。