ベルサイユのばら劇場版アニメ制作決定!なぜ今になってベルばら新作映画が作られるのか?

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

懐かしの『ベルサイユのばら』が劇場版アニメとして完全新作で作られることになりました。

今になって新作映画が作られることになった理由はいくつかあると思います。

考えられる理由のひとつは、ベルばら50周年記念イベントの一環として。新作映画の発表は目玉コンテンツという位置づけなのかなと思います。

次に50周年記念イベントで開催されるベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー』が好評であること。この勢いに乗っかれ~という感じでしょうか。

そして邪推になりますが、東京国際アニメフェア2007でパイロット版が上映されたにもかかわらず以降の進展が見られなかったので、やるやる詐欺にしないためにこのタイミングで制作に踏み切ったというところでしょうか。

さすがにこの50周年のタイミングを逃せば以降の制作が難しくなると思いますので。

 

スポンサーリンク

ベルサイユのばら劇場版アニメについて

劇場アニメ「ベルサイユのばら」公式チャンネルより引用 

 

ベルサイユのばらの完全新作劇場アニメの制作は2022年9月7日に発表されました。

発表に合わせて公式サイトにティザービジュアルが公開され、特報映像も見られる状態に。

原作者の池田理代子さんからのお祝いイラストも描き下ろしで届いています。

公式サイトの最下部にはバナーがあり、「ベルサイユのばら展」「原作1~9話試し読み無料」「池田理代子オフィシャルサイト」へリンクされています。

ティザービジュアルには「激しく、美しく、生きたーー」とのキャッチコピーがあり、ベルばらの全てがギュッと詰め込まれているのがわかるフレーズになっていますね!

劇場で見られる日が待ち遠しいです。

 

映画製作の発表があったばかりなのでまだ公式サイトの情報も少ないですが、公式ツイッターと公式ユーチューブへのリンクもありますので、こちらをフォローしておけば続報も入手しやすいかと思います。

▶ベルサイユのばら公式サイトはこちら

 

ベルばら50周年記念イベント「ベルサイユのばら展」について

ベルばら50周年記念イベントとして「ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー」が開催されています。

▶展覧会公式サイトはこちら

 

チケットは事前予約制(日時指定券)となっていて、東京シティビューのオンラインチケット及びローソン店頭で販売されています。

お得な早割前売券や数量限定グッズ付きチケットもあるので観覧希望の方は要チェックです。

グッズ付きチケットは通常料金よりもお高くなりますが、ここでしか手に入らないオリジナルハンカチやクリアファイルなどが手に入りますので、せっかく行くならぜひゲットしておきたいところですね!

 

会場では『ベルサイユのばら』連載当時の原画やカラーイラストなどの貴重な資料が閲覧できるほか、宝塚歌劇とTVアニメの原作との違いなどに触れる展示も見られるようです。

「ベルサイユのばら展」は東京と大阪で開催予定で、会期は東京会場が2022年9月17日(土)~11月20日(日)、大阪会場が2022年11月30日(水)~12月12日(月)となっています。

 

また、50周年記念関連のグッズも発売されています。

ベルサイユのばらが見られる動画配信サービスもあります

「ベルサイユのばら」新作映画の情報が出てきたところで過去のTVアニメももう一度見たくなってきました!

そこで「ベルサイユのばら」が見られる動画配信サービスを探してみました。

いくつかの動画配信サービスで見られるようですが、おすすめはU-NEXTです。

 

U-NEXTがおすすめの理由ですが、TVアニメ版全40話が見られるほか、コミックスが1冊無料で読めますし、登録時にもらえるポイントを使えばそれをコミックス購入にあてることもできます。

宝塚歌劇団の過去コンテンツやライブ配信なども見られて嬉しいです!

 

そして今ならなんと!初めての登録なら31日間無料で見放題できます!

無料期間中の解約もできますので、安心して登録できます。

さらにあまり知られていない情報ですが、U-NEXTには「その他♡」という大人向けコンテンツが密かにあり、こちらも無料トライアル期間中に楽しむことができますよ。

 

▶U-NEXTの登録はこちらから 

 

まとめ

ベルサイユのばら劇場版新作アニメは50周年記念の一環として制作が決定しました。

50周年記念イベントとして他に「ベルサイユのばら展」の開催やコンプリートDVDブック、50周年記念 アニバーサリーブックの発売などの盛り上がりを見せています。

続報が非常に気になりますが、過去作品を見直しながら劇場で観られる日を首を長くして待ちましょう!