本ページはプロモーションが含まれています。
PR

となりの妖怪さん【アニメネタバレ感想】

この記事は約17分で読めます。

アニメ『となりの妖怪さん』のあらすじとストーリーの流れに沿った感想を1話~最終回にかけて毎週更新しています。

となりの妖怪さんの感想本文にはアニメのネタバレが含まれる場合がありますので、ご了承の上お読みください。

 

  1. となりの妖怪さん【第1話】のあらすじとネタバレ感想
    1. となりの妖怪さん【第1話】のあらすじ
    2. となりの妖怪さん【第1話】のネタバレ感想
      1. 人間と妖怪が暮らす町?猫又になったぶちおと父親が行方不明の睦実には悩みがあって?!
  2. となりの妖怪さん【第2話】のあらすじとネタバレ感想
    1. となりの妖怪さん【第2話】のあらすじ
    2. となりの妖怪さん【第2話】のネタバレ感想
      1. 睦実が白蛇に狙われた?ぶちおはバーベキュー大会で色々な人に出会ったけど百合とは仲良くなれそう?!
  3. となりの妖怪さん【第3話】のあらすじとネタバレ感想
    1. となりの妖怪さん【第3話】のあらすじ
    2. となりの妖怪さん【第3話】のネタバレ感想
      1. ぶちおが完璧な変化で拓海を守る!白い蛇がジローに襲い掛かると睦実の守りたい気持ちに皆が応える?!
  4. となりの妖怪さん【第4話】のあらすじとネタバレ感想
    1. となりの妖怪さん【第4話】のあらすじ
    2. となりの妖怪さん【第4話】のネタバレ感想
      1. ぶちおが魔王に会う為に東京へ!自動車学校で友達が出来て龍神様とも初対面?!
  5. となりの妖怪さん【第5話】のあらすじとネタバレ感想
    1. となりの妖怪さん【第5話】のあらすじ
    2. となりの妖怪さん【第5話】のネタバレ感想
      1. 百合のブローチが縁を繋ぐ?百合はぶちおに八つ当たりすると平行世界へ飛ばされる?!
  6. となりの妖怪さん【第6話】のあらすじとネタバレ感想
    1. となりの妖怪さん【第6話】のあらすじ
    2. となりの妖怪さん【第6話】のネタバレ感想
      1. 百合が弟と再会して里帰りを決意?妖怪と人間の時間の流れが違う事を実感する?!
  7. となりの妖怪さん【第7話】のあらすじとネタバレ感想
    1. となりの妖怪さん【第7話】のあらすじ
    2. となりの妖怪さん【第7話】のネタバレ感想
      1. 睦実はジローが気になる?ワーゲンが和彦と奈美子と出会って生きる時間について考える?!
  8. 【となりの妖怪さん】の関連情報
    1. 【となりの妖怪さん】の原作
スポンサーリンク

となりの妖怪さん【第1話】のあらすじとネタバレ感想

となりの妖怪さん【第1話】のあらすじ

20歳になり猫又として新生したぶちおは、たくみたち家族に嬉しく受け入れられる。行方不明の父のことが気にかかるむつみを、カラス天狗のジローは優しく見守る。妖怪と人と神様が暮らす、ふしぎで優しい日常。

TVアニメ『となりの妖怪さん』公式サイトより引用

となりの妖怪さん【第1話】のネタバレ感想

人間と妖怪が暮らす町?猫又になったぶちおと父親が行方不明の睦実には悩みがあって?!

拓海は家の猫の尻尾が2本になって猫又になったと友達の睦実と龍に話すと、皆が家に来て猫又になったぶちおが喋ったのはビックリでした。

ぶちおは正座をして自分はシャイだと顔を赤くしたのは可愛かったけど、目立ちたくなくて悩んでいて名前のぶちおも気に入ってなかったのは笑えました。

お母さんはぶちおが猫又になった事でずっと一緒にいられると喜び、兄がネットにアップしようとしたのを必死に止めたのは和みました。

 

睦実が帰りにカラス天狗の次郎に会ってアイスを貰い、飛んで帰らないのかと聞くと人間で言うと走って帰る感じだから疲れるとは大変ですね。

次郎は神通力を使って睦実の汗を引いてあげて、その前も使っていたとは良い天狗ですね。

 

ここはとある山合いの風がよく吹く縁ヶ森町で人と妖怪が仲良く一緒に住んでいるのは不思議だけど心が温かくなりました。

ぶちおは妖怪申請届けを見て目を回していたけど自分の事は自分でやってみたいとは偉いし、拓海と兄の勧めで次郎と縁火山太善坊に妖怪の事を教えてもらいに手土産を持って訪ねたのは礼儀正しいです。

ぶちおは猫又になって不安だったけど次郎も太善坊もアドバイスをくれて優しい人達でした。

 

睦実が巨大な透明人間を見ていたらぼっちと言い雨を連れて来たとは神秘的で、次郎の家に回覧板を持って行くと稲荷寿司を作っていて好きじゃないと言うけど一緒に作る事にしたのは微笑ましかったです。

お祭りで睦実は巫女をやるけど踊りの練習は大変だと言い、次郎が神様はちゃんと見てるし聞いていると言うので本当にいるような気がしました。

次郎はぶちおに変化の先生として化け狐の百合を紹介すると、ぶちおが目をキラキラさせたのは可愛かったです。

 

お盆は睦実が作ったきゅうりの馬が死んだお爺ちゃんを連れて来てビックリだし、行方不明の父親が一緒に帰って来るかもと期待したのは切なかったです。

ぶちおは百合を怖いと思っていたけど拓海に応援されて手だけ人間に変化できるようになって喜んだのは和みました。

 

睦実は母親が電話で警察と話しているのを聞いて家を飛び出し、父親が何かに巻き込まれて消えたようで、睦実には黒い影が見えていて不安だし、次郎は睦実を父親の代わりとして支えると言うと白いヘビが見ていたのは怖かったです。

40代女性の感想

 

となりの妖怪さん【第2話】のあらすじとネタバレ感想

となりの妖怪さん【第2話】のあらすじ

猫又としての生き方に悩むぶちおは、ジローの紹介で化け狐の百合から化け学を教わることになる。運動会間近の縁ヶ森小学校では、河童の虹が同級のりょうに淡い恋心を抱き、ある人物に恋愛相談をすることに…。

TVアニメ『となりの妖怪さん』公式サイトより引用

となりの妖怪さん【第2話】のネタバレ感想

睦実が白蛇に狙われた?ぶちおはバーベキュー大会で色々な人に出会ったけど百合とは仲良くなれそう?!

睦実がまだ小さかった頃に突然いなくなったお父さんは、時々警察から見つからないと言う連絡が来るだけとは可哀想でした。

面白くて優しかったお父さんの記憶があるのに睦実は声と顔が思い出せなくて思い出も消えるのかと不安なのは胸が締め付けられました。

 

百合の家でバーベキュー大会が始まり、ぶちおは多くの妖怪達と知り合ってジローに悩みを打ち明けると、ベトベトサンに自分の中にある本質を見つけられていないと指摘されたのはドキッとしました。

ぶちおは自分の中には家族への感謝があると言い、ジローが伝えてみたらとアドバイスすると、ぶちおが走って家族に伝えたのは心が温かくなりました。

 

河童の虹が隣の席のりょうに消しゴムを拾ってもらうと照れて頭のお皿がカラカラになり倒れてしまったのは可愛かったです。

保健室から教室に戻るとりょうからのメモが置いてあったのは親切で、虹はお礼が言えなくて友達とトイレの花子さんに相談に行くと可愛い女子部屋だったのはビックリでした。

花子さんは虹に告白する気があるか確かめて、虹が決意すると運動会で渡すバトンに愛を込めるとはドキドキしました。

虹は練習でバトンを渡す前に転んでしまったのは残念だけど、擦りむいた足を洗っているとりょうが来たのでありがとうと言えて少し距離が近くなったのは微笑ましかったです。

 

睦実はジローが早千代と仕事をしているのを見かけて後を付いて行くと、白蛇に見つめられて大きな木のしめ縄を取ろうとしたのは怖かったです。

ジローの声に助けられてホッとしたけど、早千代から自分が守られている事をしっかり理解しろとは何だったのか気になります。

ぶちおが百合に家族の事を聞くと怒らせてしまい、友人の田中が百合を宥めると百合は家族を許せない何かがあったようだけど、ぶちおに謝って仲直りしたのは安心しました。

 

運動会当日になって睦実は借り物競走でジローと一緒に走り1位になったのは凄いし、虹はりょうにバトンを渡せて1位になったのは眩しかったです。

 

睦実が森を見ていると車で通り掛かったベトベトサンに黒い影が見えると言うと、ベトベトサンも前は黒い影で寂しがり屋で怖いだけの存在じゃないし、誰でも何処か寂しかったりするものと言われ睦実は父親を思い出し、ひぐらしの鳴き声とでいたらぼっちが見えたのは哀愁を感じました。

40代女性の感想

 

となりの妖怪さん【第3話】のあらすじとネタバレ感想

となりの妖怪さん【第3話】のあらすじ

鳴き声を聞くと不吉なことが起こると言われる鵺に遭遇するぶちおとたくみ。むつみは祖母から、昔ジローが村の人々を守るために命懸けで大蛇を退治した話を聞く。その時の大蛇の怨霊が現れ、過去の恨みを晴らそうとジローに迫る...。

TVアニメ『となりの妖怪さん』公式サイトより引用

となりの妖怪さん【第3話】のネタバレ感想

ぶちおが完璧な変化で拓海を守る!白い蛇がジローに襲い掛かると睦実の守りたい気持ちに皆が応える?!

母親とはぐれてトンビに突かれていたぶちおを助けたのは拓海の母親で、ある日ハッキリと意思が芽生えて猫又になり、家族に受け入れられて猫又として生きていく意味を探しているとは可愛かったです。

 

ぶちおが拓海と一緒に歩きながら鵺に注意のチラシを持っていて、鵺の鳴き声を聞くと不吉な事が起こるとか弓矢を怖がるとか話していると目の前に鵺が現れたのはビックリでした。

尻餅をついてしまった拓海を守ろうと、ぶちおが枝を拾って武将の姿になり弓を構えて鵺を追い払い、拓海が無事で良かったと泣いて怖かったと抱き合うのは泣けました。

 

ぶちおが拓海に変化できるようになると拓海は母親が気付くか試し、ぶちおがプレッシャーに負けて目の色が変わり母親に拓海の命の恩人と言われて感極まりバレてしまったのは微笑ましかったです。

 

睦実はジローがお務めの時に怖い顔をするのが嫌だと悩んでいて、お婆ちゃんから百年前に大きな戦争で太善坊や多くの天狗が出払っている時に、大蛇が大嵐を起こしてジローが命を掛けて退治したから支えてあげなきゃいかんと睦実に言い聞かせたのは胸が熱くなりました。

 

大杉に大蛇が絡みつきしめ縄が切れそうになっていて、ジローが触ろうとすると大蛇が現れ呪い殺すと言うけどジローは受け入れるとは衝撃でした。

睦実がジローを守ると会いに行くと、ジローが苦しみだして倒れ、太善坊が駆け付けて運ぼうとすると消えたのはショックでした。

早千代が大杉は天狗の母体で朽ちると死んでしまうと説明してくれて、田中が来て皆に連絡してくれたけど睦実は自分のせいだし守りたいと大杉に向かったのはハラハラしました。

 

ぶちおがジローに変身して大蛇を大杉から離し、太善坊と早千代が攻撃している間に睦実が田中に抱き上げてもらいしめ縄を補強するとジローが戻って来たのはホッとしました。

大蛇は村の男と恋仲になり子供を授かったけど女に妬まれて毒を盛られ、小さな蛇になって戻ると男は女と家族になっていて悲しくて嵐を起こしたのは可哀想だったし、ジローが生まれ変わったら受け入れると言った事に感謝して消えたのは切なかったです。

 

睦実がジローに抱きついて無茶しないと約束してと言ったのは号泣だし、お祭りの日に睦実はジローを守りたいと思ってから最強になったと舞を踊るのは凛々しかったです。

40代女性の感想

 

となりの妖怪さん【第4話】のあらすじとネタバレ感想

となりの妖怪さん【第4話】のあらすじ

有名人で魔王の山本から「会いたい」と連絡を受け、山本と話すことで自分の生き方を見つけたぶちお。新生活のために通い始めた自動車学校で、車のつくも神・ワーゲンと知り合いになる。一方、小学校では空の裂け目から雷獣が落ちてきて、大騒動が起こる。

TVアニメ『となりの妖怪さん』公式サイトより引用

となりの妖怪さん【第4話】のネタバレ感想

ぶちおが魔王に会う為に東京へ!自動車学校で友達が出来て龍神様とも初対面?!

太善坊がナベさんと一つ目のおじさんと釣りを楽しんでいると強い風が吹いて、川の中に巨大なナマズが見えたけど龍神様の分霊で川を守っているとは神秘的でした。

 

ぶちおが1人でスマホ片手に東京へ行ったのはビックリだし、テレビに出演する有名人にして政治家で妖怪の総大将の山本に呼ばれたとはドキドキですね。

ぶちおがビルの中へ入ると同じ猫又の坂木に案内されて山本の部屋に行くと、ドアから禍々しい手が現れて気絶したのは可哀想でした。

山本に美味しいご飯をご馳走になってホッとしたし、山本は魔王だと自己紹介すると額に目が現れてぶちおの話を聞いていたのは怖かったです。

山本はぶちおが見つけた事を家族に話すようアドバイスし、一緒に働かないかと誘ったのはビックリでした。

 

睦実はジローが家で昼寝をしていたのを倒れたのかと心配し、ジローの横に寝っ転がって早く大人になりたいとはキュンとしたし、ジローが起きると蹴ってしまうけどジローのせいじゃないと帰ったのは難しい年頃ですね。

ぶちおは家族に子猫の時に助けてもらったから家族を助けられる姿になったと言い、これからは共に助け合って生きていきたいとは泣けました。

 

ぶちおがコインランドリーへ行くと百合の店でビックリだし、バイトを探していると弁丸が来て自分の意思で決めて良いと言われたけど田舎では免許が先とは納得です。

ぶちおは自動車学校に通い、車の付喪神であるワーゲンがパートナーの生が尽きるまで一緒にいるとは心が温かくなったし、ぶちおも同じ気持ちだと友達になって和みました。

 

ぶちおは太善坊の家に来てジローが竜神を誘導すると女性アイドルの姿で降りて来て、魔王に魅入られないよう気を付けろとはちょっと怖かったです。

ぶちおは坂木に電話して魔王の事を聞くと、坂木が魔王に救われた話をしてくれて安心できたのは良かったです。

 

拓海が学校へ行くと空に裂け目がある事に気づき、校庭に雷獣が落ちて校内を飛び回り先生達が捕まえて、ジローが元の場所へと帰してあげたのはハラハラしました。

ある組織が空間の歪みを観測したけど場所が縁ヶ森とは何か危険な事が起こりそうで不安になりました。

40代女性の感想

 

となりの妖怪さん【第5話】のあらすじとネタバレ感想

となりの妖怪さん【第5話】のあらすじ

家族と仲よく暮らすぶちおを見るうちに、過去の家族との諍いの日々を思い出して、ぶちおにきつく当たってしまう百合。その頃、近隣で空間の歪みにより平行世界とつながる事象が起きていた。百合もまた空間の歪みに巻き込まれてしまい…。

TVアニメ『となりの妖怪さん』公式サイトより引用

となりの妖怪さん【第5話】のネタバレ感想

百合のブローチが縁を繋ぐ?百合はぶちおに八つ当たりすると平行世界へ飛ばされる?!

ぶちおは百合の納品の付き合いでフリーマッケトに来て、自動車学校で知り合ったワーゲンと会うとパートナーの西谷が降りて来たのはビックリでした。

西谷の亡くなった奥さんが百合の作ったブローチを買っていて、花の季節をそのまま閉じ込めたようで美しいと言ってくれていたのは嬉しいですね。

百合は作った物が使われているのは変な感じだと言い、花の一番綺麗な時を切り取って自分の作品にしているのはエゴだと言ったのはこじれていますね。

 

百合は太善坊と話がしたいと弓道場へ来て、伝統を重んじて意見すると蔑ろにする家が嫌いで出て来たと気持ちをぶつけると、太善坊は家族を忘れたくないなら話せとは大人です。

子供の頃は伝統を守る家に生まれたのが誇らしかったけど、分家の子が人間とのハーフでそんな事を言うのは本家だけと言われ、父親に話をしたら無視され春の終わりを告げる花を自分の為に閉じ込めるようになったとは可哀想でした。

百合はぶちおが家族と幸せそうにしていると腹が立つと狐になってお前のせいだと怒鳴ってしまい、自分でも反省しているのが分かったけどやりきれないですね。

 

ぶちおが家で落ち込んでいると拓海がお菓子を食べようと慰めてくれて優しいけど、空間の歪みの調査が入るのは怖いですね。

線路の工事をしている作業員が来るはずのない電車に遭遇し、降りて来た人に声を掛けると妖怪達を見て逃げ出し、無人駅の名前がきらさぎ駅だったのはテンション上がりました。

 

百合が部屋で落ち込んでいると玄関から誰か入って来て、田中とぶちおが様子を見に行くと別人のようでぶちおの事を知らなかったのはビックリです。

ジローの家に時空間研究所のアサヒナが来ていたけど田中は百合を連れて行き、百合は天狗を見て驚くとジローは百合が人間だと言ったのは衝撃でした。

本当の百合は田中に狐だと驚かれ、ジローを頼るけど家は無く、睦実が父親と一緒にいて初めて顔を見ました。

 

アサヒナは百合が平行世界の自分とタイミングが合って押し出されるように入れ替わったと説明し、研究員が平行世界の特定をしたのは凄いです。

ぶちおが仲直りしていないと泣いていたけど、百合もぶちおに八つ当たりしたままだと反省していて、戻って来ると自分に素直になる準備が出来たとは泣けました。

40代女性の感想

 

となりの妖怪さん【第6話】のあらすじとネタバレ感想

となりの妖怪さん【第6話】のあらすじ

平行世界で自分を見つめ直した百合は、突然訪ねてきた弟の椿と共に、数年ぶりに実家に帰ることに。かつて伝統と誇りの重圧に耐えきれずに飛び出した実家で、過去に囚われたままの心を開放することはできるのだろうか…。

TVアニメ『となりの妖怪さん』公式サイトより引用

となりの妖怪さん【第6話】のネタバレ感想

百合が弟と再会して里帰りを決意?妖怪と人間の時間の流れが違う事を実感する?!

百合はぶちおを傷つけたと謝り、ぶちおも身勝手な事を言ったと謝って、田中も踏み込み過ぎたと謝ると、3人で笑い合って仲直りしたのはホッとしました。

時空間研究所の追調査があって色々聞かれて大変だったけど、ぶちおも拓海から質問攻めにあったのはほのぼのしました。

 

百合の弟の椿が訪ねて来て母親が病気で倒れたから帰って来て欲しいとお願いすると、百合は過去に囚われたままで変化を怖がる自分を認めたくなかったと素直に話し、故郷に帰って自分の中の過去と向き合うとは前向きになって良かったです。

椿が家を出る時に椿が泣いて出て行っちゃ嫌だと追い掛けたのは泣けたけど、椿は福島の学校で寮生活をして伝統について学んでいるとは大人になりましたね。

 

百合が実家に帰ると父親に座るように言われたけど話す事は無いとは残念だし、百合は自分達に伝えたかった誇りの在り方は正しいのか聞くと、父親は正しいと思うけど子供達が決めた事には何も言わないとは淋しいですね。

百合は席を立って自分と同じ頑固者だと言い、母親とは喫茶店で椿と一緒に話をして分家の子に子供が生まれて百合に会いたいと思ってくれるのは嬉しいですね。

 

百合が実家から持ち帰った料理で皆を呼んで宴会になると、田中が椿と連絡先を交換していたのはコミュ力高いし、百合は実家の遠野も今いる縁ヶ森も自分にとって必要と分かったのは心が温かくなりました。

ぶちおが免許証を取得して皆が車はどうするのかと盛り上がったのは運転する時が楽しみです。

 

睦実がジローに大杉の結界が睦実の応急処置のままだと怒るけど、早千代は立派に守っているから安心しなさいとは優しいです。

ジローは睦実が結んでくれたリボンを解くのが嫌で枝に結び直すと言うと睦実がやりたいと言い、早千代が睦実の守りたいと言う気持ちに応えられるのは今だけとは切なくなりました。

 

太善坊の釣り仲間である渡辺が施設にいる母親を引き取る事にしたので釣りに来れなくなるとは淋しいけど、命の長さは様々だけど心を優先して考えたのは素敵でした。

 

りょう達が理科室のたぬきの剥製の怪談が本当か人体模型のゆうすけ君に確かめに行くと、噂と言霊が集まると現実になるから気をつけるようにとは良い人でした。

帰りにりょうと中川さんが坊主の男の子がいないと気付くと、他の子達は俺達しかいなかったとは恐いです。

40代女性の感想

 

となりの妖怪さん【第7話】のあらすじとネタバレ感想

となりの妖怪さん【第7話】のあらすじ

ぶちおは人間である家族との生きる時間の違い、そして別れが来ることに不安を感じていた。飲み会の仲間の平や弁丸たちは、人と妖怪の間にはよくある悩みだと言う。ワーゲン君とパートナーである和彦も同じ不安を抱えている。そんな中、ワーゲン君が和彦と奈美子との日々を思い出す。

TVアニメ『となりの妖怪さん』公式サイトより引用

となりの妖怪さん【第7話】のネタバレ感想

睦実はジローが気になる?ワーゲンが和彦と奈美子と出会って生きる時間について考える?!

ぶちおはワーゲンに乗って海までドライブに行くと、海坊主が見えて凄いと感動しているのは可愛かったです。

道の駅でたこ焼きやドーナツを食べているのは美味しそうで、ワーゲンに友達になったから敬語は止めようと言われたけど、ぶちおは家族にも敬語だからワーゲンだけタメ口とはほのぼのしました。

 

ぶちおは砂浜も初めてで小さな妖怪がいたのは不思議だし、足湯も初体験だけどワーゲンの持ち主で和彦と奥さんの奈美子がよく来ていた場所だとは切なかったです。

和彦は奈美子が死んでから今を生きていないみたいで、自分が死んだ後のワーゲンの事ばかり心配して、人間と妖怪の生きる時間が違うと言うとぶちおも悩んでしまったのは可哀想でした。

 

ぶちおは百合達と居酒屋で待ち合わせしてビールを飲むとはビックリだけど、皆でぶちおが元気ないから話を聞こうと集まってくれたのは優しいし、生きる時間について悩んでいると真剣に考えてくれるのは良い仲間です。

百合が長命種じゃないのは意外だったけど、ベトベトサンはぶちおがどうしたいかによって決まる問題だと言い、田中は誰もがいつ死ぬか分からないから深く考えなくてもいいとは楽観的ですね。

 

和彦と奈美子は幼馴染で久しぶりに会った時に意気投合してワーゲンと出会い3人でドライブしたのはキラキラしていたけど、奈美子が60歳になって機能不全で治療法が無くありのままに生きて死にたいと和彦に死ぬまで一緒にいて欲しいとは泣けました。

ワーゲンは奈美子の最後には立ち会えなかったけど、和彦の悲しみを分け合っていければと思っているとは優しいです。

 

ジローが睦実に昔の事を覚えているか聞かれると思い出して切なくなってしまい、ベトベトサンから飲みに誘われてぶちおの悩みを聞くと今は恐いだろうと共感したのは可哀想でした。

ベトベトサンはジローが寂しさの深みに沈んでしまいそうだから未来の事を話したいとは気遣いの人ですね。

 

睦実が早千代に会うとジローの好きな人を聞き、ジローを見ると悲しくなると言うと早千代が抱きしめてくれたのは心が温かくなりました。

睦実は家で曾祖母さんの写真を見せてもらい、ジローがモデルを頼んで撮ったもので、ジローは月夜を見ながらごめんねと呟いたのは意味深で気になります。

40代女性の感想

 

スポンサーリンク

【となりの妖怪さん】の関連情報

【となりの妖怪さん】の原作

「となりの妖怪さん」の原作は漫画です。

 

Amebaマンガで『となりの妖怪さん』が試し読みできます!

会員登録無しですぐ読めます。

 

ABC Animation Channelより引用

 

他のアニメの感想も是非ご覧になってみてください^^

2024年春アニメのネタバレ感想一覧
2024年春に放送が開始されたアニメの中から、当サイト(アニメニアン)にてネタバレ感想を掲載している作品の一覧を50音順に並べています。 各作品のネタバレ感想トップページへリンクを貼っていますので、ご利用いただければと思います。